革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.01.3

同じ形の二代目は、クロコダイル長財布 30904

「そろそろ

きれいな色が気になるんです。」

長いお付き合いのクライアントが

おっしゃいました。

 

おいでになるたび

いろいろな製品をご覧くださるのと

珍しい革をお見せする機会もあったのとで、

「最近では

クロコダイルなどにも興味が出てきました。」

と、牛革以外にも

目が行くようになったご様子です。

 

 

 

 

 

 

長いお付き合いをいただいておりますと、

だんだんと年齢が増すにつれ、

牛革以外の革や

きれいなお色に興味が湧いてくる方が

少なくありません。

 

どんなに手触りが良くても、

どんなに経年変化が良くても、

自然の中にあるアーティスティックな柄や

ナチュラルな牛革には出せないお色には

抗えない魅力があります。

 

 

 

 

 

 

今回はそんなことから、

ちょうどその時あったフューシャピンクの

クロコダイルをお見せしました。

 

 

 

 

 

 

クロコダイルでもしっぽの方の柄なので

みなさまがよくご存じの柄とは

ちょっと違っています。

そんなところも気に入ってくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

ご依頼者は8年前にオーダーいただいた

ご自分で考えた長財布が「最高に使いやすいです」

という結果となり、

「これを大事に使うために

もうひとつ同じものが欲しいのですが、

革をどうしようかずっと考えていました。」。

 

 

 

 

 

 

今回、この方の琴線に触れる革があって

こうして形になっていますが、

少しだけ変えたところがあります。

 

 

 

 

 

それは、小銭入れの閉じ方。

ファスナー式にしますと、どのようにしても

スライダーが革にキズをつけてしまいます。

そこで今回デザイナーが提案した形が

こちらです。↓

 

 

 

 

 

 

小銭はあまり出し入れしない、

というお話からご提案できた形です。

少し硬めのフタを被せるだけにして、

パッと小銭が出ないようにしています。

 

そしてフタ部分の革は、

パーツの大きさに見合った

クロコダイル本来の斑柄。

 

とても喜んでくださったクライアントは

たくさん褒めてくださる方なので、

また頑張ろう、という気持ちになります。

いつもありがとうございます。

すばらしい新年をお迎えください。

 

 

関連記事

  • 手帳カバー(お客様ご感想付き)

  • 20年以上前のメンズ鞄のリフォーム

  • オーダーメイドのブックカバー

    大きめブックカバー、ストリングス お客様からのお写真

同様のアイテムを見る: