革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2021.07.5

シンプルなよそ行きトートバッグ 011

最初に、毎日使っている

トートバッグをお持ちくださった

クライアント。

 

それでお話しが進んでいましたが、

「いろいろ考えると

お出かけ用の良いバッグの方がほしい」

と、内容が変わりました。

毎日使うバッグは

定番で作っているところがあるので、

それにしよう、というお考えです。

 

 

よそ行きもやはり

今まで使ったバッグの中で

ご自分が良いと思ったものを元に、

お話しをお進めしました。

 

オーダーバッグを決める上で

難しい内容はいくつかありますが、

「大きさ」は特に大事な要素です。

 

 

使っていて「荷物がちょうど入るから」

という理由から良い、と思っているものは、

ぜひ拝見させてください。

 

デザインを変えたとしても

その容量を元に推し量ることができます。

そういう現物がない場合は

他の方法でお願いしておりますので、

事前に個々に内容をお知らせします。

 

 

トートバッグの中で、

ファスナーで口の閉まるタイプは

少ないと感じます。

 

このクライアントは「きちんと閉まること」が

よそ行きには大事だとお考えなので、

しっかり閉じるようにしていますが、

 

これなら、ファスナー部分を上に倒せば、

急いでいる時や

容量以上に入れた時にも

そのまま使うことができて、

同時に便利さも感じていただけます。

 

 

トートバッグのファスナーの付け方は

いくつかありますが、

どんなまとめ方にするかは

ご依頼者の使い方や

どんなところへ持って行くかによって

ご提案を変えています。

 

行く場所や服装に見合ったデザインは、

より一層 装いを引き立ててくれます。

 

そのオーダー品をお持ちになる方が

その場でどのように見えるか、は

当店オーダーメイドにとって

もっとも大事な製作要素のひとつ。

 

 

そんなわけで

根掘り葉掘り質問することもございますが、

全体の装いを完成させるバッグには

必要な質問ばかりです。

 

そんなコンサルティングから生まれるのが、

クライアントのご希望を元にして

ブラッシュアップさせたデザイン。

 

フルオーダーメイドの楽しさを

みなさまに知っていただけることを

願っています。

この度のご注文、ありがとうございました。

関連記事

  • 「マイプレジャー」 変型財布

  • 革の制作スクールの歴史

  • アナザー 「ipadケース」

同様のアイテムを見る: