革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.12.20

革製品の製作に欠かせない、「革漉き」という工程 

革業界の中には、

特殊な技術が必要な独立した職種が

いくつかあります。

「革漉き」は中でも重要なひとつ。

 

最終的に革製品を作るうえで

「もしこの工程がなくなれば、

製作がかなり困難になってしまう」

という業種にもかかわらず、

存続が心配な業種です。

 

*文章中の革漉きでは、大きな機械の
丸ごと1枚漉きについて書いていますが、
お写真と説明文は、小さな機械を使った
部分漉きの説明です。

 

 

 

*部分革漉き用の、個人が持っている機械。
右側の銀色部分が円形の歯になっていて
それが回ることで、革を削いでいきます。

 

 

革は、もともと原皮→革になるよう鞣して

整え、そこから染色することで

加工可能な素材となります。

その後 革の厚みの調整をしながら、

靴やバッグ、財布やジャケットなどが

作られるのですが、

 

できたばかりの革の厚みは

3~5ミリ、

あるいはそれ以上あることもあります。

またそれとは反対に、

革として出来上がった時に

0.3ミリくらいのうすうすの革もあります。

 

 

 

*黄色のテープを貼った部分が
革の厚みを調整する「押さえ」です。
押さえの右側にある刃が見えますか?
刃は抑えの下全体を回っていて、
この写真で説明すると、革は
手前から奥に送り出して、漉きます。

 

 

 

ご自分がお持ちになっている革製品を

革だけの厚み、

という目でご覧になってみてください。

 

どんな革製品にも

芯材やクッション、裏地などがありますから、

革自体の厚みはさほどないことに

お気づきいただけると思います。

 

元々の厚み、3~5ミリから

そこまで薄くするには、どうするでしょう?

 

 

 

*これが革を漉く作業の始まり

 

 

 

最初のぶ厚い革をまるごと、

それぞれのアイテムに必要とされる

厚みに、ざっくりと漉くことが、

「漉き工場」の仕事です。

 

大きな機械を使うのですが、

依頼者からは、10分の1ミリ単位で

厚みを指定されます。

1ミリ以下の指定になりますと

かなりの技術が必要とされますから、

そういう注文は受けないという業者もいます。

 

 

 

*漉いた後の革は
機械の右側に、薄くなって現れます

 

 

 

機械を使うのだから

誰でもできるようになるか?

 

それは無理で、

同じ年月機械調整をしてきても

できる人とできない人に

分かれてしまう業種だそうです。

だから、名人と呼ばれる人も現れます。

 

それは、この機械の調整方法が

マニュアルにしきれない内容だから

とのこと。

もともとの革1枚の厚みだって

部分部分で違うのですから、

想像に難くありません。

 

 

 

*漉く前の上の革は1.6ミリの厚さで、
下の漉き終わった革は0.5ミリほど。
先日紹介した黄色い長財布のパーツです。

 

 

 

そういう習得の難しい仕事なのに、

恐ろしく安い値段で取引きされています。

 

それには大きな革を漉く時の

リスキーさも関わっています。

大きな革がもし、ど真ん中あたりで

漉き機に喰われてしまったら…

それも考え併せますと

ますます大変な仕事です。

 

デザイナーは以前から

「もっと高い金額で

やってもらうようにしないと

そのうち引き継ぐ人がいなくなってしまう」

と言っていたのですが、一昨年

ある大手が火事に合い、仕事がストップし、

ここ2年以上その影響が出ています。

つい先日は、この間まで頼んでいた

小さめの業者さんも

2社が閉じてしまいました。

 

 

 

*上のお写真と同じ革。
これほどの薄さにまでうまく漉くのは難しい。

 

 

この例のように、

その現場が無くなってしまったら

作ることの出来なくなるもの、

というのはきっと他にもあると思います。

 

とくに当店のように、

特別なオリジナル牛革や

同じものの無いエキゾチックレザーなどを

1枚単位で漉いていただきますと、

一回一回調整していかなくてはならない

機械を扱うことで、

自ずと技術の高い人が必要となります。

 

 

 

*革の大きさや質によって、
この革の左上のように
部分的に機械に喰われることがある。

 

 

 

店頭で「オーソドキシーさんが

いつまであるかと思うと…」と

ご心配くださる方もいらっしゃいますが、

私どもの仕事は、

今回ご紹介している「1枚の革漉き工程」が

無くなっては、継続できないかもしれません。

 

所属する一人ひとりの技術者たちが

すべての革製品を作れるスキルを持っている

当店も、われながら貴重だと思いますが、

それが成り立つためには

さらに他の人々のご協力が必要です。

 

願わくばそれぞれの仕事が

長く、良い状態で続くことを願っております。

もっと違う形で

モノを作るようになるのかもしれませんが、

人の手でモノを作ることが

無くなってしまったら、と思うと、

暗澹たる気持ちになります。

 

 

関連記事

  • iPhoneケースと社員証入れ

    お揃いの革で作ったiPhoneケースと社員証入れのオーダーメイド

  • ミニ巾着バッグ、あるいはハンドポーチ 208

  • 女性用帽子のお取り扱い始めました。

同様のアイテムを見る: