革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.02.24

イタリア製「トスカーナ」レザーの定期入れ 31101 

とても大切な

プレゼントとしてお受けしたご注文。

ありがたいことです。

 

きれいなフランスブルーは

イタリアはトスカーナで作られている

その名も「トスカーナ」という革です。

 

しかしこの革は、

すでに廃版となってしまいました。

 

当店では、たまたま最後の1枚を

入手することができましたので、

バッグを作れるくらいの量があります。

ご希望の方はお早めにご相談ください。

 

 

 

 

 

 

差し上げる人、もらう人、の

お二方でおいでくださったクライアントは、

和気あいあいとしたムードです。

 

店頭でのご相談には

どちらかというと、眉をきりっとさせて

お伺いする、難易度の高いお品が多いため、

ついつい自ら難易度の高い方で

想像してしまうデザイナーです。

 

見本を見ながら、どこまで踏襲するのか…

と考えつつお話を伺いましたら、

お持ちになる方の見本への見方は

いたってシンプルでした。

 

 

 

 

 

 

どういうご希望が

製作の難易度を高くする内容か、

みなさま疑問に思うと思いますから、

今日は小物についてお書きします。

 

まず、大きな鞄やバッグよりも、

小物を作ることの方がずっと難しいことを

最初に申し上げましょう。

 

小物というジャンルの中には、

たくさんの製作方法の違う製品が

あるからです。

製作方法が違う

=それぞれの製作技術と注意点が違う

ということです。

 

また

大物とは難しさの質が違いますから、

小物は小さいだけに、製作できること

できないこと、がはっきり別れます。

 

ご依頼の中で、中身に合わせて

なるべく小さく作ること、と言われたら

いきなり難易度が上がります。

 

革は伸びる素材なので、

使っていってちょうどよくなるくらい

ビタビタに作るのか、

最初にちょうどいいくらいで作るのか、

こういったところまで

はっきりした意図をいただかないと、

ご依頼品の製作はできない、くらいに

思っていただけると助かります。

10分の1ミリ単位で仕事しますから。

 

でも、それはちょっと面倒だわ、

ということであれば、お任せください。

ざっくりとしたご意向を伺って

こちらで判断します。

 

いろいろなご依頼内容がありますが、

その中でももっとも難しい内容を

毎回クリアしていますから、

言葉のニュアンスなどからも、ほぼ

ご依頼者の感覚を察知することができます。

 

 

 

 

 

 

とまあ

面倒くさい話をお出ししましたが、

これは、みなさまとご相談している時に

デザイナーの頭の中でだけ

動いている内容です。

 

実際の面談では面倒、と思われないような

説明と質問をしていきます。

それがプロ。

 

話はそれていきましたが、

お二人はピックアップ時にも

とても喜んでくださいました。

どうぞいつまでもお幸せに!

このたびはありがとうございました。

 

 

関連記事

  • 二十数年後の二代目の定番二つ折り財布 20606

  • ボストンバッグ

  • コンパクト財布としての定番ミニマムマックス

同様のアイテムを見る: