2013.05.21

セカンドバッグとオーストリッチの長財布

 

今日ご紹介するのは、メンズクラッチバッグ。

 

5年ほど前にご注文いただいたバッグと同じものを、

再びご注文いただきました。

このお客さまは、365日、このバッグをお持ちだとのこと。

 

これだけご愛用いただけるのは、とてもうれしいことです。

 

 

CW1

 

「今回は、気分転換に、型押しの黒でお願いします。

 

「それから、もし してくださるのなら、

このバッグの元になった

オーストリッチのバッグを壊して、長財布にしてもらえませんか?」

 

こうした特別なサービスは、

いままでご注文いただいているお客さまに対してだけ、行っています。

 

 

CW2

 

 

ということで、クラッチバッグと長財布をお作りしました。

 

 

CW3

 

 

バッグを壊して作った長財布は、

内側を牛革にしています。

 

出来上がったものを壊して 作り直すリフォーム作業は、

たいてい、

見た目に比べると、作り直せる革の部分がとても少なく、

また、革の状態も、内側がどうなのかわからないので、

とても難しいのです。

 

いずれにせよ、お客さまにはとても喜んでいただきました。

下にご紹介する、手書きのお手紙をいただきました。

ありがとうございます。

 

tegami