革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.01.20

10年ほど前にお作りした長財布の2代目 31117

当店をリピートくださる方の中には

10年20年経っておいでくださる方も

少なくありません。

 

本日ご紹介するのは

10年ほど前にお作りした風水財布。

オレンジ色でお札が100枚入ります。

 

 

 

 

 

 

当時と同じ仕様でお作りしていますが、

このお色は定番にはありません。

たまたま、品質が良く

この長財布に向くイタリア革があったので

今回はそちらでお作りしています。

 

前回は

栃木レザーに作っていただいた

当店オリジナルの革タイプでしたが、

その回ですべて使い切ってしまいました。

 

また今回使ったイタリア革は、

コロナ以来廃版になってしまって

これが最後の一枚でしたから、

ラッキーなご注文でした。

 

 

 

 

 

 

このように10年ご愛用いただきましたら、

ご使用者にとっては身体の一部となって

目をつむっていても扱えることでしょう。

 

それにしても

前回の革を気に入っていただき、

形を気に入っていただき、

こうして10年後にまたご注文いただけるのは

ありがたいことです。

またおいでくださって嬉しいです。

また

今回の革も気に入ってくださったので

安心しました。

 

 

 

 

 

 

話を革の話にいたします。

市販で販売されている革製品は

一期一期計画生産されるため、

革素材もそれをめがけて量産されます。

その量は計画生産に見合う量のみで

その一期ですべて消費されます

(ここでいう消費は、製造のこと)。

 

ですからどんな量産品も、

売り出されたその時期だけの製品。

 

その事実を別の言葉に変えますと、

「限定製品」「限定販売」となります。

ブランドなどもよくこの言葉を使いますが、

どのようなお品であっても

ある程度の数、市場に出せる製品は

「量産品」で「限定品」です。

 

 

 

 

 

 

そんなわけですから、

みなさまの求める製品や革に出会ったら、

それは貴重な一期一会だということを

思い浮かべながら、接してみてください。

 

また私どもの製品は、

量産ではありませんから、

さらに一期一会の度合いが高くなります。

ある時は製作可能でも、

ある時には材料がなくて製作できない、

ということもあります。

 

今回もご注文ありがとうございました。

これからの新しいお財布の期間も、

ご注文者を取り囲む環境が

良好であることをお祈り申し上げます。

 

 

関連記事

  • コンパクトサイズ

    ポロサスの印鑑入れポーチバッグのオーダーメイド

  • 10年ものの二つ折り財布から長財布へ

  • リュックはもっとも製作の難しいアイテム 31108

    リュックはもっとも製作の難しいアイテム 31108

同様のアイテムを見る: