革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.09.21

3代オーダーいただいたペンケース、使い方の変遷 20804

「これで3度目のオーダーです。

2度目のペンケースは10年近く

使いました。修理できるかと思って

お持ちしましたが、残念でした。」

ありがたいことです。

 

 

*こちらが初代と2代目の出来上がり時

 

 

3代目のペンケースは

初代、2代目に比べますと

ずっとシンプルなご依頼内容になりました。

以前はペンの他にサイズの微妙な持ち物があり、

調整は難しかったことを思い出しました。

 

まさに時間が経ったことで

使い方が変わった例です。

 

 

 

 

このケースは腰のベルトに通して使うため、

しっかりしたベルトループが必要です。

 

2代目はそのベルトが切れて来たので

修理できれば、というところでしたが、

本体から一体型になっているベルトのため、

全体をばらばらにしないと直せない形でした。

 

 

 

 

ですが、もう少し革にあぶら分があれば

もしかすると、切れるまで

もっとお時間がかかったかもしれません。

 

そこで今回は

ヴァセリンを差し上げて、

ハンドクリームがわりに手に付けた後

その手で撫でていただくよう、

お願いしました。

 

 

 

 

「また何か起こったら伺います。」

明るくお帰りになったお姿を拝見しますと、

20年以上前に

初めて下北沢店においでいただいたお姿が

蘇ります。

 

長い長いお付き合いのみなさま、

ほんとにありがとうございます。

 

関連記事

  • ファスナー長財布の一部変更カスタマイズ

  • センサフォニクス社製のイヤホンケース

  • バッグや財布のオーダーメイドにとって大切な要素

同様のアイテムを見る: