2020.08.11

ハードタイプのメガネケース=小物入れのご注文者 202

ご紹介するのは、

「ヒマラヤ」という名前どおりの

雪白できれいなクロコダイル革で作った

小物入れ。

 

この革はとてもステキ。

エルメスが最初に使い始めたとのことで

少しずつ広まり、

現在は一般市場でも見ることが出来ます。

 

 

本日の小物入れ、じつは当店では

ハードタイプのメガネケースとして

製作しているのですが、

 

ご注文くださった方は結局、

「小物入れとして使っているんですが、

予想以上にいいんですよ!」と

大満足してくださっています。

ご注文時には存じ上げなかったことですが、

ありがとうございます。

 

 

「しっかりして硬いから、

中に入れるものをボンボン入れられます。

大きさも縦長でスマートなので、

鞄の中での収まりもすごくいいです。

小さな鞄にも入りますし…」

 

もちろんお作りするお品を

どう使っていただいても良いですが、

メガネケースだと思っていたものを

小物入れに、という新しいご提案は

とくに嬉しいです。

 

 

この「ヒマラヤ」というクロコダイル、

お色に濃いめもあれば薄い目もありますが、

より上質なのは、薄い目のお色。

このお品をよくご覧になってください。

 

じつはヒマラヤは日本で作られている革で、

ハイブランドからの注文であれば

100枚だけ必要な場合でも300枚作り、

その中からより良い100枚を選んでもらう、

という方式が採られています。

 

そのため、その選に漏れた革は

市場に出回ることになりますが、

その時 少し色を濃くするなどして

雰囲気を変えて出されることが多いようです。

 

そんな状況ですが、

今回ウチが入れたのは、雪白で

ほんとにきれいな一枚。

 

 

しかも、この小物入れのサイズに合わせて

シンメトリーにパーツを取れる大きさで、

グラデーションで色が変わっていく様を

見ていただけます!

良い素材を選べて、良かったです。

 

素材選びにも、

知識と確かな目が必要です。

 

クロコダイルの場合、市販品ですと

いろいろな方向の斑柄で

各パーツを取っていますが

(安価な品では当たり前のことです)、

当店ではフルオーダー品は基本

シンメトリー(左右対称)。

 

1枚の革から、メインパーツ1枚を取ります。

最高のお品は、当店フルオーダーメイドで。