2013.06.13

梅雨時の白いバッグ

 

梅雨に入ると、

お気に入りの革のバッグは、お休みが多くなります。

 

当店特製牛革でお作りしたバッグは、

お天気が良さそうなときに、お持ちくださいね。

 

もしどうしても 雨の日に使いたいときは、

から拭きしてから、

雨から革を護ってくれる、スプレータイプの保革材を使いましょう。

 

 

 

hiro_hb1

 

 

デザイナーは、雨の日には、

この白いクロムレザーのバッグを使います。

エリック・ジャビッツのsquisee素材のバッグや

ヘレン・カミンスキーのラフィアバッグも活躍します。

 

ジャビッツとカミンスキーの素材は、、雨の日に納得、ですが、

クロムレザーのバッグをなぜ、雨の日に使うか。。。

 

それは、クロムレザーは、雨の影響がすごく少ないからです、

もちろん、ほんとは使わない方がいいんですけれど。

でもやっぱり、革のバッグが格があって、すてきなんです!

 

クロムレザーというのは、

うちの特製牛革とは、正反対の作り方をしている牛革です。

 

ピンクやイエロー、ゴールドといったような

派手で人目を引く、華やかな色を出すことができる革の作り方。

 

 

 

hiro_hb2

 

 

このタイプの革は、最初に、

化学薬品で革をなめして、毛穴をふさいでしまいます。

そのつるつるになった表面に、顔料を吹き付けて色づけします。

 

女性の肌作りのファンデーションに例えますと、

しっかりと下地クリームを厚塗りして、なめらかな肌を作り、

その上に、自分の目指す肌色を作るためのファンデーションを

ぴっちりと載せたタイプ、です。

 

ですから、雨が当たっても、

雨が当たるのはファンデーションですから、あまり影響がないのです。

その代わり、経年変化がなく、

うちの特製牛革とはまったく違って、キズが治らない革です。

ファンデーションが削り取られるキズなので、地が出る、というイメージです。

その点だけ、使うときに気を付けてくださいね。

 

ほとんどの市販品の革の仕上げは、クロムレザーと同様の、顔料染めです。

それは、表面が均一に出来上るので、無駄なく革を使えて、

材料費が安価に収まるから、という理由もあります。

革の目を見る、特殊な技術もいりませんから、とても作りやすいですし。

 

よく、「何がいい革なんですか?」と 訊かれると、

デザイナーは、「それは使う目的によって違ってきます。」と 返事します。

 

まさに、そのいい例が、このクロムレザーのバッグ。

もうナイロン素材は持ちたくないし、かといって

お気に入りをぬらしたくはありません。

 

ウェブショップにお出ししている、

レベルの高いクロムレザーのお品でお作りしたバッグは、

リッチなイメージで、雨の日にもお楽しみいただけます。