革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.07.6

海外からの来客:日本の革製品の良いところ

現在カナダにお住いの

中国人クライアントがご来店なさいました。

この方は日本だけでなく

イギリスやドイツにそれぞれ

3~4年ほどお住まいの経験もあるため、

ヨーロッパやニューヨークの

革製品や文房具について、

かなりの知識を持ってらっしゃいました。

 

前回ご紹介した方ですが、

ご来店でのピックアップ時のお話が

とてもおもしろかったので

ご紹介しようと思います。

 

「私は文房具が好きで、

ヨーロッパやニューヨークなどでも

たくさん見てきましたが、

日本の文房具の進化はすばらしいです。

 

イタリア製品は少し前まで

かなり良かったのですが、

そこから先が発展していかないので

今は日本製品の方が

ずっと良くなったと思います。

 

A5サイズは日本だけの展開ですが、

このサイズはとても良いですよ。

メモを取るにはA4では大きすぎます。

こういうジョッターがあれば、ぱっと書けて、

鞄にも簡単に仕舞えます。

使っていると、

A5は一番いいサイズだと思いますが、

日本だけのサイズなんですね…」

 

「革製品についても同じように、

ヨーロッパ製品や

ニューヨークで販売されている製品を

使いましたが、やはり日本の製品が一番。

 

それは、ヨーロッパの製品は

細かいところに目が行き届いていなくて、

さて使うとなると、

使いにくいものがほとんどです。

 

財布の大きさが大きすぎたり、

鞄の中にポケットがなかったり、と

使うことを重要視していない製品が

とても多いと思います。

 

日本製だと、

これこれこういうために使う、

こういう時に使う、といったような

使う目的やシーンがまず想定されていて、

それに合わせて作られていますから、

大きさも良いですし、使いやすさも

自分に合うものが見つけられます。

 

おまけに、安い!

このような製品が

こんな価格で買えるなんて…

 

探しても見つけられなければ

カスタマイズできるお店がありますから、

日本の革製品の提供はすごいです。」

 

前にお書きしたように、

当店のオーダーメイドは

ガラパゴス的に進化してきました。

 

以前デザイナーがここにお書きしたことと

同じことを、この方は指摘されました。

でもまさか、海外の方に

それを説明していただける機会が訪れるとは

思っていませんでしたから、

今回のクライアントのご来店は

とても興味深いものとなりました。

 

デザイナーが言っていることを

実地で体験して、

裏付けをくださったようなものです。

 

革製品のオーダーメイドも、

ヨーロッパでのオーダーと

日本でのオーダーでは、

特殊なものを除いて、目的が違います。

 

私どものお店はまさに日本的で、

どんな時にどう使うか?をテーマに

みなさまのご希望にお応えしています。

でも、どんなアイテムであっても

持っている人の格を上げるものを、

と考えてお作りします。

 

革はそれぞれのお好みに合わせて

ずっと使いたいと思っていただけるものを

ご提供しています。

 

海外に、今回のクライアントのような方は

どれくらいいらっしゃるでしょう?

とても不思議な体験でした。

 

 

関連記事

  • 目のご不自由な方からのご注文①二つ折り財布 2306N

  • 二部屋ある、ファスナータイプの長財布バッグをご紹介します。

  • 内側

    とにかく薄い長財布のオーダーメイド品

同様のアイテムを見る: