2018.12.18

5年物の、どんな本でも入るカバー

5年物の本カバーを

お持ちくださったクライアント。

 

このカバー、

たいていの本のサイズに適応できる

優れたアイデアを形にしました。

 

「不思議なんですけどね、

ルバルとは違う柔らかさで…

柔らかいんですけど

形が取れたままなのです。」

 

 

「これが最初におっしゃっていた

特製革の使い心地なんですね。

3年ほど使ったころから、

ぜんぜん違う革になってきた感じがして…

ほんとに驚きました。

まるで絹のような感じです。」

 

 

見た目にはピシッとしたタシ革ですが、

触ると既にやわやわの手触り。

「絹のよう」とは、

確かにこの手触りを表現しています。

 

この表現をしてくださったクライアントは

当店のクライアントらしい

デリケートな感受性をお持ちです。

 

 

カバーに本を戻すときも

簡単そうにすっとお戻しになるのを

拝見し、

馴染んで使いやすくなったことも

感じます。

 

当店の特性革の良さを

まさに使って言い当ててくださった

すばらしいクライアントに

感謝申し上げます。

 

「最初は

こんなに高いものを頼んでしまった、

って思ったのですが、

こんなに使えれば

もう充分元は取った感じですね。」

ありがとうございました。