革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.06.25

広がり幅を変えたファスナー長財布 40428

続く時は続くもので、ブラックの

シャインタイプ、クロコダイルで

ファスナー長財布をお作りしました。

 

こちらのクライアントとも

クロコダイルの斑柄のお話をし、

やはり小さめの斑柄をご希望でしたから

革を見に行き、最終的には

「ナイル」クロコダイルになりました。

 

 

 

 

 

 

お札が折れないように入って欲しい、

というご希望でしたから

マチの広さは今ひとつ広がらないのですが、

そのご説明を現物でできなかったため

実際に上がったところを扱っていただきますと、

「もう少し広く広がる方が良さそうです…」

という流れになりました。

 

 

 

 

 

 

デザイナーは、「では広くしましょうか。

ただ、これでマチを広くすると、

マチの折れ込んだところに

お札を入れるとぶつかることになります。

当初のご希望と相容れないこともあり、

少しお使いになってからの

ご決定になさいませんか?」

 

そのような経緯で

少しお使いいただいた後、

クライアントがお出しになった結論を

ご紹介します。

よくぞ考えてくださいました!

 

 

 

  

 

 

 

上のお写真が、マチ幅の狭い

当初に話し合った2部屋のお写真です。

 

下のお写真は改変後ですが、

3部屋にすることで

財布全体の広がりは広くなりました。

 

そうです、この方の解決策は、

「もうひと部屋作る」ことでした。

ふたつの目的を達する見事な改変です。

 

 

 

  

 

 

 

それぞれのお部屋の

マチの厚みは変えていませんから、

この3部屋のどこにお札を入れても

絶対にお札の端はぶつかりません。

これは、ご本人にしか決めることのできない

最上の解決策でした。

 

お渡し時に

「最高の出来でした!完璧です。

一生大事に使い、

自分なりに育てていきます(^^)」

と言っていただきました。

 

ご満足いただけるように収まって

ほんとに良かったです。

すばらしい最終決定を

ありがとうございました。

 

お使いいただいて何か起こりましたら、

いつでもご相談ください。

 

 

関連記事

  • それぞれのポシェットはしっかりと繋がっているので持ち上げても形が崩れない

    お財布ショルダーバッグのフルオーダーメイド

  • ファスナー全開ブリーフケース(ソフトアタッシュ)

  • 当店製品に対するご感想を ご紹介します。

同様のアイテムを見る: