革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.05.28

コードバン、バーガンディのハードカバー本カバー 40309

「コードバンで

この本のカバーを作りたいです。」

はっきりしたご依頼内容です。

 

「以前関西にいた時

オーダーでカバーを作ったのですが、

それがとても良いと思いました。

こちらに越してきてしばらく経ちましたが

今度はこの本のカバーが欲しくなって。

 

ネットで探したのですが、

こういうカバーを作ってくれるところは

他にほとんどないですね。」

 

 

 

 

 

 

コードバンには2種類あることをお知らせし、

あまりお手入れの面倒の無い

こちらのタイプをお選びいただきました。

 

革自体の厚みがしっかりあれば

裏のすべすべとした

コードバンの特徴を出すべく、

裏地なしでお作りすることができます。

 

 

 

 

 

 

ハードタイプの本は表紙が厚いので、

少し大きめに作らざるを得ません。

でも革本体にきっちり厚みがあれば

丈夫で長くお使いいただくことが

出来ます。

 

これくらいの量の革であれば、

革の厚みがあっても

さほどの重さもありません。

ましてやご注文者はお若い方ですから、

重さを気にする必要はないでしょう。

 

 

 

 

 

 

しかし、ここのコードバンの

バーガンディカラーはほんとにきれいです。

 

店頭で

窓のブラインドを開けてお見せしますと、

思わず歓声が出ます。

誰が見ても美しいカバーです。

 

 

 

 

 

 

本の大きさは、

ご注文者がご自宅の本を調べて

これが一番多いサイズだというものを

お持ちくださいました。

ですから、使いまわすことができます。

 

最初に、

本をホールドする見返しについて

革を折り返すタイプはどうか、

というお尋ねがあったのですが、

 

実際折り返すタイプの革の見返しを、

厚みによって

サイズを変えて使っているという方には、

ほとんどお会いしたことがありません。

 

それは

革は折り曲げにくい素材だから、

ということがまずありますし、

 

このくらいの大きさの違いであれば

多少の差はさほど気にならず、

厚み分を変えなくても変に感じなかった、

ということもあるようです。

 

 

 

 

 

 

当店では

そんなことなどお話ししながら、

お選びいただいた革素材にとって

もっとも良いと思われる形の

ご提案もします。

 

使ったことが無いものはとくに、

経験者のアドバイスが

時に大事なポイントとなります。

 

たとえどんな小さなことでも

あれ?と思ったことを

デザイナーにお話ししていただけば、

みなさまの判断材料となる情報が

ご提供されます。

 

このたびのご相談とご注文を

ありがとうございました。

 

 

関連記事

  • ホーウィン社(米)コードバンの名刺入れ付き二つ折り財布

  • ストラップの長さも自在な、ショルダーバッグ

  • 紐どめの二つ折り財布のリフォーム 74

同様のアイテムを見る: