革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.09.24

当店オリジナル革の二つ折り財布:手触りの良さや使い勝手について

「これまでに

いろいろな革製品を使ってきましたが、

5年くらい前にここで作った

オーダー財布の革は、最高です!

 

この手触りと感触は

今までに味わったことがありません。」

とても嬉しいお言葉です。

 

 

 

*お調べしたところ
6年半近く使っていただいています

 

 

 

「オーダーで特別仕様にしてもらった

お財布が使いやすことはもちろんですが、

それ以上に

どこの革製品と比べても

こんなに気持ちの良い革はありません。

 

だからパートナーにも持ってほしいと思って。

プレゼントでお財布を作ってくれませんか?」

 

先日お寄りくださった若いお客様から

当店オリジナル革、ヌメのネイビーについて

こんなご感想を頂戴しました。

 

このように、当店オリジナルの

革素材についてご理解いただけるのは、

とてもありがたいことです。

 

 

 

*内側もツヤツヤ!

 

 

 

そもそもこの革は、

独自の品質ベースを最初に作るために、

10年ほどの年月、ずっと観察し、

栃木レザー㈱さんの

当時の担当者との研究から産まれた

特別レシピです。

 

他所の会社にこの革は出されていません。

 

もちろん今でも

その観察と研究は続いていますが、

今のそれは

当初の品質をなるべく護るためのものへと

変わっています。

 

 

 

*こっちの面はキズついていますが
かなり治っています

 

 

 

対環境の面から、どんどん変わっていく

原皮そのものや鞣し材料の変化、

入れる脂や染料の変化など、

 

つねに変転していく「生もの」の製造を

昔と同じような品質で作ることの方が、

今では、却って大変なことです。

ですからそのような努力をしているところは

まずありません。

 

私どもが小さなブランドで

革の使用量が少ないがために

製作可能になっていること

(超一級の原皮が必要なので)と、

栃木レザー㈱さんが

当店を誇りに思ってくださることとで、

続けていただいている特別な計らいです。

 

 

 

*まだまだお使いいただけます

 

 

 

時代の変遷に合わせて品質を変えていくことを

「進化」と呼ぶのかもしれませんが、

人間の五感にとって

それが良いかどうかはわからない、と

デザイナーは考えています。

 

触れることで気持ち良いと思う

手指の感覚、

鼻に入ったら、よい匂いなので

思わずクンクンして確かめる感覚、

エイジングして表面がつるつるになって

治った傷を見て、愛おしく感じる感覚、

新しい頃とは明らかに違う、使い込んだ時の

キュッキュッという音の感覚、など、

 

まさに五感をフルに使って

楽しんでいただけるのが、

当店のオリジナル革です。

 

ですから、このお客様のこのお言葉は

千の言葉に勝るもの。

 

 

 

 

*6年半ほど前の、作りたての時の同じ財布

 

 

 

以前から、

「寝る時にはこのバッグを触りながら寝ます」

「この革の手触りを知ったら

他の革製品を使う気がなくなりました」

「白くえぐれてしまった傷も、

手でなでていくと治っていくんですね」

などなど、

さまざまなご感想をいただいていますが、

 

ちょうど現在の革の製造について、

担当者がリタイアした状況になった頃から

変わり目に入り、

何年間も緊張状態が続いていたことが

ひと段落したところでした。

 

(それもあって、色揃えのこともあって、

4年ほど前から

ハイブランドの革なども扱っています)

 

 

 

*作りたての時の財布の内側
定番をいくつか組み合わせたもので、
小銭入れの向きが変わっています

 

 

 

このお客様の言葉をお聞きしたときは、

ちょうど栃木レザー㈱さんとの

「これから」のお話が済んだところで、

一段と響いたのです。

 

幸運なことに

品質を護ってくださる担当者と

巡り合うことができたので、

また当店のオリジナル革を

みなさまにお届けできることがわかり、

ホッとしたところでした。

 

 

 

*フランス革の色揃え(一部)

 

 

さてここからは

革の色と革質の違いについて、

と内容は少し変わります。

 

上のお写真の鮮やかな色の革は、

誰もが一目見て「きれい」と思えるでしょう。

 

しかし人によっては、その後指で触って、

「この革の手触りは硬いですね、

手になじまない。」とおっしゃいます。

 

そのように感じるのは、革に

きれいな色を出すための加工をすると

必ず硬い表面に仕上がるので、

当然の結果です。

 

この硬い表面は、ずっと変化しません。

傷が治ることもありませんし、

ツヤが出ることもありません。

しかし、変化しませんから、

ずっと最初のイメージのまま。

これが当店オリジナルとの一番の違いです。

 

きれいな色の革は、当店の革と対極の革です。

色がもっとも大事な要素である方には

このような革の中から色をお選びいただきます。

 

当店は、ご注文者にとっての「良い革」は

一人ひとり違う、と認識しています。

 

 

 

*当店オリジナル革の色揃え

 

 

しかし、

どうして当店のオリジナル革には

定番カラーしかないのか?

 

それは、人の五感を大事にしているからです。

 

でも、当店のワインカラーやネイビーは、

普通のヌメ革にはない色揃え。

 

自然な五感の感じ方で

気持ちよく使える当店オリジナル革は、

しばらくは健在です。

 

こちらのお客様からは

「ずっと長く続いて欲しいお店です」

とも言っていただきましたが

(ありがとうございます)、

諸事情でどこまで行けるかはわかりません。

 

良い品質の当店オリジナル革の製品を

欲しいと思ってくださる方は、

早めにお考えいただくことをお勧めします。

 

それにしても、こんなにも

当店の革を好きでいてくださったお客様には

感謝感謝です!

 

おかげさまで、いま一度

自分たちの基本を振り返ることができました。

革を作っていただいている栃木さんとも

新たな歴史を始めることができます。

 

 

今回はそれを思い起こさせていただき、

ありがたかったです。

パートナーの方へのプレゼント財布も、

全力でお作りします。

 

 

 

関連記事

  • 内側

    超シンプルなシステム手帳のオーダーメイド

  • ボストンバッグ

  • ブラックポロサス(クロコダイルレザー)の長財布 88

同様のアイテムを見る: