革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2023.12.12

オーダーで作った濃いネイビーのゾウ革が、超一級品で上がってきました。

ゾウ革オーダー品はしばしばお作りしますが、

前回入荷したネイビーの色は人気が高く

(革の柄が良かったことも大きいですか)

未だに引き合いをいただきます。

 

その流れで、大きめバッグのオーダーも含め

何点かご注文をいただきました。

そこで、これはかなり特殊なことなのですが、

私どもの指定に従って

色染めしていただくことになりました。

 

牛革でもエキゾチックレザーでも同じですが、

通常、ディーラーさんの行う革の色染めは、

当店だけでは消化しきれない量ですから、

「量産前提で全部買い取るから」

という理由以外で色指定することは、

まずできません

(それをしてくださっている

栃木レザー㈱さんには感謝感謝です)。

 

まず良い鞣し革が、一回の染めロットの数だけ

揃わないといけませんし、

多くの製作者の欲しがるような

色の指定であればまだ可能性はありますが、

かりにそういう色だったとしても

思った通りの色になるかどうかは

ギャンブル、という要素もあります。

 

ですから通常、

少量しか発注しない顧客に合わせて染めることは

ほぼありえないのですが、今回は

特別に染めていただくことができました。

ありがたいことです。

 

 

 

*今回の濃いネイビーのお色
お写真ではうまく出ませんが、こんな感じ

 

 

 

ゾウ革の場合、私どものディーラーには

南アフリカにも手足となる人がいて、

ジンバブエから原皮を直接入れています。

 

ゾウ革としてよく知られている

グレーやブラックの色革は

現地で染められていることが多く、

そのまま輸入されるのが当たり前ですが、

昨今では、その他の色は

染められる直前の状態まで鞣された革を入れ、

日本で対応することができる

ディーラーも出てきました。

 

私どもで染めていただいているゾウ革は、

だいたい思った通りの色を出せる

日本の熟練の染屋さんで染められ、

色落ち防止の色留めもされていますから、

他のものへの色移りもありません。

 

今回染めていただいたのは深い紺色ですが、

すばらしい色に上がり、この色のゾウ革は

他所ではまず見たことがありません。

ぬめっとした深い紺色は

吸い込まれるようなうつくしさです。

 

 

 

*光によってこのようにも見えます

 

 

 

おまけに今回は、染める前の革の状態を

デザイナーが確認してから、

染めに入ってもらっています。

こんな贅沢は、デザイナーも初めてです。

 

前回見に行った時は

革の柄が良くなかったため、染めを延期した

という経緯がありました。

 

革の柄までえり好みしてしまうと

なかなか良いものがないのが、現実です。

 

ですからこれがどれほど異例なことか、

みなさまにも革の作り方のプロセスを

知っていただきたいと、

これをお書きしています。

 

そして、どれほど貴重な革という素材を

みなさまがお持ちになっていることか、

それを誇っていただき、また大切に

長く使っていただきたいと思います。

 

とくに私どもの店の革は

牛革もエキゾチックレザーも

最高の品質を保つ努力をし続けています。

 

今回の濃いめのネイビーは

少し多めに入手しましたので、

ご興味ある方は店頭でご覧ください。

どなたがご覧になっても

とりこになるほどの柄とお色です。

 

こんなことがもう一度できるかどうかは

わかりません。

こういうことが、革との一期一会です。

 

 

関連記事

  • 小銭入れの浅い、二つ折り財布 2012

  • ヘッドホンケース

  • クラッチバッグ

同様のアイテムを見る: