革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2021.07.7

紫の二つ折り財布 102

シンプルな仕様で

きれいな紫色の二つ折り財布を

ご紹介します。

小銭、カード、お札とすべてが入る

オールインワンタイプのミニ財布です。

 

少し赤っぽい紫の

高貴なお色が特徴で、

このお色がこのクライアントのイメージに

もっとも近い、と思った色系統です。

 

 

2~3年おきにお財布をお作りくださる

クライアントですが、

今回のアプローチは、いよいよ

「カードを減らす」目的に向かって

吟味してくださったご様子。

 

厚みのあるファスナー長財布から始まり

中途で番外編の「ジーヴズ」

併せてお持ちくださり、

ついに7代目となりましたら、

コンパクトへの波に乗り換える

お考えに至ったようです。

 

 

遠方のクライアントのため、毎回

ご希望の形をおぼろげにメールで頂き、

カードをどうやってたくさん入れるかと

お題を出していただき、

それをう~ん、う~んと知恵を絞る感じで

今までお作りしてきましたから、

今回は大きな転換です。

 

 

今まで絞った知恵の中には

エポックメイキングなアイデアが

いくつもありますから、

毎回のリクエストには、感謝感謝です。

 

こうした関係が

技術のお店を育ててくださるのだと、

貴重な関係をありがたく思っています。

 

 

今回は

とにかくサイズを小さくしたいと、

クライアントが使ったことのない

サイズ感にしましたから、

「まずは試しです。」と

ご注文くださいました。

 

今頃どのように

感じていらっしゃるでしょう?

 

ご注文時にはかならず

ご来店くださる方で、

よくよくディカッションをして

答えを出していますので

形としては完璧です。

 

しかし、

それがどのように出るかについては

何とも想像できません。

 

 

これなら今までのお財布の

3分の1くらいの大きさになりますが、

さてこれがどう出るでしょう?

 

こんなやり取りが

出来上がってお送りした後に

無言で続きます。

そして、次に何をお考えなのかを

知らせていただけるのですが、

さて次はどちらの方向へ行かれるでしょう?

 

オーダーメイドでは

一人ひとりのクライアントと、

奥の深いお付き合いをいたします。

それは知的で愉しい、長い時間です。

このたびもありがとうございました。

関連記事

  • トラベルウオッチケース

  • 余ったパーツ

    二つ折り札入れのオーダーメイド

  • 「革製品のオーダーメイド」をうまくお使いいただく方法

同様のアイテムを見る: