革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2021.12.27

「あるバッグ」は、社判や印鑑をたくさん収納する鞄 109N2

 

印鑑がすべて廃止になるのではないかと

思われるような変化がありますが、

その廃止も全般的にではありませんし、

社判を使う必要のある場面も数知れません。

 

今日ご紹介するのは、

たくさんの社判を持ち歩く必要のある方からの

オーダーバッグです。

 

 

 

 

メールのご相談段階では

クラッチバッグとなっていた内容でしたが、

 

ご来店時に

入れたい社判の数を伺い、

お好みの鞄の形を伺っていきましたら、

最終的に

ヨコ幅40センチほどのブリーフケースに

なりました。

 

 

 

 

入れるものも細かくたくさんありますから、

お写真をご覧いただくとわかるように

これでもか、というくらいの数のポケットを

お作りしました。

 

これで、ぱっとひと目見れば、

定位置に入っていないものがわかりますから、

まず忘れ物をすることはないと思います。

 

 

 

 

前回お見せした

城壁の上ヘリ部分のポケットは、

上のお写真の底の方の4つのポケットで、

中身が出ないように

しっかりとフタで覆っています。

 

上の、仕切りのようなパーツをめくると、

下のお写真のように

ポケットが付いています。

このポケットは、手前に引き出してから

中身を出すことができるようにしています。

 

 

 

 

 

また、めくった仕切りパーツは

全体がファスナーのポケットになっていて、

内側にはカード入れをおつけしています

(7枚目のお写真)。

 

 

 

 

今回の表革は、フランス製の

あまり雨を気にしなくて良いタイプの革。

お手入れなどはしたくない、

ということからの選択です。

 

内側にも少し表の革を使っていますから、

軽くて丈夫なうえ

見た目も美しく仕上がっています。

 

 

 

 

こうして見ると、ズラズラっと

最初からあたかも

決まっていたかのように配置されていますが、

今回もレイアウトおまかせで、

使い勝手も良いように、とほとんどお任せでした。

 

こちらほど入れるものが多い場合には、

さすがにご相談第1回目では

レイアウトすら決めることができませんから、

何回かやり取りが続きます。

 

 

 

 

今回、これだけのポケットを付けながら

鞄全体の重さは、1350g。

なかなか軽量に仕上がったと思います。

 

それがすべて、この「枠」のおかげです。

枠が形を作り、

重さに耐えてくれるものなので、

ここまで軽くできます。

 

 

 

 

とても興味深いご注文だったので

枠の製作は無理やりお願いしましたが、

やはりこれは、素晴らしい材料です。

 

ついでに、と3本作ってくださったので、

ご興味ある方はお問い合わせください。

あるうちは制作できます。

制作例は、「ザ・カーヴ」

「スリーポケッツ」です。

 

楽しいご注文をありがとうございました。

ご商売がうまくゆくよう、

心よりお祈り申し上げます。

 

関連記事

  • ハードな下敷き付きのシステム手帳

  • ビジネスバッグ

  • 鞄教室の風景

    革の製作教室、女子生徒編

同様のアイテムを見る: