2020.11.04

お気に入りのバックルで作り直したベルト 202

最近増えてきたオーダーに

「ベルト」があります。

 

お話しを聞いておりますと、

気に入ったベルトバックルをお持ちの方が

案外多いことに気づかされます。

 

 

それらはたいてい

ワールドブランドのバックルですが、

 

そうしたブランドの一番良いところが

「独自の金具製作」にありますから、

クライアントのみなさまは

正しい審美眼をお持ちだと思います。

 

 

金具製作では、専門業者による

金型が必要ですから、

極端な話、一個目を作ることに

もっともたくさんのお金がかかります。

 

ですから、それを製作総数で割って

売り切れるという見込みがない限り、

なかなか新しい金具を作ることには

至りません。

 

ですから、

世界中に顧客を持つ大ブランドならではの

製品アプローチです。

 

 

革製品の製作には、革を作る革業界、

金具を作る金具業界のほか、

ファスナーやリベット等の留め金具、

裏地を作る業界等

たくさんの異業種がかかわっています。

 

それらを全部把握して

フルオーダーメイド品を作ること、は

とても大変なだけに、

上質な金具を持ち込んでいただけるのは

ありがたいことです。