革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.02.11

ふたつ目の長財布

 

超シンプルな長札入れをご紹介します。

前回これをお作りした時は

ある方からある方へのプレゼントでしたが、

今回は、贈った方から

「差しあげた方が

そのお財布を失くしてしまって…

同じものを作れないか?と

お尋ねされました。」とのこと。

 

 

 

 

お調べしたところ、6年ほど前のものでした。

寸法も何もかも残していたものですから、

まったく同じように

お作りすることができました。

 

ご依頼くださった方からは

とても喜んでいただけて、良かったです。

 

 

 

 

この仕事は、

製作に係る人が多くなってしまうと

正確なフルオーダー品を作ることが

できなくなってしまうのですが、

 

かといって、こうした事務的な処理を

する人や、ネットに関わる人は

普通の会社のように必要です。

 

こんな風に自分たちの仕事が

最少人数でうまく回ったなと感じる時は、

とても幸せを感じます。

 

 

 

 

一つひとつのオーダー品に合わせて

一つひとつの金具や

一枚一枚の革を目で見て仕入れることも

お時間のかかる大変な作業ですが、

こうしてみなさまに喜んでいただけると、

私どものモチベーションは

ぐんとアップします。

 

技術者たちの中には

「お客さまの反応を

ダイレクトに頂けるから、

この仕事はほんとにステキです。」と

続けてくれる人もいます。

こちらもありがたいことです。

 

関連記事

  • 二つ折り札入れ & 小銭入れ

  • 100万円入る長財布=「バーティ」改訂版

  • 斜め

    色鉛筆ケース

同様のアイテムを見る: