革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.02.1

ふたつ目の定番「ディクスン」トートバッグの変形 212N

こちらのクライアントに、最初に

ご注文いただいたディクスンは、

2009年5月でした。

 

「10年ほど使ったのですが、

まだまだ使えるとは思います。

でもそろそろ

新しいものも欲しいと思いまして。」

嬉しいお引き合いです。

 

 

 

 

 

 

当店では、

定番品の作り方も

つねにブラッシュアップしていることは

こちらでお書きしていますが、

このディクスンも然り、です。

 

それは、この製品が定番になったのは

30年近く前のことで、

当時は驚くほど軽かったのですが、

時間が経ったいま

デザイナーの年齢とともに

「もっと軽く、快適にしたい」という

思いから、

さらに軽さを追求するようになりました。

 

 

 

 

 

 

ただし、軽くすることで

どうしても保ちは前のものより短くなります。

 

ここから先は究極の選択になるのですが、

より快適な7~8年と

重さを我慢する10年ではどちらが良いか、

という問い掛けになります。

 

性別や体格によって違うと思いますが、

今回のように前のものをお持ちの方で、

以前より年齢を重ねた方には

より軽く、快適にお作りしようと思います。

 

 

 

 

 

 

鞄の容量によっては

軽くしない方が良い場合もありますが、

定番バッグに入る程度の容量でしたら

軽い方が良いものばかりです。

 

フルオーダー品となりますと、

中に入れる容量を鑑みて

さまざまな角度からご説明をして

何を優先するか、お選びいただきます。

 

 

 

 

 

 

前回は、裏地のお色は黒、

と、ご自身でお選びになりましたが、

今回はクライアントの年齢を考えて、

明るいお色をお勧めしました。

このお色なら、

暗い場所でも中身を探しやすくなります。

 

お使いいただいてからの再注文は、

さらに嬉しく感じます。

新しいこのバッグをお持ちいただき、

また新鮮な思いをしてくださることを

心から願っております。

また長くご愛用ください。

 

関連記事

  • タグ

    レディスバッグ、定番ギンコをグレーの革で

  • 2020年の大作、ねこポケットのトートバッグ 202

  • エブリディバッグ変形 1601

同様のアイテムを見る: