革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.07.10

個性的なベルトのご注文 30301

ほっそりしたお身体に

インパクトあるベルトをアクセントにした

クライアントは、やはり!という

ご注文をくださいました。

「きれいな色が欲しいんですよ。

おもしろいベルトを売っていたお店に、

最近とんとベルトが入荷しなくなって。

 

住まいが西の方なので

一度関西で作ってもらったのですが、

そこにはきれいな色がまったくなくて…

こちらならいかがかとお訪ねしました。」

 

 

 

 

 

 

デザインベルトで、

とても幅が太かったり

ルーズに占めるタイプですと、

お身体に合わせるためには

立体裁断の用意をして

最終的な仮縫いをする必要が出ます。

 

そこでそんな必要がないように、

「気に入っていて

私の付け方(サイズ)に合うベルトを

持ってきました。

 

この形で、x番目の穴で使えば

身体にぴったりですから

気に入った感じになると思います。」

さすが当店のクライアントです。

 

 

 

 

 

 

革のサンプル帳をお見せして

リクエスト頂いたお色は、

フェアリーブルーとフューシャピンク。

どちらも鮮やかなお色ですが、

この方にはぴったりで、

最初からお持ちだったかのような

イメージです。

 

ブルー系はエッジを白くして

爽やかでシャープな印象に仕上げました。

2本とも見本と違うのは、続き革で作らず、

ふたつのパーツに分けたところ。

 

 

 

 

 

 

なぜなら

お持ち込みいただいたベルトには

いろいろなアップリケが施されていて、

そのアップリケがアクセントとなって

ベルトの太さの変わる部分が

自然に収まっているのですが、

一色でお作りするとなると、

いまひとつステキでなかったからです。

 

 

 

 

 

 

デザイナーのセンスを信じてくださり

細かいところはお任せくださったので、

とても楽しい仕事となりました。

 

あと1本同じようなデザインで

当店オリジナルの革でお作りしますが、

個性的なバックルを使うこともあり、

少し形を変えてみようと思います。

 

「これからの季節にぴったりね!

ブルーの方は縁が白いと聞いて

どんな風になったのかしら?と

想像ができなかったですが、

これはステキです。付けるのが楽しみ。」

と、お受け取り時に

お電話をくださいました。

喜んでいただけて良かったです。

たくさんのご注文をありがとうございます。

 

 

関連記事

  • クラッチバッグのオーダーメイド

    長年ご愛用いただいたクラッチバック

  • お財布

  • ミュージアムラインの新作トートバッグ

    ミュージアムラインの新作トートバッグ

同様のアイテムを見る: