革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2021.04.12

革製品へのネーム入れの種類が追加されます。

 

ただいま当店では

ウェブページを新しく製作しています。

 

現在のウェブページは

仕様変更をたくさんしたため、

ちょっとしたダンジョンのようになり、

何がどこにあるのかが

わかりづらくなっているからです。

 

5月10~15日くらいに

リニューアルオープンの予定ですが、

それに伴い、

新しいジャンルも取り入れています。

 

 

 

先日ネーム入れのことをお書きしましたが、

ネーム入れにも

新しいタイプをご用意しています。

 

今までのネームフォントは

アメリカのアンティーク機械で入れる

2種類のフォントと

革の表面を焦がす筆記体との3種でした

(上のお写真をご覧ください)。

 

 

 

上のお写真は、ネームを入れるための

アメリカのアンティークの器械。

30分温め、

金箔や銀箔を使って練習してから、

本番の一本を入れます。

 

ネームを入れるパーツに対して

水平に入れられるわけではないので、

パーツは少し大きめにカットして、

ネームを入れてから

水平を取って、パーツを取ります。

 

ネームは後から入れられないので、

このような方式でお入れしています。

 

 

さて、今回新しく取り入れるタイプは、

3枚のお写真のモノです。

 

字体はふたつ、花文字とブロック体です。

お色は ホワイト・ブラック

ゴールド・シルバーの4色が基本ですが、

他のお色をご指定いただくこともできます。

 

それはなぜかというと、

アーティストがひとつひとつに描く

「オリジナルネーム」だからです。

 

優雅で美しい花文字や

かっちりとしたブロック体を、

飾りのように革製品に入れることが

可能になります。

 

どうぞお楽しみに!

 

関連記事

  • ロディアケース

  • トートバッグ

  • 車用キーケース、ベルトホルダー付き

同様のアイテムを見る: