革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.04.25

オーダー品のネーム入れの現場

みなさんは、出来上がった製品に

ネームを入れる現場を見る機会に

遭遇したことはありますか?

 

平らな製品に

器械を使ってネーム入れをしているところは

少ないですが、あります。

 

 

 

*器械を30分温める間に手順を進める
ここでは、文字を並べている

 

 

製品に押印できる場合はたいてい

シンプルな仕様の製品で、

入れる場所の厚みに

大きな変化がないことが条件です。

 

 

 

*高さを合わせる

 

 

 

当店のオーダーメイド品には

複雑なお品物が多いため、

ひとつの製品の中に

いろいろな厚みがありますから、

 

 

 

*型に文字を入れる

 

 

 

出来上がった製品に押すことが

出来ません。

それで、パーツにする前に

お入れする必要があります。

 

 

 

*試し押し用の革を用意する

 

 

ネームを入れた

「完成したパーツ」を作るためには、

あらかじめ

必要なパーツより大きめの革を用意します。

 

それは、この器械は

ネームを真っ直ぐに入れることは出来ますが、

パーツに対して並行に入れることが

出来ないからです。

 

 

 

*試し革を器械にセットする

 

 

それで、ネームを入れてから

正しいパーツの形に切り出して、

裏地をつけたり、等の

完成したパーツにするための加工をして行きます。

 

 

 

*金箔を開いて

 

 

器械を使っているからといって

誰でもできる作業ではありません。

 

革質によって

どのくらいの温度で

どれくらいの圧をかけて

(手でコントロールしてます)

どのくらいの時間をかけるかは、

まったく違います。

 

 

 

*試し押しをする

 

 

ベテランのネーム入れ技術者でも

ほんの少しのことで失敗しますから、

周到に練習をして

「いち、に、さん・・・」と

必要な秒数を口に出して数えます。

 

 

 

*押した直後の金箔を剥がす

 

 

ほんものの金箔や銀箔を使いますから

しっかり押印することは必要ですが、

皮の表面まで薄い箔を突き通してしまうと

やり過ぎて文字は滲んでしまいます。

 

 

 

*本番用の革を用意する

 

 

要は、このネーム入れひとつとっても

技術者の経験とカンが必要な作業だと

ご説明したいと思いました。

 

普段、誰にもできる

簡単な作業と思ってやっていることが、

細心の注意を払って行われていることに

ハタと気づいたからです。

 

 

 

*革の種類や入れるネームの長さによって
押しの重さや時間を変えて入れる

 

 

先ほど、お電話で問い合わせがありました。

「オーダーでキーホルダーを作ったら、

ざっくりでいいですから

おいくらくらいになりますか?

選ぶ革の値段などによって違うと思いますが。」

 

デザイナーは、以下のよう答えていました。

「キーホルダーのような小物は

革の量は大したことありませんから、

材料費、という意味では

在庫がある革なら関係ないです。

 

そのオーダー品の複雑さがどれくらいで、

どこまでの厳しいご要望があるかで、

お見積もりは変わります。

要は技術料が一番です。

 

まずみなさまの言っていることが

ちゃんと伝わっているかどうか、

それから、それがどこまで現実にできるか…

それがもっとも大事なことだと思います。」

 

 

 

*ネームが入ったところ

 

 

 

そうしたところ相手の方は、

「そういうことだったんですね。

いや、却って安心しました。

そこまで技術に自信があるところなら、

お電話して良かったです。

あとからスケジュール見て予約します。

よろしくお願いします。」

 

技術を習得するのは文字通り大変です。

毎日作業していても

漫然と行っているだけなら、

自分のものにすることは出来ません。

 

真剣に、命かけて作っているから、

みなさまにご満足いただけるお品が

できるのだと思います。

 

お正月休みから4か月、

そろそろ技術者たちにも休憩が必要です。

GWお休みをいただきますが、

お休み後にはまた

しっかりと作業したいと思います。

 

 

関連記事

  • ホックで形状をキープ

    机に立つペンケースのフルオーダーメイド

  • 「カートリッジリュック」

  • 12年もののシステム手帳

同様のアイテムを見る: