革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2021.04.18

大変だったカメラのフィルムケース 910

 

カメラが趣味のクライアントから、

フィルムケースを入れて、

リュックやショルダーバッグの

ストラップに取り付けて持ち運ぶ

ケースのご注文をいただきました。

 

それも3個いっぺんにでしたから、

こうして並べてみますと

とてもキュートです。

 

 

 

立てて置いているので

わかりにくいですが、

後ろにお付けしたストラップ用ループに

紐を通して使うタイプです。

 

ストラップ紐を握るように持つと、

親指でパカッとフタを開けられて、

ケースのお尻を押すことで

ワンタッチで取り出すことが出来ます。

 

 

 

フィルムは

昔ながらのケースに入っていますから、

このケースを取り出しやすいように

ケースが入る高さを決めたり、

 

サッと出せるように

底面に指の入る穴を開けています。

 

 

 

 

そして極めつけは、

決められたストラップ幅に合わせて

お作りしたベルトループ。

 

こちらもワンタッチで

紐から取り外しできるように、と

スナップボタン留めにしています。

 

そんな理由から、

ベルトの入る幅は、絶妙に整えています。

幅は、大き過ぎても、小さ過ぎても

うまく作動してくれませんから。

 

 

 

当店では

このような小さいアイテムで、

特別な使い勝手を

ご希望されたものに対しても、

考え得る最良のプランをご提案します。

 

そしてそれが、ご相談時

頭の中で出来上がったものと同じく

現実にもきちんと作動するよう、

さまざまな製作方法でお作りする

工夫をします。

 

製作時にアッ、ということが起こり、

何かしらの手当てが必要なことも

少なくありません。

 

その案が机上の空論になってしまい

うまく行かない場合には、

別の方法で

新たに仕上げることもあります

(そんな時には

ご説明してからご許可を得て、

方針転換します)。

 

 

 

極端な言い方をしますと、

フルオーダーメイドとは、

「不測の事態にどう対処するか?」で、

一つひとつの予測不能な事柄に対する

全知全能をかけた挑戦、です。

 

毎回

挑戦し甲斐のあるご注文をくださる

クライアントのみなさま、

ありがとうございます。

 

関連記事

  • ダブルファスナー財布

    フルオーダーがコンサルティングを必要とする理由

  • 15年ものの 「タンバリンバッグ」

  • リザードのお財布セット

    リザード長財布とジーヴズのセット フルオーダーメイド

同様のアイテムを見る: