2018.06.17

腕時計ベルト 67

腕時計ベルトにも

たくさんの種類があります。

 

今回のものは

ベルトに2点のバックルがあり、

それで本体を留めるタイプ。

かなり珍しいタイプです。

 

 

腕時計ベルトを製作するときには、

時計本体と

ベルトバックルをお持ち込みいただき、

出来上がりまでお預かりします。

 

それをもって作業するからですが、

その他にも理由があって、

それは、市販の金具には

かっこいいベルトバックルがないからです。

 

失くしてしまったということであれば

市販品の中からお選びしますが、

お手持ちの時計と合うようなものは

まずないことを、ご了承ください。

 

 

このベルトは平らにお作りしてます。

どういう意味かというと、

厚みは一定で、平坦に作っているということ。

 

腕時計にはいろいろな大きさがありますから、

幅はそれぞれの留め具のサイズに合わせます。

 

でも当店では

厚みは、

時計本体のボリュームに合わせます。

そこがきれいに見えるところ。

 

ボリュームについてご希望ありましたら

ぜひお話しください。

眠っている腕時計を

蘇らせませんか?

 

*他の腕時計ベルトをご覧になりたい方は、

「時計ベルト」で検索してくださいね。