革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.02.20

ゴート革(山羊革)でお作りした薄い名刺入れ 40108

「今持っているのと同じ名刺入れを

作って欲しいですが、可能ですか?」

お写真をお送りくださった

クライアントは、遠方の方でした。

 

20年ほどお使いになったとのことで、

きっとこの方の

生活の一部になっているものでしょう。

 

お写真でできる出来ないを判断したのち

お電話でお話ししましたところ、

現品への愛着が伝わってきたものですから、

なるべく現物に近いものを

お作りしたく、

見本現品を送っていただきました。

 

 

 

 

 

 

届いた現物は、薄い薄い!

お写真で拝見するよりもっと薄く、

裏地を革でお作りする当店の作り方では

ここまでの薄さにはできません。

 

その旨お電話でお話ししましたら、

「多少厚くなっても構いません。」

とのお返事で、製作することに。

 

 

 

 

 

 

見本品はゴート革製だったので、

牛革より薄くするために

同じ素材を選びました。

たまたま在庫に持っておりましたから

ラッキーな出会いです。

 

*小物くらいの革の量であれば、

お店には多くの種類の革素材があります。

気になる素材がありましたら、

お尋ねください。

 

 

 

 

 

 

下のお写真をご覧いただきましたら、

何枚の革が重なっているか

ご理解いただくことができます。

 

(本体+ポケットの枚数)x約2が、

重なりの総枚数です。

裏地も革ですから。

それにしてもきれいな形で、

たくさん入る名刺入れです。

 

 

 

 

 

 

出来上がってお送りしましたら、

奥様からお受け取りのお電話を頂戴しました。

 

「今か今かと待っていましたから、

ほんとに嬉しかったみたいで。

さっそく使い出しています。

こっちは中が全部革なんだよ、と

説明してくれました。

 

じつは御社のことは

娘が勧めてくれました。

ここなら絶対大丈夫、と

紹介してくれました。」

 

奥様の声も弾んでいます。

心から欲しいと願っていて、

ずっと探していたものが手に入る…

すばらしい体験と思います。

 

お嬢様、当店をお探しくださって

ありがとうございました。

お父様、どうぞ長くお愉しみください。

みなさまの楽しい

団らんのご様子が目に浮かびます。

 

 

関連記事

  • 日本に1枚だけのイタリア最新革を入荷しました。

    日本に1枚だけのイタリア最新革を入荷しました。

  • 見事なコンパクト財布&キーケースセット 0613

  • リザードの財布

    小型鞄に合わせてのご注文、リザード財布たち

同様のアイテムを見る: