2013.07.20

日本の社会に適した持ち物の話

 

ものに対する愛情を持っていらっしゃるお客様の多い、当店。

今日も、「もの」を巡って、

お客様とおもしろいお話をしました。それをそのままお書きします。

とてもたくさんの内容をお話しましたが、

その中で印象的だったひとつに、焦点を絞ります。

 

 

 

BRT22

 

 

「男性の話題だと、

そりゃ、究極のかばんは○社のものさ、っていう話がよく出るんですけど

あそこのかばんについて、どう思われますか?

 

ぼくは、あそこのかばんを使っている人達を見ていて、

正直、あまり使いやすいものだとは思えないし、

もしブランド名を隠して売られていたとしたら、

やっぱり買う候補には入れないかも知れない。使いにくそうだから・・・

で、プロから見たら、どうなのかな、と。。」

30代のお客様からのご質問です。

 

「そうですね、あそこのかばんは、西欧の階級社会では、

アッパーの人たちが持つものですから、

実用として使うと仮定するなら、

使いやすいとは言えないものが多いかも知れませんね。

 

 

 

ca1

 

 

だってそういう人にはいつも秘書がついていて、

必要なものはすべて、その秘書が持っているのですから。

支配者階級であるファッションの仕上げとして、

威厳あるかばんが必要な人達ですから、

極端な話、中身はサイン用のペンだけ、という感じで使います。

 

そういう人には、頭のてっぺんからつま先まで、

支度を変えなければいけないTPOがあるので、

それに合わせて、かばんまで細かく持ち分ける必要があります。

だから、ひとつのかばんをずっと持ち続ける、という事はまずありません。

 

結果として長保ちするわけですが、

そういう使い方をする人ばかりではありませんから、

西欧社会のものを、そのまま日本の社会で使おうと思うと、

それが違う結果になるのは、別におかしなことではありませんね。」

 

 

ca2

 

 

実際、

お店でお目にかかった男性客の持つ○社もので、

現在使っていらっしゃるかばんを拝見したり、

そういった方々から使ったご感想を伺った時には、

重いし、使いにくいですよ、とか、

あまり入らないですよ、とか、

入れすぎると型くずれしてね、とか、

結局は使わなくなった、というお話しを伺う機会は、随分ありました。

 

このシンプルさがいいんだ、という方にも少し出会っています。

 

ハードユーザーの女性客たちからは、

一年に一回は買い換えます、という話も聞きます。

カジュアルラインで色のきれいなものは、革が傷つくと直らないので、

何年に一回かは買い換える、という方もいらっしゃるようです。

 

そういう方々は、革次第、使い方次第で、

「一生使うもの」なんてあり得ない、と認識していらっしゃいます。

最初は、一生もの、と思ってお買いになったとのことですが・・・

ですからみんな、そのブランドが好きで使っていらっしゃる方ばかり。。

 

 

 

bo1

 

 

「そうですか、結局、

持つ目的が違うかばんを、ぼくたちは使っているんですね!

そういうことか・・・

先日も、知り合いが○社のかばんを買いに行くのに付き合ったんですが、

今、それを使ってるところを見ても、

ぜんぜん使いやすそうでないんで、何だかな、と思ってたんです。

 

ぼくたちは、○社のかばんを買えるかも知れないけれど、

それをほんとうの意味で使うTPOがない、ということなんだ。。」

 

 

 

cr5

 

 

奇しくも、その後で尋ねてきた旧知の友人と話をしていて、

階級社会の話になりました。

 

「どうして日本に、場所のTPOがないかって?

それは簡単な話。日本人には、階級がないから、

誰でもどこへでも行くことが出来る。

 

先日行ったアメリカのxxでも、おしゃれして出掛ける場所には、

バリッとおしゃれをして出掛けていく人しか 出入りしないんだけど、

日本人の感覚だと、

その時どんな格好をしていても、どこへでも入ってしまうでしょ!

アメリカ社会でも、そういうことはあり得ないんですよ、ほんとは。」

 

 

日本の社会に合ったものは、

ほんとうは、日本人が一番よく知っています。

 

でも、舶来品、と呼ばれた昔から、外国製品は、あこがれの的。

時代がどんどん変化した世の中で、選択肢の多い中、

何でも選べるのに、相変わらずあこがれの的は、舶来品。

そろそろ、別の視点から、

そういうものたちを眺めてみるのも、おもしろいのではないでしょうか。