革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2016.06.8

二つ折り財布の二代目、フルオーダーメイド

「これはもう15年くらい前に

代官山で作ってもらったお財布です。

さすがにそろそろ新しいのをお願いしようかと。」

使い古したお財布を

見せてくださったクライアント。

 

二つ折り札入れ

 

「とても気に入っているので

何もかも同じで作ってください。」

ここまで気に入ってくださったのは

やはりオーダーメイドだからこそ。

 

気に入ったものを持つ、ということは

こんなにも愛着を持てるのですね。

上品なツートンカラーは

いい感じの色配分で、個性的。

 

内側

 

とてもシンプルな、この形の二つ折り財布は

うちでも、この方以外に作ったことはありません。

当店では、ひとりひとり、みんな違うご依頼です。

 

最近、15年~20年使っていただいたものを

そろそろ…ということで

新しく二代目をお作りすることが多くなりました。

 

リピートまでがとても長いのは

みなさまが大切に使ってくださるからです。

 

当店では、15年くらい前から、

軽くするにはどうしたらいいか、という

試みをしています。

今はそのノウハウが定着していますが、

たったそれだけのテーマでも

いまだに追及し続けています。

 

小銭入れポケット

 

よく、革製品は一生ものだから、と

おっしゃる方がまだまだいらっしゃいますが、

鞄などの革製品を一生持たせるためには

使い方をきちんとしなくてはいけません。

 

靴と同じで、毎日使わない、

雨の日は使わない、

たまに栄養分を補給してあげる、等の

ルールがあります。

 

そして、持ち物の自重に合わせて

鞄自体の重さも、それぞれ変えなくてはなりません。

 

また、革製品の寿命は

そのお品自体の重さに比例します。

 

札入れポケット

 

そこまで考えてお作りしているのが

当店オーダーメイド品。

お財布も

長持ちさせたい方にはやや厚手に作る、

というようなご提案もしています。

関連記事

  • メガネ&ペンケース

  • 肩かけできるファスナーバッグ

    大容量で軽いレディスショルダーバッグ

  • 「ディクスン」(トートバッグ)

同様のアイテムを見る: