革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2020.09.23

トリコロールカラーのボディバッグ 204

この楽しいボディバッグは、

男性クライアントからのご注文です。

 

トリコロールカラーがお好きとのことで、

どこにアクセントを入れるか

迷っておいででしたので、

いろいろなパーツ箇所をご案内して、

そこからお決めいただきました。

 

でも本体は落ち着いた感じにしたくて、

ネイビーを選ばれたわけです。

 

 

もし全体がネイビー一色だったら…

と想像しますと、

どうしてこの方が他のお色を、

好きなお色を混ぜたかを、

ご理解いただけることと思います。

 

上のお写真には写っていませんが、

向こう側のストラップの取り付け革の色は

ネイビーです!

 

一色だけのものと違って、

傍から見ている人も楽しませてくれる

バッグになりました。

 

 

本日はめずらしく

ご注文者の性別を明かしましたが、

これには訳があります。

 

このオーダー品は

ご注文者ご本人がおいでくださって

ご注文くださったものですが、

もし女性→男性へのプレゼントだとしたら、

こういった多色使いのお品は

あまり無いご注文だからです。

 

今日は女性の方へ、あるひとつの、

プレゼントオーダーに対する考え方を

ご紹介しようと思います。

 

 

もしも男性の方に、

それも、ご自分で洋服など

身の回り品を選ぶタイプの方に

プレゼントをお考えでしたら、

その方に成り代わって

(気持ちをトレースして)

お選びいただくことを

お試しいただきたいからです。

 

当店のクライアントの男女比は5:5ですが、

男性のご注文者には

個性ある好みの方が多いと感じます。

 

色使いやネームの入れ方、入れ位置など、

攻めたファッションをお楽しみになる方が

多くいらっしゃいます。

 

そういう方は、服装を拝見しますと、

ご自分で選んだものか

そうでないものかが一瞬にしてわかるくらい、

攻めの姿勢が出ています。

 

 

プレゼントの選び方には2種類あって、

ひとつは選ぶ人が好きなものをお贈りする、

もうひとつは、

相手の好きそうなものをお選びする、

のふたつですが、

後者はちょっとハードルが高そうと

思う方が多いようです。

 

でも、考え抜いたものでしたら、

ご注文者もその時間を楽しめますし、

どんな風に考えたのかを

ネタに、お話しすることも容易です。

 

迷うことはたくさんあるかもしれませんが、

当店にはご相談デザイナーがいます。

 

もちろん、相手の方をお連れいただくのも

けっこうです。

鞄をパッと開けて

真っ赤な裏地が出てくる、というような

仕掛けも、

その方の個性に合わせてご提案します。

 

関連記事

  • カード入

  • お嬢様へのプレゼント ビジネス鞄 71213

  • ペン差し付き手帳カバー

同様のアイテムを見る: