2019.12.13

バーキンタイプのショルダーバッグ 93

「この間ね、

ユーズドだったんだけど、

個人店で

すごくすてきなH社のバッグを見たの。

そのイメージで

作って欲しいんですけど…」

 

イメージをお話しいただき、

それとは色を変えて

お作りしたのが、このバーキンタイプ。

個性的です!

 

 

今ではH社ではオーダーもままならぬ

ということらしいですが、

驚くほど高価にもなったとのこと。

 

リーズナブルに

たくさん出回っていた時期が

懐かしく思い出されます。

 

2000~2004年くらいに、

この形で作って欲しいというご依頼が

当店にもたくさんありました。

 

 

今回、大きさは

オリジナルに準じましたので、

かなり厚みのあるバッグとなりました。

 

当店の革でお作りしますと、

軽く、しなやかに出来上がります。

裏地も革ですから、

独特の雰囲気も出ます。

使っていくと、もっと素敵になります。

 

ワイルドエレガントなクライアントは、

カッコよくお持ちくださる雰囲気です!

 

 

金具は金具やさんで調達しますが、

この金具にも

いろいろな変化の波があります。

 

止めてしまう金具やさんも多く、

その他ですと

売れ筋金具は残りますが、

製作に手間のかかる金具は

どんどん減っているかもしれません。

 

 

例えばメンズのダレスバッグなんかは、

昔は尺1…尺4といったように

cm単位では作られていませんでした。

今は5㎝単位でぱっと作られています。

 

そのころの金具はしっかりしているうえ

うつくしい仕上がりで、

革を巻くのも楽しかった覚えがあります。

 

さて、今回の金具の変化は、

フタとオビ先に付ける一連のセットに

違いが出ました。

 

 

以前でしたら

金具を付けることに技術の必要な

釘式の留め具でしたが、

 

いま入手できるのは、

誰でも簡易に製作できる、ネジ留め式。

 

もちろんこの方が

金具自体の製作も容易です。

 

 

そんな中で、

70代後半の社長が高級で素敵な金具を

作っている会社があります。

そことのお取引が、

こうしたお品をさらに

グレードアップさせてくれます。

 

そこの金具であれば、

しっかりしたメッキで

高級に仕上がっています。

 

革の製造も危機に瀕していますが、

金具製造もしかり…

 

ものを買う人にも

きちんとした良いものを見分ける目が、

確実に育って欲しいと思います。

*このキャプションは、

このお品とは関係ございません。