革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.12.26

お誕生日プレゼント、ありそうでなかったファスナー長財布 310N

以前お作りした小物を、とても

気に入ってくださったクライアント。

「今使っているお財布が

そろそろダメになってきたので、

こちらで新しいお財布を作ってもらおう、

と来ました。」

遠方からおいでくださり、

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

お隣には

優し気なパートナーがご一緒です。

「お誕生日なのでね、

欲しいものを上げようと思って。」

にこにこ、和気あいあいとしたカップルです。

 

「いま使っているのは

長く使ってきたのですが

使いにくいところがあるので、

いろいろと考えてきました。」

なるほどお話を伺いながら

具体的に話し合っていきますと、

この長財布は

今まで考えたことのないものになると

気が付きました。

 

 

 

 

 

 

店頭の見本を元にして、

見本のダミーカード入れを見たりしながら

さまざまな変更をしていきます。

 

そうこうしているうち、当店定番の長財布

まったく違う内装へと

どんどん変化して、

それが、

とても使いやすそうな感じなのです。

 

 

 

 

 

 

「や、これはすごくいいですね!

定番にしたいくらい。」デザイナーは

ノリノリでまとめていきます。

 

3方ファスナーの長財布が、

こんな風に変わるとは

思ってもいませんでした。

 

このタイプの

ファスナーで開閉する長財布は、

たいていの場合カード入れがヨコ向きで

タテに重ねて入るのですが、

 

この方のご提案で、

タテ向きのカードを横に重ねたものになり、

今までにないタイプになりました。

 

 

 

 

 

 

変わっているのはお札の場所。

カード入れの下にはお札が入りますが、

真ん中の長いポケットにも

お札が折らずに入ります。

 

定番タイプと同じで

短編の片側にマチを付けていませんから、

がばと開いて、手を入れやすいことが

さらに使いやすさを増しています。

 

 

 

 

 

 

また、これもおもしろい処理ですが、

8枚カード入れの対面には

ヨコに入る名刺入れと

タテのカード入れがあります。

 

このような緩急をつけておくと、

とっさの場合

都合が良いことがまま起こります。

 

そんなアイデア豊富なこの長財布、

喜んで使ってくださっているそうです。

苦労した甲斐がありました。

いつまでも仲良く、

ステキなお二人でいてくださいね。

このたびもありがとうございました。

 

 

関連記事

  • 音叉を入れるホルダー

  • トートバッグ

  • お財布修理

    パターンオーダーメイドのお財布、修理編

同様のアイテムを見る: