2019.02.02

メンズバッグ、ファスナーブリーフケース 85

お気に入りの見本バッグを

お持ちくださったクライアント。

 

いろいろ聞き取りをしてみると、

特にご不満はないご様子です。

それでは…と

ほぼ見本通りにお作りした

メンズバッグをご紹介します。

 

 

持ち手の長さや太さ、

外ポケットの深さに至るまで

ほぼ元の形を踏襲しています。

 

日頃「使いやすい」と思っているものを

上質な革でお作りすると、

やはり今お持ちの市販品とは

まったく違った趣が出ます。

 

 

お時間が経ってきますと、

新品の今よりも

ずっとずっと革の輝きが増し、

美しい照りが出てきますから、

ますます手放せないものに

なることでしょう。

 

 

当店の革は

㈱栃木レザーさんで作ってもらっている

特別品質の素材です。

 

すっぴんのお肌のまま

水染めをするという製法だからからこそ、

手でなでたりすることでどんどん馴染み、

ほどよく柔らかくなって

革の内側から出る光沢が増していきます。

 

 

㈱栃木レザーの当店の革を使っていると、

市販品の革を見るだけで

「あれ、なんだか違う?」と

お感じになる方は多いようです。

 

以前、デパートで開催されていた

栃木レザーフェアーにおいでになった方が

帰りに当店にお立ち寄りくださいました。

そして、

「あのう…こちらで使ってらっしゃるのは

栃木レザーの革でしたよね?」

と確認なさるのです。

 

 

このお客さまは、

当店で作ったお財布をお持ちなのですが、

オーダーでなければ

もう少し安価に入手できるのではないかと、

フェアにお出かけになったそうです。

 

でも、何か自分の持っている革と違う。

それで、またお訪ねくださったのです。

 

当店の素材は、「特製牛革」と

つねづね申し上げているのですが、

それを実感していただくためには

毎日お使いいただくことしかありません。

 

そうしたことをデリケートに

感じ取ってくださるクライアントの

再訪を、ありがたく思いました。