革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.10.4

コンパクト財布、新旧ジーヴズなど革製品の大きさ問題

5~6年お使いいただいたジーヴズを、

そろそろ取り替えたいと

お持ちくださったクライアント。

お色を変えてご注文くださいました。

 

お渡し時に新旧のお写真を

撮らせていただきまして

ちょうど良い機会を得ましたから、

「新旧の革製品の大きさ」の話をしましょう。

 

 

 

 

 

 

特別なレンズで撮ったわけではなく、

左右のジーヴズは

左が新品、右がご愛用中の製品です。

まったく同じサイズでお作りしたもの。

 

よくお書きしますが、

「使っていくと、革製品は小さくなります」。

 

「ええ?たくさん入るから

大きくなっていると思うのですが。」

何人かの方のお言葉です。

感じ方はそのとおりなのですが、

ご覧いただくとおり

事実として、小さくなっています。

 

 

 

 

 

 

革は、中に入れるモノに合わせて

次第に伸びていきます。

 

上のお写真をご覧ください。

ファスナーからはみ出した厚み部分があります。

これは容量以上に入れることで、

革が伸びた証拠です。

 

ただし、たしかに革は伸びますが、

それは、全方向の革が

すべて伸びているのです。

 

それ以上にモノが入ると

革は、中身に合わせて

元の形状を自在に変えて行きます。

 

形状を成立させるために、

不必要なところから

必要なところへ

必要な伸び具合を寄せて行くのです。

まるで生きているかのように…

 

 

 

 

 

 

それで、こんなにも

サイズが変わった感じがするんですね。

 

はい、たしかにサイズは変わっています。

 

でもそれは、

タテxヨコx厚みとしての

割り当てが変わっただけで、

最初の数字は、じつは変わっていません。

 

使ってないものが

最初に大きく見えるのは、

そんな理由からです。

革製品、っておもしろいですね。

 

 

関連記事

  • 定番に、A5ジョッターの登場です。

  • オーダーの仕方、同じ形のバッグをふたつ持つこと ゾウ革ダークネイビー 40315

    オーダーの仕方、同じ形のバッグをふたつ持つこと ゾウ革ダークネイビー 40315

  • 新しいトートバッグ フルオーダーメイド品から定番品へ 20105

    新しいトートバッグ フルオーダーメイド品から定番品へ 20105

同様のアイテムを見る: