革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.08.10

目の覚めるようなロイヤルブルーのトートバッグ 303N

長いお付き合いくださっている

クライアントから、

鮮やかなロイヤルブルーのトートバッグを

ご注文いただきました。

 

長いこと存じ上げているクライアントが、

年齢を増すごとに

素敵になっていくお姿を拝見できることは、

この仕事の楽しみのひとつです。

 

 

 

 

 

 

こちらのクライアントも

気に入った使いやすい製品を

長く大切にしてくださる方で、

当店製品を

ご夫妻で使ってくださっておりますことに

感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

 

この方のご希望内容はつねに明確で、

今回は

中に入るものもほとんど決まっていて

それをどう収めるか、がポイントです。

ブレないクライアントですから、

ご相談はスムーズに進みましたが、

 

今回いつもと少し違ったのは、

お色選びでした。

 

当店のオリジナル定番革の色揃えは、

その特長を出すために

どうしても地味目になってしまいます。

いくつもお持ちいただきますと、

気持ちとして、今度はきれいな色にしたい、

というご希望が出てくるのは

無理もありません。

 

 

 

 

 

 

それ以外に、

年齢的に40前後から上になりますと、

今まで使い慣れてきたベーシック色から

きれいな色を身に着けたい、という

華やかさを求める気持ちを

表に出すことができるようになります。

 

これは

男女関係なく湧き上がる気持ちの変化で、

キャリアの長いデザイナーは、自身の経験や

たくさんのクライアントを見てきたことから

全般的な傾向としてとらえています。

 

若いうちは、

あまりきれいな色を着けたりしますと

仕事上うまくいかないこともありそうで、

無難な色を選ぶという方は少なくありません。

 

 

 

 

 

 

しかし、キャリアのある年齢になりますと、

立場も変わって気持ちにゆとりも出て、

自然と自由度も高くなっていきます。

 

確信ある自信を得るための

努力をしてきた方は

年齢が上がるほど魅力的になります。

公開されたばかりの

ミッションインポッシブルを観て、

トムの顔がいつから変わってきただろうか

と、1996年の第一作目から

再度観始めたデザイナーは、

改めて人の顔について確認しています。

 

「40歳になったら、

人は自分の顔に責任を持たなければならない」

とリンカーンは言いましたが、

人の顔は、

確かにその人の人生を表していると感じます。

 

すばらしいクライアントのみなさまに

店頭で再度お目にかかれることは、

この上ない楽しみです。

長いお付き合いのみなさま、

ありがとうございます。

 

このバッグが、いろいろな面から

こちらのご注文者をサポートできるよう、

心から願っております。

 

 

関連記事

  • 8年ほどお使いいただいた二つ折り財布

    8年ほどお使いいただいた二つ折り財布

  • 定番名刺入れの「ちょい足し」オーダー

  • 札バサミ

同様のアイテムを見る: