革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.11.28

仕事で使うオーバーナイトバッグの変形 30901

定番品の中で

「出張/旅行かばん」の分類でご紹介している

「オーバーナイトバッグ#3」

長いお付き合いのクライアントが

これからの仕事用として

お選びくださいました。

 

「もう小物は揃い、どれも満足に使っています。

いよいよ今度は

ビジネスバッグが欲しくなったので、

御社のウェブショップの中で

候補を考えていました。」

 

 

 

 

 

 

ありがたいことです。

最初に別件のご注文でおいでくださった時に

候補のバッグをいくつかお見せしましたら、

「どれも軽いですね!

見た目は重そうなのに。」と

重さの点ではどれも良しとしてくださいました。

まだ「どれ」とは決まり切らない感じです。

 

ですが、サイズとしては

オーバーナイトバッグ#3であれば

少し小さくすると良さそうです、と

サイズ変更をお薦めしました。

 

 

 

 

 

 

それでその後持ち物をお持ちくださり、

ご自分の考える理想の使い方を

ご説明いただいたのですが、

その案に根本的な修正をしたいと

ご連絡があったため、

仕切り直しをしました。

 

当初は小さなポケットがたくさんあり、

デザイナーとしては、少し分けすぎかな、

と直感していたこともあって

仕切り直しの回では、その件において

初めてのご相談のようにお受けしたようです。

 

 

 

 

 

 

前回の記憶はありますし大事ですが、

時にまっさらな気持ちで物事に当たる方が

良い結果を産むこともあります。

 

クライアントも紆余曲折、ご自分でも

いろいろと考えてくださったので、

どんどん無駄がそがれていきます。

 

無駄がそがれると良いことの中には、

使い方もシンプルにできる、

そして、鞄の自重が軽くなる、

という大きな二つのメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

先日も

かなり複雑なご希望をお出しくださった方に

「2~3日注文のことは忘れてください。

そしてその後あらためて

お渡ししたスケッチ画を使って、

使い方のシミュレーションをしながら、

この仕様で良いかを確認してください。」

というサジェスチョンをしたデザイナーです。

 

たいていのご注文者は、

私どもが「何でもできますよ。」と

申し上げますと、最初の案から

まずはどんどん複雑になって行きます。

 

その中から削っても良いと思うものについて

インタビューしていきますと、

多少の変更はあったとしても

最終的に最初の案に戻ったりすることが

多いかもしれません。

 

 

 

 

 

 

今回も

クライアントのお考えが進んだことで、

すっきりした仕様になりました。

これくらいであれば、無理なく

内ポケットを付けることができますから、

適度なゆとりができて

使い勝手を良く感じていただけます。

 

おもしろいご希望は、

カバン正面にお付けした

「手を入れるための」ループです。

 

 

 

 

 

 

 

上のお写真の手前側、持ち手の内側に

ポケットのようなものが見えますが、

これがその「手を入れるループ」です。

 

電車などの乗り物に座った時、

このループに手を入れると

バッグの落ち着きがよくなって、

安心して持つことができます。

 

このバッグは少し縦長なので、

このご希望をいただいた時には

なるほど、と納得しました。

いつもながら新しい、良いアイデアを

出してくださるクライアントです。

 

 

 

 

 

 

こちらのクライアントはいつも

「使っていて、どれも良くできている、

と感じることができます。

気持ち良く毎日を過ごせる革製品って

すばらしいですね!

手触りも良いですし、オーダーすれば

自分の使い勝手に合った製品になります。

 

それをご相談する時も親身になってくれますし、

相談中も製作中も

これだけ注文者のことを考えてくれるお店は

まずないと思います。」

このようにおっしゃってくれます。

 

私どもの仕事の仕方を

これだけ理解してくださる方に巡り合える

このお店は、すばらしいお店と思います。

ありがとうございます。

みなさまに感謝申し上げます。

 

 

関連記事

  • 扇子ケース

  • バッグに合わせたストラップの製作

    バッグに合わせたストラップの製作

  • 使用見本のある小さなトートバッグを、オーダーでお作りしました。

同様のアイテムを見る: