革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.02.2

リュックはもっとも製作の難しいアイテム 31108

ここのところリュックのご相談を

いただくようになりました。

街を歩けばほとんどの人が

リュックを背負っていますから、

当然のことかもしれません。

 

両手が空いて自由に使えることに

そうそう抗うことは出来ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

本日ご紹介するのは女性クライアント。

「御社のオーダー例を拝見していて、

リュックをお願いしたいと伺いました。」

なんと嬉しいお言葉です。

 

 

 

 

 

 

気に入ったリュックをお持ちでしたが、

「使いやすいんですが、

中の仕切りの配分が気に入らないので

変えたいと思っています。

 

また、こういう既製品ぽいのではなく、

良い革製品が欲しいので、

そういう革をご紹介ください。」

 

 

 

 

 

 

そこでご紹介したのは

当店オリジナル革の「ルバル」と

ハイブランドの革です。

 

ルバルは手触りと質感を気に入ってくださり、

ハイブランドの革は

ブルー系の色を気に入ってくださいました。

 

 

 

 

 

 

しばらくお考えになっていらしたのですが、

「やっぱり手触りと質感で行きます!」

と、ルバルに決めてくださいました。

お色もお気に行っていただけたようです。

 

手触りか色か、という

究極の選択をしていただきましたが、

ルバルの手触りは

誰もが認める気持の良さ。

五感で楽しめる革をお選びになりました。

 

 

 

 

 

 

それで出来上がったリュックがこの形ですが、

内側には、外から見たシンプルさからは

想像できない、

たくさんのギミックがあります。

 

仕切りの配分は

クライアントのご希望どおりにして

1:4にしています。

簡単そうに見えて

ちゃんと使えるようにするために

さまざまな工夫をしています。

 

 

 

 

 

 

こちらのクライアントもそうですが、

PCを入れるお部屋は狭く作り、

もうひとつのお部屋を広くして

いろいろ詰められるようにしています。

 

こういう配分は

PCを持ち歩く人にとっては

もっとも嬉しい配分ではないでしょうか。

 

また、たくさんのお荷物が入るので、

細かいものを分けて入れられる

内ポケットも数があります。

 

 

 

 

 

 

リュックを拡げて上から見ると

パッとどこに何が入っているかわかるので、

きっとこれは使いやすいでしょう。

 

リュック製作の難しいところは

今回のような複雑な内装にもありますが、

背中に背負うため、

どれほどフィット感のある肩ひもを

つけられるか、というところにあります。

 

今回は、すでに使っていらっしゃる

リュックの肩ひもがぴったり合う、

と伺いましたので

長さや形状、付け方は踏襲しました。

 

リュックのご注文の場合、

素材が革でなくても

使って心地よい見本があれば、

ぜひ聞き取りさせていただければ、

と存じます。

 

 

 

 

 

 

私どもの

革製品のフルオーダーメイドでは、

一人ひとりの使い勝手に合わせるための

仕様を実現するだけでなく、

可能な限りのフィット感も追求します。

 

「持っていて気持ち良い」ことは

とても重要です。

 

こちらのクライアントはピックアップ時に、

「想像したのよりず~っと良い出来です。

すぐに背負って帰っても良いですか?」

とすぐに、荷物を詰めていかれました。

 

おまけにこのリュックは

自重を軽くお作りしています。

これからしばらくの間、

このクライアントを助けて

たくさん働いてくれることと思います。

 

このたびのご注文、

ありがとうございました。

作りがいのあるすばらしいリュックで、

大変でしたが、楽しかったです。

 

 

関連記事

  • オーソドキシー製 「ipad用ケース」 ダミー2号機

  • 見本

    金具に挟むタイプの手帳用カバー

  • 2穴金具

    A4サイズ、2穴システム手帳のフルオーダーメイド

同様のアイテムを見る: