革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.03.19

そっくりに作ってください、というご依頼トートバッグ 402N

「父が使っているバッグと

同じものを作って欲しいですが、

そういうことは出来ますか?」

遠方の方からお電話を頂戴したので、

さっそくメールアドレスに

お写真を送っていただきました。

 

「これなら大丈夫です。」とお答えしますと

「そしたら現物を送りますので、

なるべくそっくりに作ってください。

大きさは少し変えていただきますが。」

 

 

 

 

 

 

お作りしたのがこのバッグ。

92歳のお父様がお持ちになるそうです。

すばらしいことです。

 

ご依頼者は、お送りくださったバッグに

大きさのご指定を

分かりやすく書いたものを添えてくださり、

ご指示は明確でした。

 

それでも、使い込んだお品と

新しいお品を比べますと

どうしても質感が変わりますから、

おもに質感について

細かい質問をさせていただきました。

 

 

 

 

 

右が元のバッグで左が新しいバッグです。

タテxヨコx厚みともに、ほんの少しずつ

大きくしています。

 

元のバッグは

持ち手を鞄本体に付ける位置が

少し下目なので、

使って柔らかくなった胴体の革が

少しタグんでいます。

 

そのため、お持ちになる方が

気にならない程度に

持ち手の位置を引き上げました。

また、ちょっぴりですが

持ち手の付け根パーツを大きめにしました。

 

これで、以前のものより

快適に感じてくれると良いですが…

という気持ちです。

 

 

 

 

 

 

そっくりに、という時、

質感はとても大事ですが、

ファスナーの引手なども重要なポイントです。

 

年齢が増しますと

指が動かしづらくなってきますから、

その指でも持ちやすい引手を考えます。

 

が、元の鞄が

しっかりした大き目の金具引手だったので、

それを踏襲することにしました。

 

いろいろな方のさまざまなご感想を

伺いますと、

自分で体験していないことでも

ある程度予測がつくようになります。

 

 

 

 

 

 

内ポケットもヨコx高さを少し変えました。

当店では、そういうご依頼を受ける場合、

内寸で考えます。

つまり、何を入れたいか、ということです。

 

・・・・・

 

受け取られたご依頼者から

丁寧なお電話をいただきました。

「ここまでそっくりとは

想像しませんでした。

ほんとに良く作ってくださったです。

お願いして良かった。

ところで…お財布は作れるんですか?」

 

出来上がりをご覧いただいての

このようなご質問は、とても嬉しいです。

このたびはありがとうございました。

 

 

関連記事

  • 保険証&診察カード入

  • 個性的な長財布、初めてのオーダーメイドに対するリポート 20602

  • ショルダーバッグと一体になるファスナー長財布セット 96

同様のアイテムを見る: