革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.10.11

ふたつの二つ折り財布の経年変化

おいでになるみなさまが

見せてくださった二つ折り財布の経年変化を

ご紹介します。

 

当店特製牛革は、

使っていただくことでどんどん柔らかくなって

革が馴染んで行きます。

また、キズが付いても治っていくことが

驚くべき特長です。

 

 

*上から2枚は、1年半経ったところの財布

 

 

それは「すっぴんのお肌」だからです。

きれいなお色の革は、

女性の化粧と同じで、素肌を整えてから

下地をツルツルに作って

目指す色を載せるのが基本ですが、

 

当店のようなベーシックな色展開であれば、

素肌そのものにお色を叩きこむことで

色付けすることができます。

残念なことに、この方法では

きれいなお色を入れることは出来ませんが。

 

 

 

 

 

 

素肌そのものだから、

私たちの皮膚と同じように

引っかいたりするとキズつきますが、

ファンデーションタイプの色の載せ方と違って、

色だけが削れるのではなく

皮膚そのものが削れてキズになります。

しかしこの作り方だと、

キズを再生する力を持っています。

 

その再生の仕方は、私たちの肌に

何らかのキズがついても治るのと、同じです。

 

 

 

*右は、20年ほどお使いいただいた財布
左は同じ仕様の新品
なんと、元は同じ大きさのものです。
これ以下の2枚の写真も同じ財布です。

 

 

お持ちの方がしてくださっていたことは、

ただただ、手で撫でること、です。

私たちの自然の手あぶらが

この自然の革にはうまく作用してくれます。

 

人の手あぶらは、同じ皮膚のメカニズムを持つ

この当店特製牛革にもよく馴染んでくれます。

 

 

 

 

 

 

内側の小銭入れ部分が乾いた感じであるのは、

このパーツは、あまり触れない部分だから、

と思います。

触れた部分はピカピカです。

 

最近ずっとアルコール消毒が続いていますから、

手が乾く感じになるのは仕方のないことです。

 

そんな時には

小さなヴァセリンケースを携帯していただき、

ハンドクリームとして手に付けた後

その手で撫でてあげてください。

たったそれだけで、

革が生き生きとしてきます。

 

 

 

 

 

 

「日々触ること」が、本来のお手入れです。

大きくキズつけてしまった場合も、

驚いたり悲しんだりしないでください。

この革なら、治りますから!

 

でも治すには、愛が必要です。

「大丈夫だよ~」と言いながら

どんどん手で撫でて上げますと、

白かったひっかき傷もいつの間にか黒っぽくなって、

ツヤツヤし出した革の表面に

うまく馴染んでくれます。

 

これが、本当の「使い込んだ革」の良さです。

ご紹介した二つのお財布は、

新品と比べるとわかりますが、

使った年数分ツヤが良くなっています。

大事になでていただき、ありがとうございます。

 

 

関連記事

  • 長財布のご注文をご紹介します。

  • ブックカバー「ストリングス」

    ストリングスの進化版フルオーダーメイド

  • B5サイズのリングノートカバー 11217

同様のアイテムを見る: