革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.06.5

最後のトスカーナ革、フランスブルーのトートバッグ 403N

革の品ぞろえも

さまざまな理由からどんどん変わって行きます。

以前お書きしたように

イタリアのトスカーナ地方で作られている

その名も「トスカーナ」というこの革も、

もう廃版になってしまいました。

 

 

 

 

 

 

本日ご紹介するのは、

最後のトスカーナでお作りした

キレイ色のトートバッグです。

 

 

 

 

 

 

たくさんの当店製品をご愛用くださっている

クライアントから、ご連絡を頂戴しました。

 

今までは当店のオリジナル革を

おもにご愛用いただいているのですが、

「最近は大好きなネイビーから

明るいブルーに変えたいと思うように

なりました。」との内容です。

 

 

 

 

 

 

 

長いお付き合いをくださっている方で

いくつもの当店製品をお持ちくださっていると

ベーシックな製品はほとんど揃いますから、

だんだんと色革製品に目が行くようになります。

 

そんな時、

色革でも品質が良い革をお薦めできるよう、

デザイナーはいつでも

革に対してアンテナを張っています。

 

 

 

 

 

 

色革の良しあしは

次のような点で測って行きます。

1.きれいな色が出ている

2.革に対して色の定着が良い

3.使っていくとツヤが出る革か

使っても変わらない革か、

デザイナー自身が変化を知っている

 

ヴィヴィッドな色の載せ方は

女性のファンデーションと同じで、

より平らできれいな下地を作ってから

良い色のファンデーションを密着させる、

というイメージです。

だから色の密着度と耐久性も大事。

 

 

 

 

 

 

この革トスカーナは

使っていくと革の表面にツヤが出てきます。

変化していくヴィヴィッドカラーを作るのが

イタリアの製法。

あくまでも経年変化を良しとし、

そのようになる革を作っています。

 

それに比べてハイブランドの革は、

おもにフランスやスイスで作られています。

ツヤも出ませんし、変化もありません。

変わらないことを良しとしている革です。

 

どちらが良い、とか正しい、

といったことでなく、

これがそれぞれの特徴というだけのこと。

 

この、それぞれの特徴を持った革ですが、

自分はどちらが好きなのか?と

当店でお選びいただく際には、

クライアントのみなさまにご説明します。

革は奥が深い素材です。

 

このたびのご注文もありがとうございました。

これから夏に向かって

たくさんの楽しい機会があり、

このバッグで気持ちをアップしてくださることを

心より願っております。

 

 

関連記事

  • 定番A4 クリアファイルホルダーをご紹介します。

  • システム手帳に装着する「クリエ」用pdaケース

  • メガネ&ペンケース

同様のアイテムを見る: