革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2024.05.3

ひとつ穴の時計ベルト 40411

久しぶりにお目にかかった

クライアントは、多少蒸し暑くても

爽やかなご様子の麻ジャケットをお召しです。

 

毎回

凝ったお品物のケースをご注文いただきますが、

今回は時計ベルトのご注文をいただきました。

 

 

 

 

 

 

今回変わっているのは、

ベルトの調節穴がひとつであること。

ということは、調節穴ではなく、

オーダーメイドならではの

サイズぴったりのベルト、です。

 

 

 

 

 

 

しかもその穴にはハトメを

ご希望いただきました。

「時計ベルトは

穴の部分からダメになって行くので…」

なるほどです。

穴ひとつで良い、というのも潔いご決定。

これならきっと長保ちすることでしょう。

 

 

 

 

 

 

シンプルな文字盤のこともあり、

それよりもなお

取付金具の形などから

薄っすらと凹凸をつけた

シャープな印象のベルトになりました。

 

たくさんの当店製品をお使いの方ですから、

きっとこちらも

長くお愉しみ頂けることでしょう。

いつもお引き立ていただきありがとうございます。

 

 

関連記事

  • お誕生日プレゼントとしてのベルト 109P

    お誕生日プレゼントとしてのベルト 109P

  • 15年ものの 「タンバリンバッグ」

  • B5サイズのリングノートカバー 11217

同様のアイテムを見る: