2017.07.23

二つ折り札入れのオーダーメイド

当店では、原則として

リフォームのご依頼はお断りしていますが

自社製品に関しては、

無理のない場合に限りお受けしています。

念のため補足しておきますが、当店では

壊れたところを直すのを「修理」

別の形に作り変えるのを「リフォーム」

と呼んでいます。

自社製品の「修理」は、もちろん

どこまでも責任をもって承ります。

 

リメイク前

さて、今回のご依頼は、

以前当店でお作りしたクラッチバッグを

最近あまりお使いになっておらず、

それならば、いっそのこと

お財布に「リフォーム」できないかしら、

というものでした。

もちろん、材料費がお安くなるかも

といった安易な理由からではなく、

いい感じに経年変化した革を

ただ寝かせておくのはいかにも惜しい、

というご愛着からのご依頼です。

 

二つ折り財布

クラッチバッグに使用した

革の面積だけを考えると、一見

お財布としてもけっこう大きなものに

リフォームできそうに思えますが、

パーツを取り付けた跡が残っていたり

永年の使用で、革に歪みが出たり

というところは使えませんから、意外に

小さいものになることが多いのです。

裁断の段階でかなり悩みます。

 

内側

さいわい、オーソドックスな

二つ折りのお財布が出来るだけの革が、

苦心の末なんとか確保でき、

出来立てながらも使い込んだ風合いの

「新しい」お財布が完成しました。

 

札入れ部

こうして新たにお財布として生まれ変わり、

さらにまた何年もの期間

お使いになっていただけることと思います。

幸せな奴、ですね。

使われなかった他の材料にも

ご苦労様、と言ってあげたいです。

ありがとうございました。

 

余ったパーツ