2013.07.27

手帳カバー 鉄扇花の刻印

 

本日ご紹介するのは、手帳カバー。

毎年、会社から渡される手帳に、いい革のカバーを付けたい、と。

 

お客様は、「お仏壇の長谷川」という会社にお勤めの方。

「自分は営業なので、必ずこの手帳を持って仕事しています。

だんだんと、

いい革のカバーに入れて持ち運びたい、と思うようになりました。

 

それで、そのカバーに、

自分の一番好きな仏壇のシンボルを入れたいんです・・・

鉄線花という花なんですが。」

 

 

TCT1

 

 

その仏壇は、黒檀などの高価な木材を使って、

国内で、ひとりひとりの職人が仕上げているものだそうです。

デリケートな細工の仏壇なので、海外では製作不可能とのこと。

 

お話を伺っていますと、すてきな社風を感じます。

また、海外製作が主流になっていくなか、

こうして日本での製作を継続してやってらっしゃることを知って、

頼もしく思いましたし、

CMで、「日本のこころを伝える」・・・

といったような文句があったように記憶しておりますので、

それを思い出しました。

 

 

TCT2

 

 

仕事で毎日使う手帳カバーに、自分の気に入っているモチーフを入れる。

 

自分が大好きで働く会社の、

一番すばらしい商品のシンボルを、当たり前のように選ぶことができるなんて、

とてもすてきです。

こうしたお気持ちをお手伝いできるのは、嬉しいことです。

 

余談ですが、

この鉄線花のモチーフは、お客様ご自身でご用意いただき、

それを刻印プレートにして、お入れしました。

決まった図柄だけではなく、こうしたリクエストにも対応可能です。