2018.01.03

見本あり長財布のご注文品

「これが使いやすいのに

何処にもないんです。」

こういったお話はほんとに多いです。

 

どれだけたくさんの量産品が

世の中に出回ったか

ということなのですが、

すごい種類と数であることは

間違いありません。

 

見本のお財布と仕上がったお財布

 

量産品は、一回所定量を作ったら

二度とそれを作ることはありません。

たくさん作るからこそ

効率も良く、安価に提供できます。

 

ですから、

オーダー品と量産品を

一点一点の価格で比べることは

ナンセンスでしょう。

 

また、ひとつの製品を作るために

工場を一周り動かすことで

動くお金を考えると、

オーダーメイドの比ではありません。

 

新旧財布内部の比較

 

それはさておき、

フルオーダーの良いところは

どんな風にでも改変できるところ。

 

今使っているものに対して

「唯一ここが惜しいなあ」とか

「ここだけが気に入らない」などと

思ってらっしゃるのでしたら、

それを取り除くことが出来ます。

 

札入れ部分

 

フルオーダーメイドは

良いとこ取りなのです。

 

例えば、普段からお財布に

中身をたくさん入れるのでしたら、

厚み部分を多めに取ることで、

現在気に入っている

形状を変えることなく、

今まで以上に、

無理なく入れることが出来るよう

新たにお作りします。

 

小銭入れ部分

 

また、それ以上に、

当店でお作りするお財布は

裏地まで革素材を使っておりますので、

より長持ちします。

 

一般の既製品は 外だけが革で

内側は布か合皮になっています。

革は一番丈夫、とはいえ

長くお使いになるうち、

外側は大丈夫でも

内側が破れてきてしまいます。

 

カード入れ部分

 

フルオーダーメイドは、

なるべく長い期間

ひとつのものを

愛着を持ってお使いになりたい方には

すばらしいシステムです。

 

すぐに飽きたり壊れたりして

捨てるようなものではありませんから、

ご注文時には、なるべく

いろいろお考えいただくことを

お薦めします。

 

財布の厚み

 

とはいっても

当店には

経験豊富なデザイナーがおりますので、

どうぞ気軽にご相談なさってください。

 

方針を決めるお手伝いや、

細かい点で

失敗させないコンサルティングを

しっかりと行ってから、

最終的な形を決めていきます。

 

さあ、今年こそ

快適な毎日を

当店の革製品でお過ごしください。