2003.10.05

ギミック満載のメンズクラッチバッグ

 

ひじょうに明確な使用目的をお持ちの方にお作りした、超多機能なクラッチバッグです。

内側もすべて革でお作りしたゴージャス版。

 

さっとメモ書きができて、お財布の要素もあり、このまま銀行に行って何でもできるように、

通帳や振込カードなどもばんばん入る、驚くほど考えられたクラッチバッグです。

「以前から欲しい欲しいと思って、ずっと考えていました。」

 

最初にお客さまがお持ちくださったのは、12枚の図面。

図面というのは、細部は良くわかるのですが、全体像が掴みにくいので、手がかりになる図面から入って、ご相談を伺うこと4時間以上!

 

このバッグ、ぱっと見るとまあまあの複雑さに見えるかも知れませんが、

じつは、一番手前のポケットには、すぐに小銭が取りだせるようなギミックを施しています。

実際にお目にかけたいくらいの凝った作りです。

 

 

「オーダーをしようと、某ワールドブランドへこの図面を持っていきましたら、相談者が3人も変わりました。

それで、わたくしの望む内容の4分の3までは、作れない、と言われ、とりあえず見積もりを出してもらったのですが、断りました。

 

なぜなら、その最後の担当者には、

 

オーダーというのは、まずひとつ作り、そのひとつ目を基本にして、少しずつ改良させて作るといいんですよ、

そうすると、みっつめには素晴らしいバッグになる、と言われたからです。

自分の望みがほとんど叶わない出発点なので、みっつ作ってもあまり意味はないですよね。」

 

そのブランドの人が言ったことは、ある意味では正しい、と言えます。

 

作る側から申しますと、いくら完璧にお作りしたとしても、

お客さまが初めてお使いになる製品が、そのお客さまにほんとうに合うかどうかは、使っていただくまで判りません。。。

それであればこそ、ふたつ目の必要も出てくるのですが、確かに、最初のオーダー品のスペックが、

リクエストの4分の1であれば、このお客さまのご判断は正しいと思います。

 

お受取り時に、「このお店を探すことができて良かった。」と心からの笑顔を見せてくださいました。

作り手にとって、最高の瞬間です。ありがとうございました。