革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.04.11

スマホも入る財布?クラッチバッグ? 40110

「財布でない、

ハンドバッグでもない、

何物かよくわからない、

これが最高にぐっときました!」

 

出来上がり品を手に取るなり、

しばらくの間、手で撫でながら

じっと見つめてくださったクライアント。

 

「非の打ち所がないです。

質感がしっかりしていてとても良いから

きちんとした場所へ持って行けます。

こういうものを探していたのですが、

どこにもなかったですよ。」

 

 

 

 

 

 

デザイナーは

「そのように思っていただけて嬉しいです。

このデザインなら、他にも

欲しい男性がいらっしゃると思います。

それほどうつくしいバッグです!」

と答えています。

 

この美意識の高いクライアントは、

顧客の方からのご紹介で

ご来店くださいました。

 

 

 

 

 

 

どこにもないものを注文するのですから、

最初にお話を伺った時は

欲しい形がまだきっちり出てなかったのですが、

その後メッセンジャーでやり取りすることで、

より具体的な内容に発展していきました。

 

「こうしてオーダーする時、

まず自分の持ち物について考える必要がある、

とわかりました。

買い物をしていてこんなことに

気づかされたのは初めてです。」

嬉しいお言葉です。

 

またこの方は端正な形がお好きです。

 

本体に背中合わせで

スマホを入れるポケットを付けましたが、

エレガントな厚みの出し方をしています。

正面からご覧いただくと、

角がきれいなラウンドを描いています。

 

 

 

 

 

 

デザインを活かすために行った

仕上げ方のちょっとした違いが、

この全体のラインに

かなり影響があります。

 

「この角の感じがとてもきれいです。

こんなにすっきりしているのに

スマホがうまく入りますね。」

と、それをご理解くださったクライアント。

 

 

 

 

 

 

本体自体はお財布の機能になっています。

奥にお札が入り、

その手前のカードポケットには

よく使う3枚のカードを入れますが、

取り出しやすいポケットにしています。

 

広いマチの部分には

たくさんのカードを

ザラザラっとお入れになるとのこと。

 

でもこのサイズのバッグであれば、

単体のカード入れを入れることも

可能ですし、

スマホを入れることもできます。

 

男性が持つのにちょうど良いサイズで、

小さめなのに女性ものっぽくないですし、

存在感はたっぷりあります。

 

 

 

 

 

 

お財布機能を持たせていますから、

小銭入れも充実しています。

使いやすい深さで、

コインの種類を分けられるような

当店独自の細工をしています。

 

 

 

 

 

 

「こういうのがとても欲しかったです。」

クライアントは

ずっと触りながらじっくり見続けてくださり、

愛おしそうな表情です。

 

「お財布とスマホを

そのまま持って出かけると、

ちょっと…という感じになってしまいます。

でも、このふたつ以外

持たなくて良い時が多いですし、

 

良い場所での会食の時なども

これなら手帳のようにも見えて、

とても感じが良いと思います。

お願いして良かったです!」

 

お引渡しの第一歩から

こんなにも愛でてくださって嬉しいです、

ありがとうございます。

 

お渡し後お目にかかりましたら、

「この形がとてもいいので

もうひとつ替えとして作ろうかな、

などと考えています。

まったく違うイメージの革で

作るのもおもしろそうですね。

しかし、ほんとに便利です!

お手入れのし甲斐もありますし。

昨日は

いただいたヴァセリンを手に取って…」

 

特大の、ありがとうございます、

を申し上げます。

 

 

関連記事

  • お洋服に合わせたショルダーバッグ

  • 革の教室 生徒作品 淡いピンクのバッグ

  • ミニミニラティーゴ、レディスバッグ 92

同様のアイテムを見る: