革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.06.25

ZoomもOK。フルオーダーメイドの相談の楽しさ。

 

最近、店頭でご注文いただく方々から

「オーダーって楽しいですね。」とか、

「ここまでやってくれるなんて、

全然想像していませんでした。」

というご感想をいただくことが

多くなりました。

 

先日のZoomでのご相談でも

「この相談はほんとに楽しいですね!」と

終わり際に言っていただきました。

*Zoom相談の場合、お手数ですが

ご招待いただきますよう、お願いしております。

 

 

*外ポケットのファスナーの長さに
付いてお尋ねするためのお写真
これはファスナーを長くした方

 

 

普段の買い物では

存在するものの中から

どれかを選ぶ、という行為になりますが、

 

フルオーダーメイドでは、

どこにもない、自分の想像する

欲しい物を特別に作ってもらえるのですから

当然かもしれません。

 

けれどそういうご感想をくださる方は、

思ってることを話すだけで

きちんと理解されていくことや、

そこから

さまざまな角度のやりとりが始まって

オーダー品がよりよい内容になっていく過程を

愉しんでくださっているようです。

 

そしてその中に、

思いもしなかった質問が出たり

想像以上の提案があったりすることで、

ご満足いただける構想へと

繋がって行きます。

 

 

*上のお写真と比べると
ファスナーの長さを短くしています
本体の空き口のラインが変わります

 

 

具体的な例では、素材が違うために

出来上がりが

微妙に変わるオーダー品について、

「具体的に

ビジュアルで見せてくれたので、

仕様が少し変わるにしても

納得する選択ができました。

出来上がったものを見ると、

心配することもなかったですね。」

と、こんな感じです。

 

 

*ファスナーの開きどまりを
どのようにするか、を問うための写真
その1.

 

 

当店では、ご注文いただきましたら

すぐ製作に入ります。

 

それは、複雑な内容のご注文品が多いため、

デザイナーがクライアントのことを

新鮮に考えられる期間で仕上げないと、

どこかが違ってしまう可能性があるからです。

 

すぐ製作に入るために、当店には

フルタイムの技術者が何人もいます。

 

一人ひとりがそれぞれのフルオーダー品を

最初から最後までお作りするのですが、

その間、デザイナーと技術責任者が

「ベストの出来上がり」を目指して

少しでも気になるところは、

担当技術者も含めた3人で、とことん追求します。

 

 

*その2.このような写真には
状況の説明を併せてお届けしています

 

 

フルオーダーメイドでは

どこにも存在しないものを

お作りしますから、それぞれの作業は

どうしてその注文品が市販にないのか

という理由を

すべて理解できるようになってしまうほど

複雑怪奇で、毎回

障害物の山を乗り越えている感じです。

 

つまり、作りにくかったり、

アクロバティックに解決しないと

実現しないご希望内容が多い、ということ。

 

毎回毎回考えて答えを出しながら

製作していきますから、

製作が難しいものを「もう一回作って欲しい」

というご要望にお応えすることの方が、

もしかすると難易度が高いかもしれません。

 

「フルオーダーメイド品を製作する仕事」

とは、こんな感じなので

再生不可能な製作行為かもしれません。

 

関連記事

  • ヴォルテッラについての発見!

  • 多機能財布

  • 根付が入る革ケース

    根付を入れるベルトポーチ

同様のアイテムを見る: