「いまは複数の

コンパクト財布ジーヴズ

場面によって使い分けていますが、

 

そろそろもう少しフォーマルで、

もっと中身を入れない

二つ折り財布が

欲しくなってきました。」

 

 

当店のバッグや小物を

TPOに合わせてお持ちくださっている

クライアントからのご注文です。

 

美意識の高いクライアントなので、

とにかくきれいにお作りしました。

 

今回の基本となったお財布は

定番の小さな二つ折り財布

このお財布の女性用が

店頭に並んでいることから、

今回のお話となりました。

 

余談ですが、店頭には

ウェブには載っていない

一点ものも並んでいます。

 

 

今回のお財布には、パッと開くと

左手にカードが2枚入るポケット、

右手に開きやすい小銭入れがあります。

 

ここまで持ち物をタイトにできるなんて

すばらしいこと。

お作りした小さなバッグに

お持ちくださるご様子です。

 

「小銭はほとんど入れないですが、

ないと不便なので、

少し入れば良いです。」

 

 

シミュレーションをし、

ご自分の使い勝手として

このタイプの小銭入れを

この向きで作ることに…

 

仕様とイメージは

ご指定いただきましたが、

製作上の細かいところは

お任せいただきました。

 

当店でオーダーし慣れていらっしゃると、

どこまでの説明で

どんなものができる、ということを

ご理解いただいておりますから、

 

より簡単に

短時間でオーダーすることが

出来るようになります。

 

 

今回は開けやすさを考慮した

フタの付け方にし、

全体をご指定いただいた

四角のラインのイメージに合わせ、

フタのトップラインも

札入れの外側のラインに合わせました。

とにかく、うつくしく仕上げます。

 

「うん、きれいです!

それから、この札入れの方法、

こんなにお財布が小さくなるなんて、

ほんとに優れていると思います。」

嬉しいご感想をありがとうございます。

 

当店なら、

細かい部分までご指定いただかなくとも、

仕様とイメージを

お話しいただくだけで、

気に入っていただけるものをお作りできます。

 


当店でお作りしたビジネスバッグを

長年にわたって

毎日お持ちくださっているクライアント。

 

ビジネスバッグの次に

懐中時計用ケースをご注文いただきました。

ありがとうございます。

 

 

懐中時計用ケースも

たまにお作りしますが、

いろいろな形状での

ご注文をいただきます。

 

今回は

ベルトに取り付けられるようにして、

フタを開け閉めするタイプ。

 

 

懐中時計はお預かりできませんから、

紙で模型を作って

なるべくぴたりとした

気持の良いサイズでの製作を

心がけます。

 

紙で作る模型もリアルで、

こういった中身模型を作ることは

かなりおもしろい作業です。

 

 

デリケートなお品を収納する

ケースですから、

革の厚みはある程度しっかりと取ります。

 

しっかりとした質感でありながら

ごつく見えないようにお作りするのが、

当店の製作方針に基づいた方法です。

細かい作業の積み重ねによって

これが可能になります。

 

 

持ち物は人を表します。

当店でお作りしたブリーフケースを

お持ちくださっているクライアントですから、

 

ベルトに付けるケースであっても、

お召しのスーツに似合う、

エレガントな作りに

したいとお作りしました。

 

 

みなさまが何か買い物をする時、

訪れるお店は決まっていると思います。

 

それは、そのお店のテイストがそれぞれ

みなさまひとりひとりの好みだからです。

 

革製品の製作においても同様で、

まずはネットショップや

店頭にある製作品が

どんなラインでどんなイメージで

作られているか、

そのお店の方向性を把握してください。

 

 

革製品を作るお店の場合、

圧倒的に多いのがカジュアルなお店で、

時にワイルド系のお店です。

 

そうでなければ、

昔からのデザインを

端正に作るお店もあります。

 

当店は、日本社会でもっとも出番の多い

高級カジュアルを

得意とするお店。

バリバリフォーマルではありませんが、

 

スーツやワンピースにはもちろん、

カジュアルな服装の時でも

品格を高めてくれる、

質の高いデザイン製品を提供しています。

 


これほど変わったオーダー品も

なかなかないでしょう…

 

最初にお話をいただいた時には

「これ、ほんとに作るんですか?」

という気持ちが先行しました。

 

 

一枚目から三枚目のお写真を

まずご覧ください。

薄べったいカードケースに

オビのようなものが付いている、

全体像が分かると思います。

 

これだけご覧になれば、

オビをどこかに取り付けるのかな?

くらいの感じでしょう。

それこそ、どこが難しいの?

という感じ。

 

 

実際カード入れの中に入るのは、

カードが5枚。

できる限りコンパクトにして、

持っている感が少ないようにしています。

 

なぜコンパクトにするかというと、

四枚目からのお写真を

ご覧いただくことで、

やっと正しくご理解いただけることでしょう。

 

 

このカードケースは

スマホの裏に張り付けて、

必要最低限のカードを持ち歩き、

 

かつ、下のお写真のように

スマホスタンドとしても使える、

とても便利なアイテムです。

 

 

スマホスタンドとして使えるためには、

スマホ→カード入れ→オビに通したパーツ

まで一直線に、

なだらかな角度が

付いていなくてはなりません。

 

これを逆算して

すべてのパーツを作り上げていく、

超絶技巧の小物です。

 

今までお作りしたどんなものよりも

難しいかもしれません。

 

 

ちゃんと考えて製作したおかげで、

上のお写真のように

なだらかな角度をうまく付け、

スタンドとしての機能を

きちんと果たしてくれます。

 

 

そしてオビに通したパーツは

何だったかというと、

スマホを指で固定するための

手に通すパーツでした。

 

これもぴたりと決まったサイズで、

絶妙な使い心地です。

今頃は、ガンガン

お使いくださっていると思います。

ありがとうございます。

 

 

ところで、小物のご相談で

お見積もりをお出しすると

「小さいのにお高いですね。」と

言われることがあります。

 

でも、よく考えてみてください。

ミニチュアのバッグを作ろうと思ったら、

しかも、大きなバッグと同じ仕様で

使えるように作ろうと思ったら、

どれだけ大変でしょう?

 

大きなバッグには

ミニチュアバッグと比べますと

精度を必要とされません。

 

ということは、小さければ小さいほど、

製作は大変になります。

 

そんなわけで、じつは小物こそが、

技術の見せ所となります。

 


「このバッグが、じつはなかなか

使えるんじゃないかと、

ウェブショップを拝見して

想像していました。」

とご来店くださったクライアント。

 

すばらしい眼力をお持ちです。

デザイナーのお気に入りのひとつ

ギンコ」は、

いろいろな意味で「使える」バッグです。

 

 

「A4サイズがタテに入ると読んで、

あら?と思いました。

小さいサイズなのに

これだけ入りそうなバッグも

そうそうないと感じまして…」

 

当店ウェブショップの製品は

どれも、コンパクトサイズなのに

見た目以上にモノが入ります。

 

それはデザイナーの体格や年齢に

関係があります。

 

バッグというアイテムは

ファッション的側面もありますが、

まず第一に

「モノを入れて運ぶ」ことが

重要な役割。

 

 

ですからそれは、入れる中身に合わせて

バッグの強度を考えなくてはならない、

ということであり、

 

使う手順として

無理のない仕様であることが理想です。

 

そのバランスがうまく取れていて、

さらに見た目に「ステキ」であれば

文句ないところかと思います。

 

デザイナーの小さめの体格と

どんどん増していく年齢は、

それらに対して特に厳しい目になります。

 

 

しかし実際には、

どんなに使い勝手が良くても、

 

軽い鞄でなくては、

使う気になれないところが

何とも歯がゆいところ…

 

入れるモノに合わせて

形を決めるのは当たり前のことですが、

 

それでこの「ギンコ」に関しては、

サイズ決めの常識を変えてみました。

 

 

ギンコは、A4サイズを持ち歩くことが

週に一回くらいの頻度であるならば

その時ちょっとだけ我慢すればいい、

という発想で作っています。

 

だからA4サイズを持ち歩く時には、

A4はタテ入れに入れ、

それが鞄の口からは出ることは必然です。

 

それが当たり前の状態として作った鞄です。

 

 

週一回程度のことであるなら、

大げさなバッグを持ち歩くより、

小ぶりで小回りの利く鞄の方が

より身体が楽になります。

 

少しの不便を我慢することで、

他の要素が

ずっと楽になるとしたらどうでしょう?

 

当店では

クライアントのみなさまに、

こうしたご提案もしていきます。

 

長く使えてしまう素材だから、

オーダー鞄にはいつまでも現役で、

みなさまの生活に

定着してほしいと思っています。

 


今日は、当店が

一点ものや定番を作る時の

作り方についてお話しします。

 

当店はフルオーダーメイドのお店ですが、

お店としての新作や

定番もあるお店。

 

通常、アトリエには4人の技術者がいて、

ひとりのお客様に

ひとりの技術者がつきっきりになって、

オーダー品を仕上げています。

 

 

そしてその合間を縫って、

デザイナーが自分で欲しい革製品の

試作を作ってもらい、

 

一定期間使ってから

良くなかった部分に修正を入れて、

新作や一点ものをお作りしています。

 

だから佳作で、

新しいものが出るまでに

かなりのお時間がかかります。

 

 

また、どのお品をとっても、

見える以上に工夫がされています。

 

上のお写真は、一点もののボディバッグ

男性が使っても女性が使ってもいいように、

ストラップの長さ調節は

かなりたくさんの長さ範囲で可能です。

 

当店のデザインは基本

ユニセックスでお作りしています。

下のお写真をご覧ください。

 

 

当店で製作した品々の特長は、

大きさに関しては

「見た目小さく、入るのたくさん」です。

 

製作方法に特徴があるので

そうしたことが出来るのですが、

市販品の中には

大きさの割に少ししか入らないものが

少なくありません。

 

中身がごちゃごちゃになってしまう

ものも多いです。

 

そんなことで煩わしい思いをしないよう、

当店がご提案するデザインや

製作方法には すべて、

意味があります。

 

 

また、新年にお出しした

一点ものリュックは、

その路線を踏襲し、小さく見えますが

 

A4サイズが入り、

たくさん入れても

腰の引っ込んだ棚部分にフィットして、

身体が楽に感じてくれるもの。

 

 

市販の革のリュックは

ブランドが出しているものが多いようですが、

割とおおざっぱな仕様で

細かいものの収納に困ることが多いと、

来客のみなさまから伺っています。

 

今回のリュックを作るにあたり、

デザイナーは

三個のリュックを

三年ほどかけて、使ってみました。

 

そのうえでのアプローチが、このお品。

 

 

デザイナーはよく

「歳を重ねた人のことは、

自分がその年齢になったとしても

理解できないことが多いのよ。」と

言っています。

 

デザイナーは、

自分より年上の人が

現在使っているものをどう感じているか、

また身体の機能や体力が

歳を重ねることで

どう移り変わっていくかを、

両親の存在を通じて

絶えず観察しています。

 

ご年配の方に使いやすいということは、

もっと若い年代には

さらに使いやすい、ということ。

 

当店のモノ作りは、

「人の身体を楽にして、

快適をお届けしたい」という精神から

始まっています。

 

そして、お持ちいただくことで

「その人の持つ

ほんものの品格とプライドを

表現したい」と

デザインしています。

 


ナイロン製のセカンドバッグを

お持ちくださったクライアント。

 

「とにかく、自分の欲しい

大きさのセカンドバッグが無くて…」

と理想の大きさのクラッチバッグを

注文しにおいででした。

 

 

同じような大きさのバッグを

5~6個お持ちとのことですが、

どれもぴったり来ない。

 

そうこうするうち

気に入った大きさが出てきたので、

「これを革で作りたい。」

となったご様子です。

 

 

じつはこのお写真のセカンドバッグは、

このクライアントからいただいた

二点目のご注文品になります。

 

と申しますのは、

同じ寸法でお作りしたのですが、

 

ナイロンと革との素材の違いから、

持った時の大きさ感覚が違う、と

クライアントがお感じになったからです。

 

 

ここまで厳密でデリケートな方も

少ないのですが、

すばらしい感覚をお持ちです。

 

しばらくお使いいただいたのですが、

どうしても「この少し」が気になって、

結局二点目をご注文くださいました。

 

 

それで、もう一点作るのなら、と

革の色を変え

外ポケットもふたつにして、

そのポケットがどちらのポケットかわかるよう、

片面にネームプレートを付けました。

 

目で見た感じでは

ほとんど大きさの違いが判らないくらいの

ほんの少しのサイズダウンです。

 

 

今回は、図らずも一点目が

たたき台になったこと、

色は違っても同じ素材で作ることとで、

とても厳密なサイズに出来ましたが、

 

素材が違うと、

感じ方が違うと感じる方がいらっしゃる

ということは、

とても勉強になりました。

 

 

そこがやはり、毎日使っていて、

手に対する馴染みを

身体の感覚で覚えていらっしゃる

「持ち主」ならではの

鋭い感覚だと思います。

 

何をどこまで追求するか、は

人によって全く違いますが、

こうした身体の感覚を

以前のものと

同じに感じていただくことは、

明らかに

もっとも難しいリクエストと思います。

 

 

そんな難しいお題であっても

ふたつ目で合格点をいただけたのは、

同じ素材がいつでも入手できるから、

に他なりません。

 

「革」のように

安定した状態を期待できない

生の素材にもかかわらず、

 

同じような質感と

同じような厚みで

特別に作ってもらえるということは、

製作者としては

まことにありがたいことです。

 

革を作ってくれている栃木レザー

そして、

それを理解してくださる

このデリケートなクライアントに

感謝申し上げます。

 


こんなお財布、

むかし見たことあるよね、

というようなこともたくさんあります。

 

つくづく感じるのは、

モノの値段が安くなってから

市販のお財布にしても

バリエーションがなくなってきたな、

ということ。

 

 

本日ご紹介するのは、

そういった昔あったタイプのご紹介です。

 

世の中には

「こういうお財布があったらいいのに…」と

お考えの方がたくさんお出でと思います。

 

そんな方に

なるべくたくさんの優秀なお財布を

私どものウェブでお見せできれば、

と思い、ご紹介します。

 

 

もしご紹介する中に

「これは」と思うものがありましたら、

まず、エア財布を使って

シミュレーションしていただくことを

お薦めします。

 

 

いろいろな角度から

お写真をお撮りしてますので、

それを見ながら

 

こういう風に開いて、

こういう風に扱って

ちょっと向きを変えて…というように

実際に使っている時のように

扱ってみてください。

 

 

そうすることで、ほんとうに

自分の使い方に合っているかどうかを、

かなりリアルなところまで

確認することができます。

 

当店がお薦めするオーダーメイドは、

・使い勝手に対しるストレスを除き

・年齢にふさわしいものを手に入れる

・気に入ったものを、長く、良い状態で使う

このためのものです。

 

 

生活の中で長い時間を供にする

アイテムが多いですから、

使い勝手に重点が置かれるのは

当然です。

 

ここがね…と

ため息とともに毎日暮らすのは、

心に悪く、身体にも悪くなってしまいます。

 

 

平たい材料から立体を作っていきますから、

物理的に不可能なこともありますが、

できる限りみなさまのご希望を

かなえて差し上げたいと思っています。

 

何が自分の欲しいものか?

 

モノを絞っていくには、選択肢が必要です。

その選択肢も多ければ多いほど良い。

どうぞうまくこのオーダー例を使ってください。

みなさまが快適に出会うために

使っていただければ、

こんなに嬉しいことはありません。

 


どうしてこういうお財布を考えたのか、

毎回毎回不思議に思うのですが、

これはもう、その中でも一番の

二つ折り財布です。

 

 

この大きさの二つ折りは、

正直一番大きいかもしれません。

長財布の二つ折りとも違っています。

 

まず最初に見た方は

財布だと思わないタイプ。

 

 

こうしてお作りしますと、

気持よい大きさに気づきます。

安定感のある、というか

手にうまくハマる、というか…

 

何となくこのご注文者の

お気持ちが理解できます。

こうして実際に手にしてみないことには

わからないことって、

じつはたくさんあります。

 

 

そんなこんなで出来上がったお財布、

見た目よりずっと軽いですから

今頃かなりお役に立っていることと存じます。

 

こんな珍しいお財布でも

オーダーでしたらすぐに入手できます。

 

 

オーダーメイドの良いところは、

探す時間を大幅に短縮できること。

 

自分の欲しいレイアウトにすることが

出来ること。

 

長く愛着を持って

使い続けることが出来ること。

 

どうぞみなさま、

長く、愛を持ってものをお使いください!

 


15年から20年近く前にお作りした

当時の定番ラティーゴバッグ。

サイズが今のミニとは違って少し大きめで

普段持ちサイズ、とでもいう大きさです。

 

そのクライアントから

ご連絡いただき、

メンテナンスのために

現物をお送りいただきました。

下のお写真がそれです。

 

 

拝見しますと

とてもきれいに使ってくださっていて、

革はつやつや、

やや脂分不足という感じではありますが、

大事に使ってくださっていることが

わかる状態でした。

すばらしい持ち手にお持ちいただきました!

 

ただコバが擦れて白くなっていることと

引手が切れそうな状態でしたから、

こまめにオイルを入れ、

色の薄くなったところを補色し、

引手を取り換え、

ファスナーのスライダーをダブルにして…

などリクエストにお応えしました。

 

 

それで出来上がったのが、上のお写真。

新品よりも迫力があり、

持つ人の上品な人格を表してくれます。

 

これだから革を使うことはやめられない!

といった風情ですが、

このクライアントからはもっと嬉しい

ご注文をいただきました。

 

 

「修理していただくバッグが

ここまで使えるバッグだったので、

自分が最も使うバッグについて考えて

それを作っていただこうと思いました。」

ありがとうございます。

 

その時お持ち込みいただいたのは、

「一番よく使うサイズがこれです。

いろいろなサイズを使ったんですが、

やはりこれが一番!」

という、あるお店の紙袋。

 

このようにして

自分のサイズを追求してくださるのは、

すばらしいアイデアと思います。

ぜひ参考になさってください。

 

 

この方に、定番ではなく

オリジナルオーダー品をお作りするのは

二度目ですが、

同じタイプの使い勝手をなさいます。

こういうことが

それぞれのクライアントの個性なのだと、

あらためて感じました。

 

お届けしてから、

今までお使いいただいたバッグと

新しいバッグについての

ご感想をいただきましたので

ご紹介させていただきます。

 

 

***********

トートバッグは新しい鞄の匂いがします。

希望通りのサイズで、

見本のバッグと瓜二つですが、

やはり革は品格がありますね。

 

追加していただいた

外ポケットやファスナーのサイズも、

気持ちのいい使用感です。

真新しいので少し硬い感じですが、

オーソドキシーさんの製品は

素敵に変化するので、

これから使っていくのが楽しみです。

 

 

 

ラティーゴもきれいに直して頂いて、

ありがとうございました。

持ち手を交換せず、

お奨めしていただいた

オイル仕上げにしてよかったです。

自分の知っているバッグの表情のまま、

元気になって

帰って来てくれたと思います。

ファスナーも便利になり、

これからまた活躍してもらいます。

どちらのバッグも

楽しく使って行けると思います。

いろいろありがとうございました。

************

 

こちらこそ

長い期間大切に使ってくださって

とても嬉しいです。

今後ともよろしくお願いいたします。

 


遠方の方からご相談いただくことも

少なくありません。

そんな時は

写真やスケッチ画を使いながら

メールでやり取りします。

 

大切な方へのプレゼントとして

台本カバーを

ご注文くださったクライアントから、

嬉しいご感想をいただきましたので、

ここにご紹介します。

 

これをいただいた時の気持ちを忘れず、

今年も頑張りたいと思います。

 

 

************

本日、台本カバーが届きました。

開封するまでドキドキしました。

なんて素敵なカバーなんでしょう!

裏のワインカラーがとても落ち着いていて

デザイナーさんにアドバイスをいただいて

選んでよかったです。

お名前のシルバーもネイビーに映えて

色を入れていただいて

ますます素敵になりました!

 

 

嬉しいお手紙も入れていただき

ありがとうございました!

またご本人の反応も

ご連絡させていただきます。

 

何もわからないところから

いろいろとご相談させていただき

こんな素敵なプレゼントができるのが

とても嬉しいです。

ホントにありがとうございました!

御社に作成していただいて

ホントによかったです。

************

 

こんなご感想をいただけて、

ほんとうに嬉しいです。感謝感謝です。

 

シンプルなアイテムですが、

初めてのオーダーの場合、

どんなものに出来上がるのか

きちんと納得しあうことが大切です。

 

メールでのご説明では、

「言葉があるからこそうまく行く」

ご説明を心がけています。

その後、ご報告をいただきました。

 

************

先日、プレゼントさせていただきました。

ご本人にとても喜んでいただきました。

色の組み合わせも素敵で、

名前も入っていてとてもかっこいい!

と感想をいただきました。

 

御社にお願いして、本当によかったです。

いろいろとご相談に乗っていただき、

お心遣いいただいたことに

感謝しております。

************

 

重ねて御礼申し上げます。

 


昨年お作りした手帳カバーの中に

こんな変わったシステム手帳がありました。

見本品のあるものでしたが、

こんなものは見たことがありません。

 

なんでも、20年ほど前 懸賞に当たって

いただいたものだというではありませんか!

 

手帳の中央上部に

懐中時計のような丸い時計が付いています。

ほんとに豪気な時代でした。

 

 

最初に外側から拝見して思ったのは、

これ(時計)をどうやって固定してるか?

ということ。

 

時計には縁があって

それが、ほぼほぼぴたりとはまっていました。

 

こんなものがどうして、

おまけとして、量産品として成立したのか、

当時のモノづくりのすごさを感じました。

 

きっと最初は

クライアントの思い付きから始まって、

泣きながら、何度もダメだしされながら作る

製造会社のことが目に浮かびます。

 

昔は イヤと言わない雰囲気がありましたから

こうしたおまけの品でも

安く、何度もやり直しさせられながら

情熱をもって作ったことでしょう。

でも量産だからできたことと思います。

 

今はある意味

作り手が強い時代とも言えますから、

こんな難しいものは、量産で

もうこの精度で作れないと思います。

巷には同じ形の革製品だけがあふれています。

 

 

 

それはさておき、

そんな稀有なアイテムが、20年も経って、

我々の目に入ることとなったのです。

 

その真のすばらしさを理解し、

こうしてみなさまにお伝えすることで、

このようなものを作る量産技術を

絶やさずキープしていく人が

続いてくれることを願っています。

 

 

時計の秘密は、単純でした。

裏面にポケットがあって、

そこに時計が収まっていました。

 

しかし、しかしですよ、

ぽかんと何もない空間に

バランスを見ながら穴の位置を決め、

そこで丸い時計が固定されるような

絶妙な大きさの穴を開けるって…

みなさまのご想像以上に、高いハードルです。

 

そしてそれが動かないような

きっちりしたサイズのポケットを、

裏面に正しい位置に作る、ことも

もちろんハード。

 

 

丸い時計に四角いプレートが付いていても、

難しいことに変わりありません。

見本品が

こともなげにそれをやっているように見えるのは、

あくまで見た目だけです。

 

この時計にも、びっくり!

なぜなら、このおまけの品のために

丸い時計を四角いプレートに埋め込んでる

のですから。

 

企画者が相当楽しんで、自分の好きなことを

落とし込んだお品だと、

細部を見るとよくわかります。

 

 

こういうお品を拝見しますと、

・欲しいものがある

・それを作るために一生懸命になる

→だから楽しい

という、モノづくりの原点を思い出します。

 

当店のオーダーメイドは、

自分たちの技術をもってして

「みなさまのモノづくり」を実現させる

仕事。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 


モードなイメージの

イタリア製のクロコ型押しでは、

いくつもの魅力的なオーダー品を

お作りしました。

 

本日ご紹介するのも、そんなひと品。

ロックな雰囲気のクライアントから

ご注文いただいた、セカンドバッグです。

 

 

数個の鋲を使って、

ロックな雰囲気をお出ししています。

 

こういう雰囲気にする時、

クロコダイルの斑柄はとても有用です。

もちろんワイルドエレガントにも

転ばすことができますが…

 

後ろ面には外ポケットをお付けしていますが、

そのポケットの斑柄も

ベースのパーツに柄を合わせた

革の取り方をしています。

 

そういう革の取り方をしますと

とても素敵ですが、

けっこうな無駄が出てしまいます。

でも、クライアントのお持ちになっている

イメージには欠かせないもの。

 

 

「革って、布と比べるととても高価ですね。

こうやって実際にパーツを取ってみると

それがよくわかります。」

とは、当店技術者の一人で

布製品を扱ってきた人の言。

 

ちょうどこんな話が出ましたので、

今日は、「見える材料費」

「見えない材料費」について

お書きしようと思います。

 

 

「見える材料費」とは、

ずばりオーダー品に使われている革の量、

そしてその付属品のことです。

 

「見えない材料費」とは、

一枚の革の中で使えない、あるいは

使わない部分のこと。

 

革の販売単位は10㎝x10㎝というもので、

キズがあろうが、伸びる部分であろうが

一枚全部を計って、合計で計算されます。

 

 

使えない革の部分とは、

表面のキズや擦れがはっきりわかる部分、で

使わない部分というのは、

場所によってはヨレて伸びてしまう部分。

 

本物の革のプロなら、

表面から見ても一目で

ヨレてしまう部分を見分けますが、

そこまでいかない場合には、

革の裏から確認して見分けます。

 

実際、量産型の靴の中には、

使っても構わないパーツに

そういう革が使われていることがあります。

 

 

要するに、一枚の革をまるっと全部

製品パーツにすることはできない、

ということ。

 

たまに「デシ何円の革を使っていますか?」

とお尋ねになる人がいますが、

それは何の意味もありません。

 

量産品の場合には

表面をきれいに処理していれば、

一枚の革から

なるべくたくさんのパーツを取るのですから、

 

我々の作るオーダー品とは

まったく違います。

それが、「見えない材料費」です。

 

 

今回のような型押しの革ですと、

キズは気にしなくてよい分

少し多めに革を使うことができます。

 

しかし、きちんとイメージを出すために

パーツそれぞれの斑柄を合わせて行きますと、

結局は同じような歩留まりになります。

 

結果、中途半端な柄が残るわけですが、

当店ではそこも生かしたいと考え、

ウェブショップ

一点ものとしてお出ししています。

 

そういう品々は、一点ものであるだけでなく、

それぞれ

仕様やデザインに合ったものにするよう、

かなり考えられています。

 

そういう観点からご覧いただきましたら、

きっとおもしろく

想像していただけるでしょう。

お休み中、お楽しみいただけましたら幸いです。

 


大晦日にご紹介するのは、

奥様から旦那様へのプレゼント品。

個性的な長財布です。

 

前回のお誕生日には

キーホルダーをお作りしました。

 

お二人でよくお話しをなさる

仲の良いご夫妻の様子は、

新年を

楽しいものに感じさせてくれそうです。

 

 

今回は、前回のキーホルダーが

とても個性的なデザインだったので、

それとお揃いにしましょう、

という趣旨でした。

 

毎年毎年

同じデザインの小物が

増えることを想像しますと、

何とも夢のあるオーダーマラソンです。

 

 

最初の年は

まだご結婚から間もない頃で

初めて迎える旦那様のお誕生日でしたから、

デザインを決めるまで

いろいろな案が出ましたが、

 

今回は、使っているご本人が

「毎日使っててとても良いですし、

このデザインも気に入っていますから…」

と同じデザインにすることを即決。

 

 

今回の長財布は定番を基にし、

コンパクトでいながら

札が40枚ほど入るタイプです。

 

出来上がったばかりの時には

ちょっとふわっとしていますが、

手になじんできますと

ぴたりと薄くなってきます。

 

こんなところも

当店オーダー品のおもしろいところ…

 

既製品にはあまりないですが、

当店でお作りしたお品は

最初嵩張って見えながら、

使えば使うほど

どんどん薄くなります。

 

 

 

それは、革をなるべく潰さないように

最低限の力の加え方で

お作りしているからです。

 

それだから出来立てのほやほやは

ふっくら嵩張っています。

 

こちらのクライアント、

次回お会いする時は

どんなご依頼になるでしょう?

毎回楽しいお話を

ありがとうございます。

 


「このトートバッグが、

サイズといい仕様といい

とにかく自分にぴったりです。

 

でもこれは

布製でチープですから、

革できちんとした感じにしたいです。」

 

 

大きさと、仕様。

今回のテーマはこれだけでなく、

ものが入っていない時には

小さくなってくれること、という

リクエストもあります。

 

布の良いところは

ふにゃふにゃで芯がないため、

ものが入っていない時には

より小さく感じること。

革には

どれくらいが期待できるでしょう?

 

 

革で同じことをしようとすれば、

場合によっては

ふにゃっとさせるために型紙を変えて、

同時に

ある程度の丈夫さも確保したりします。

 

革であっても布であっても、

力のかかる場所や

擦れやすい場所は同じで、

革には

あまり擦れて欲しくないからです。

 

 

今回も作り方を変えました。

その結果

見える大きさは違って感じますが、

容量はほぼ同じです。

 

簡単そうにお書きしてますが、

容量を同じように保つのも

けっこう神経を使う作業です。

 

必要な場合には、ちゃんと計算して

容量を出すこともあります。

 

 

今回使った革は「ルバル」。

手触りよく、最初から柔らかい

「ベア・スキン・レザー」の

柔らか版です。

 

この革の手触りを知ることで、

他の革が使えなくなってしまった

クライアントを何人も知っています。

 

この革の柔らかさは、

ペタンとさせると

下のお写真のようになります。

 

 

「これできちんとしたものを

長く使えます。」

嬉しいです、ありがとうございます。

 

どんどん手で撫でていただき、

そのうちまた、

育ったバッグにお会いできることを

楽しみにしております。

 


いろいろなクライアントが

ご来店くださいます。

 

以前

ハラコの長財布をご注文くださった方の

ブログをご紹介します。

 

 

とてもはっきりとして

きちんとしたご依頼内容に

驚いた覚えがございます。

 

Interviewer-naonao様のブログです。

https://ameblo.jp/interviewer-naonao/entry-12302825211.html

 

出来上がりのお品を

ほんとによく見てくださっています!

また、途中経過をどう感じていただいたかも

お書きくださっていて、

Interviewerのお名前が示す内容です。

 

 

こんな風にご理解いただき、

それを表現していただけるのは

とても嬉しいこと。

ありがとうございます、

これからも頑張ります!

 

今年一年もあと少しで終了。

こうしたステキなクライアントのみなさまと

これをお読みくださっているみなさまに、

心からの感謝を申し上げます。

 


お財布はどこまでシンプルに、

薄く、軽く、となっていくでしょうか?

 

オーダーメイドにも

薄く軽い長財布のご注文は

日を追うごとに増えています。

それにしても

今回のこのシンプルさは、

最高かもしれません。

 

 

お札が折れないくらいの長さにし、

上からは見えないくらいの高さにして、

お作りしました。

 

袋のようにシンプルな札入れですが、

作り方で

楽にある程度たくさん入れられるように

しました。

 

 

こんなシンプルな形であれば、

特に大変でもなければ

作り方の工夫もさしてなさそうだと

思われるかもしれませんが、

 

どんなにシンプルなものであっても、

ベストの使い勝手を目指して

ベストの作り方を

ご提案するのが、当店の方針です。

 

 

中を見やすいように

明るいお色にするご提案などもして、

やっと正式な仕様が決まります。

 

どんなに簡単そうに見えても、

作り方や仕様は、無限にあります。

 

その中から

何が今日のクライアントに必要なのかを

導き出し、

お作りするのが、当店のオーダーメイドです。

 


当店では

たまに外から仕入れして

お売りしている

ファッショングッズがあります。

 

今回はそんな中の1点であった、

ベルトの革の取り換えをしました。

 

 

大き目バックルで華やかなのですが、

お色がいぶしたシルバーで

シックなベルトバックルのお品です。

地味派手というか、

バランスの良いおしゃれなベルトで

 

代官山店の時に

お買い求めいただいたものです。

 

オリジナルは

一番下のお写真のもので、

革を二枚張り合わせただけのものでしたが、

 

 

今回は張り合わせて

さらに縫って、

丈夫な仕上げにしました。

 

ベルトバックルなどは

市販の金具の中には

あまり良いものが無いので、

 

このように

気に入ったものが見つかった時には、

ベルト部分だけ

新しく作ると良いと思います。

 

 

以前使っていた時と同じような

作り方をしましたので、

 

初めてお使いになる時にも

特に違和感を感じることなく、

使っていただくことが出来ます。

 

ベルトはもっとも消耗が激しい

アイテムのひとつなので、

厚い革で作ります。

 

 

「バックルがステキなので

よく使わせていただきましたが、

こうして新しくなると

またどんどん使えますね。」

ありがとうございます!

 

元々ついていたベルトは、

縫ってないことでやはり

持ちは7~8年だったようです。

 

今度は

10年はお使いいただけると思います。

このベルトとともに、

ますますのご活躍をお祈りしております。

 


ネットで検索して、出てきた

当店の定番クラッチバッグをご覧になった

クライアント。

 

「これがいいなあ、と思いました。

ただ、Kindleが

入るサイズであって欲しいです。」

 

 

そこでKindleが入る高さにしました。

 

また、ふたつの部屋があるので、

ファスナーと引手の色を変えました。

そうするとパッと見ただけで、

どちらがどちらか、すぐわかります。

 

それ以上にクライアントは、

このファスナーの色を変えることで、

楽しみを見出してくださいます。

 

 

当店では、

こうした持ち手のあるバッグの場合、

持ち手の長さも

ご注文者に合わせて、毎回変えています。

 

お店にある見本をお持ちいただき、

少し長くしたり

少し短くしたりしています。

 

このフィット感が、

デザインや仕様だけでなく、

スーツで例えると、

仕立て屋の作ったような身体に合った

オーダーメイド品になるわけです。

 

 

キレイに仕上がっていると、

そんなこんなの紆余曲折を経て

出来上がったものに見えないと思いますが、

 

実際には

ざっとしたダミーを作るだけでなく、

技術者もデザイナーも加わった

検討会が、何度何度も行われます。

 

 

そして、実際に入れる

中身を入れてみて、

やっと全体サイズを出すことから

始まります。

 

初めに中身ありきですと、

例えば

どれくらいのファスナーの厚みにするか、

縦横サイズはどれくらいが適当か、

など、たくさんの課題があります。

 

それを

ひとつずつクリアしていきます。

 

 

毎回、初めて作るものばかりですから、

アッと驚くような疑問も生まれます。

 

それでも

技術者たちとデザイナーで話し合えば、

かなり高度な内容の話し合いになり、

ほとんどの問題が解決されます。

 

作ることにも技術は必要ですが、

まずは考え、想像する、ということが

オーダーメイドの製作には

もっとも欠かせない要素です。

 

 

スポーツ選手などが

自分のプレイを

頭の中でリアルに想像するように、

 

製作前に出来上がりや製作過程を

充分に想像して、話し合います。

 

この部分がないと、

一点一点違うものを

ひとりひとりが担当して製作する、

という段階に進めません。

 

 

その話し合いをしても、

製作途中にはいろいろなハードルが

現れてきます。

 

「こんなはずじゃなかった」と

泣きながら何度かやり直すことも、

38年のキャリアをもってしても

まだまだあります。

 

そのようにして、

一点一点のオーダー品が出来上がります。

それはそれは、どれも

使い勝手の良いものにしています。

 

 

人が使うものは、五感に響きます。

 

だから、使い心地が良いものからは

離れられなくなる。

 

オーダーメイドはぜいたく品、と

おっしゃる方もいらっしゃいますが、

当店においでになる方は、

とにかく長く使ってくださいます。

 

毎日使うものを

ストレスのない品々にすることは

思った以上に重要なこと。

 

一度それを体験すると、

ほんとに見えてくる

自分に必要な品々。

 

使うものを通して

快適な生活をしたいと思う方は、

ぜひ一度お尋ねください。

 


ちょっと変わったデザインの長財布と

お揃いの小銭入れをご紹介します。

 

「以前同じものを

作っていただいたんですが、

無くしてしまって…

とても良かったので

またぜひ作ってください。」

 

お作りしたアイテムは、

外ポケットに名刺の入る

あまりないサイズの小銭入れと、

コンパクトで薄い長財布のバーティです。

 

 

二枚目のお写真なら

何かお判りと思いますが、

一枚目のお写真では…?という感じでしょう。

 

それは、どちらのお品にも

クロコダイル、ポロサスの

アクセントを付けているからです。

 

ほんとにたったひとつの変化で

ここまで変わるというのは、

クロコダイルの持つパワーかもしれません。

 

同じ色目の牛革に合わせると

うまいことミスマッチします。

 

また、前回は黒でお作りしましたので、

かなり気分も変わります。

 

 

小銭入れの後ろ面には

名刺が一枚、きっちりと入ります。

 

こういうことが

キレイに何の齟齬もなくできることが、

プロの証。

 

 

先ほど看板を見て入ってきた

革製品を趣味で作って売る男性が、

お店にあるお品を見て、言いました。

 

「やっぱり全然きれいさが違いますね。

こんな風には出来ないなあ…

 

それとこの革は

どこで買ってらっしゃるんですか?」

と、気持ちよさそうに

当店特製の牛革をなでています。

 

 

「技術者には

あまり革に興味のある人はいませんが、

その革が普通のものとは違うと

わかるんですね?」とデザイナー。

 

栃木レザーの中でも

うちだけの特別な革だと説明すると、

「どうりで違うわけですね。」

とのお返事。

 

 

このお財布セットが特別に見えるのは、

クロコダイルの力ももちろんですが、

特別な牛革も、大きく一役買っています。

 

クロコダイルに合わせる素材は、

同じくらいの力強さでないと

アンバランスになり、

とんでもないことになります。

 

クロコダイルやリザードの端革は、

アクセント分くらいは

いつでもご用意ありますので、

ご興味ある方は、お尋ねください。

 


「オーダー例で

紹介されているリュックが、

まさに私の欲しい形です。」

 

当店のマロンバッグや

お財布をお持ちくださっている

クライアントが、

次に的を絞ったのは「リュック」でした。

 

 

余談ですが、

マロンバッグは、バッグ好きな人から

よく褒められると言ってくださり、

ある時、小学生の女の子が

褒めてくれたそうです。

嬉しいことです!

 

革がお好きで

おしゃれがお好きなクライアントの

次の候補となったのは

リュックですが、

 

 

背中側からものを出し入れできる

ファスナーの付いたタイプが

なかなか見つからない、とのこと。

 

外側にファスナーが付いていると

防犯上ご心配、ということで、

長時間歩く時に

水筒も持ち歩ける大きさのものを

ご希望でした。

 

 

さっそく

オリジナルをご注文いただいた

クライアントにご連絡を取って、

「同じデザインで

お作りしても良いでしょうか?」と

お尋ねしました。

 

この方から快いお返事をいただけて、

製作へと進みます。

それぞれのクライアントとの

結びつきに、感謝申し上げます。

 

 

このたびのリュックは

アウトドアでお使いになるご様子なので、

ワックス掛けをお薦めしました。

 

今まで何人ものクライアントが

ワックス掛けの革を使ってくださいましたが、

 

効果を知っている私どもからしても、

どれも驚くほど

お手入れ無しできれいに育っています。

 

そういう例は、

後ほどご紹介しなくてはなりませんね…

 

 

こちらのクライアントは

遠方にお住まいなので、

メールでやり取りをしました。

 

中に何を入れるか、

特別に分けて入れたいものは何か…等

このクライアントの

「便利」と「らくちん」、

それから「美しさ」を目指して

聞き取りを続けていきます。

 

 

体格を伺い、サイズを確認し、

どんな服装が多いかを伺って、

お薦めするお色の候補を挙げます。

 

ここがどのクライアントにとっても

もっとも楽しいところ!

 

当店は、この世に存在しないお品を

お売りしているわけですが、

そんなことは

コミュニケーションがしっかりと補います。

 

 

「他人が理解できるように説明すること」

「お互い同じ理解でいることを目指すこと」

このふたつの要素は、

面と向かって話し合っていても

時に難しく、

しばしば行き違いが起こります。

 

オーダーメイドでは

この二点を完ぺきに近いほど行い、

さらに感覚的なイメージまでも

すり合わせていきます。

 

それと同じことを、

メールのやり取りだけで

文章で行うことは、

顔をつき合わせて話すより

難しいことかもしれません。

 

 

当店では、クライアントのみなさまは

それぞれ、

プロのデザイナーと技術者を

自分のためだけに持っていただけます。

 

自分の感覚を理解してもらい、

バッグや財布の

出来上がり雰囲気を

うまく出してもらうためには

この分業は、必要なことです。

 

 

技術やデザインを

客観的な目で見て、

必要な作業に落とし込んでいく…

 

ここまでの作業がないと、

モノ作りは

前に進むことが出来ません。

 

以下に、お届けした際にいただいた

クライアントからのメールをご紹介します。

 

 

************

リュック、届きました。

ちょうど水筒を

中身入りで持っていたので

入れてみました。

 

今、普通に使っているカバンだと

水筒のホルダーがないので

倒れたりしますが、

ホルダーに入れると安心ですね。

 

たてのファスナー部分には

ジーヴズとキーホルダーのジーヴズが

ぴったり入ります。

 

 

思ったより荷物も入りそうで

安心です。

背負ってみたら軽くて楽ですね。

すごく気に入りました。

旅行にも連れて行けそうです。

 

また、使ってみての

感想も送りたいと思います。

今回も注文してよかったです。

ありがとうございました。

************

 

今頃

お役に立っていることと思います。

ありがとうございました。

 


「この間ね、

ユーズドだったんだけど、

個人店で

すごくすてきなH社のバッグを見たの。

そのイメージで

作って欲しいんですけど…」

 

イメージをお話しいただき、

それとは色を変えて

お作りしたのが、このバーキンタイプ。

個性的です!

 

 

今ではH社ではオーダーもままならぬ

ということらしいですが、

驚くほど高価にもなったとのこと。

 

リーズナブルに

たくさん出回っていた時期が

懐かしく思い出されます。

 

2000~2004年くらいに、

この形で作って欲しいというご依頼が

当店にもたくさんありました。

 

 

今回、大きさは

オリジナルに準じましたので、

かなり厚みのあるバッグとなりました。

 

当店の革でお作りしますと、

軽く、しなやかに出来上がります。

裏地も革ですから、

独特の雰囲気も出ます。

使っていくと、もっと素敵になります。

 

ワイルドエレガントなクライアントは、

カッコよくお持ちくださる雰囲気です!

 

 

金具は金具やさんで調達しますが、

この金具にも

いろいろな変化の波があります。

 

止めてしまう金具やさんも多く、

その他ですと

売れ筋金具は残りますが、

製作に手間のかかる金具は

どんどん減っているかもしれません。

 

 

例えばメンズのダレスバッグなんかは、

昔は尺1…尺4といったように

cm単位では作られていませんでした。

今は5㎝単位でぱっと作られています。

 

そのころの金具はしっかりしているうえ

うつくしい仕上がりで、

革を巻くのも楽しかった覚えがあります。

 

さて、今回の金具の変化は、

フタとオビ先に付ける一連のセットに

違いが出ました。

 

 

以前でしたら

金具を付けることに技術の必要な

釘式の留め具でしたが、

 

いま入手できるのは、

誰でも簡易に製作できる、ネジ留め式。

 

もちろんこの方が

金具自体の製作も容易です。

 

 

そんな中で、

70代後半の社長が高級で素敵な金具を

作っている会社があります。

そことのお取引が、

こうしたお品をさらに

グレードアップさせてくれます。

 

そこの金具であれば、

しっかりしたメッキで

高級に仕上がっています。

 

革の製造も危機に瀕していますが、

金具製造もしかり…

 

ものを買う人にも

きちんとした良いものを見分ける目が、

確実に育って欲しいと思います。

*このキャプションは、

このお品とは関係ございません。

 


このバインダー式バッグができるまで

いったいどれくらいの時間が

かかったことでしょう…

 

クライアントにご納得いただけるよう

相談に相談を重ね、

ダミーバッグを2個お作りし、

ふたつとも一定期間使っていただいてから

どういう全体像にするかを

決めていただきました。

 

 

こうしたオーダーの進め方は、

当店ではかなり特殊です。

 

普段はまず

30分ほどでお見積もりをお出しし、

そこからご注文へ進んでいただける場合

細かい打ち合わせに入っていきます。

 

余談ですが、

そういうご相談方法なので、

お見積もりを知りたい方は

メールやご来店で

ご自分の欲しいものをご説明ください。

 

 

話を戻しますと

今回のクライアントは、

まずお持ちになる中身が

いろいろな絡みではっきりせず、

何をどう持つか、が出るまでも

お時間がかかった次第です。

 

これは、お仕事で使う資料を

一括してお持ちになるためのバッグです。

 

最初は、それぞれの持ち物を入れる

ポケット等もたくさんある予定でした。

 

 

当初の案では

PCと資料を左右に入れ込み、

かなり大きく、重くなる予定でした。

 

それを片手で持ったまま

お客様に説明する、ということでしたので、

すぐにデザイナーは反対しました。

 

身体に負担のかかるものや

手順のまとまらない使い方に対しては、

とくに一家言のあるデザイナーです。

 

 

それでも

「でも、それだけ持たないと

仕事にならないんです。

これでもずっと減らしています。」

というお返事でしたので、

 

「それでは

まずダミーをお作りしますから、

それを使ってみて、

ほんとうにご自分が

使えるかどうかを試してください。」

というご提案をしました。

 

こうした場合、

当初のご希望も考慮しながら、

使っていただくための

簡略ダミー製作の費用も含めた

お見積もりをお出しします。

 

 

そうすることによって、

それが使い勝手の悪いものであると

わかった場合には、

 

本製作の前に

変更することが出来るからです。

 

私たちは ご希望があれば、

理屈に合っている形である限り

どんな形でも完ぺきにお作りします。

 

しかし、そうしてお作りしたものが

クライアントの使い勝手に合わない、

という事故が、いつでも起き得ると

思っています。

 

それは、

どこにもないものを

お作りするオーダーメイドだから。

 

 

だからこそ私たちは、

「相談」こそを最重視します。

 

「何を目的に

ご相談においでになったか」

 

ひとりで考えていると

どんどん迷路にはまり込みます。

そんな時はどうぞ頼ってください。

 

今回のクライアントは、

こちらのコンサルティングに対して

辛抱強く、熱心に

ご自分の欲しいものを

最後まで追求してくださいました。

 

その結果が、このシンプルさ。

 

でも実は、シンプルに見えて

場によって持ち物を変えられる

驚くべきギミックが施されています。

説明するとややこしくなるので、

そこは割愛させていただきます。

 

伴走していて、

違う世界の工夫も取り入れてくださり、

楽しく勉強になる

大変な一件となりました。

ありがとうございました。

 


本のページのようにめくると、

この二つ折り財布には、

カード入れを付けた

頁のような一枚パーツが出てくる、

それが今回のオーダー財布です。

 

 

お財布といえば、

「カード入れをどうする?」

が、一番の課題。

 

私たちは

たくさんのカードに囲まれて

生活していますから、

 

どのカードをどれだけ、

いつ持ち歩くか、が

誰にとっても大きな問題です。

 

 

こういったお財布は

過去にはたくさん作られていましたが、

今ではやはり

ほとんど見ることがなくなりました。

 

さて、お財布というアイテムに

カード入れを付けることが可能な面は、

二つ折りであれば、内側の二面が

普通に考えられます。

 

 

そこをどう使うかが勝負ですが、

今回のお財布のように

窓を付けた名刺入れ部分を付けると、

カード入れとして使える

スペース的は、

またまた減ってしまいます。

 

 

というわけで

(実際には、

というわけで、ではありませんが)、

 

スペースが足りない時、

こんな足らせ方があります。

 

何かを入れなくてはならない、

しかも

使えるスペース以上に

使わなくてはならないことは、

フルオーダーの世界では

日常茶飯に依頼されます。

 

 

そんなこんなをしても、

出来上がってみれば、

畳んだところはこんなにスマート。

 

足りないスペースを捻り出し、

なおかつ可能な限り薄くお作りする…

しかも、見た目ステキに!

 

当店オーダーメイドの仕事は、

こんな仕事です。

 


15年ほどお使いただいている

長財布をお持ちくださった

クライアント。

 

カード入れの方は

そこまでお時間経っていませんが、

12~3年は使っていただいています。

 

 

薄く、コンパクトな

長札入れとカード入れのセットは、

 

背広のポケットに入れても、

型崩れすることなく

お持ちいただくことが出来ます。

 

 

ブラックとワインの組み合わせですが、

中に入れるものを絞って

うつくしく使ってくださっています。

 

ここまで絞れるというのは、

生活もシンプルになさっているのだと

お見受けします。

 

 

カード入れの

カードの出ている寸法も

ご指定いただき、

 

ゆったりとしていますから、

取り出しやすさも

バツグンに良いと想像できます。

 

そして、変わっているのは長札入れ。

長財布とは敢えて表現しません。

 

紙の封筒のような形を

革でお作りしたものです。

ただし、L字に開くようにして

こちらも取り出しやすくしています。

 

 

こんな組み合わせもご紹介すると、

アッと思われる方も

おいでかと存じます。

 

いろいろと想像の翼を広げて

オーダーに臨んでいただきますと、

課程までも

愉しんでいただけます!

 

こうして久々にお寄りくださる

クライアントに感謝申し上げます。

 


コニャック色のコードバンを使った

この手帳カバーは、

なかなか迫力ある逸品となりました。

 

20年ほど前、代官山店で

カバーを頼んでくださったクライアントが

「そろそろ新しいものを、」と

ご注文くださったお品です。

 

 

正しく作られたコードバンは、

タンニン鞣しで水染めなので

水が当たると、シミになります。

だからこそ、経年変化をします。

 

でも小物であれば、ほとんど

雨に濡れる心配もありませんから、

こうしてふんだんに使うことが出来ます。

 

そして、びっくりするような

経年変化を迎えることが出来ます。

大切なことは、

とにかくすりすりと撫でてあげること。

 

 

この職業をしておりますと、

よく尋ねられる質問が、

「どんな革が最も良い革なのでしょう?」

ということ。

 

私どもが「良い革」と申し上げる定義は、

私どもの価値基準でお選びしているもので、

・経年変化があるもの

・経年変化はなくても、

しっかりしていて、長持ちする素材

の2点がポイントになっております。

 

 

でも、お選びになる革の色によっては、

どうしても

あまり長持ちしない革もあります。

 

これは革の作り方によるもので、

無理をしないと出ない色が

あるからです。

 

お客様はいろいろなご希望を

革に対しておっしゃりますが、

 

雨が滲みになりづらい革ほど

経年変化はしませんし、

その反対で、

雨が滲みになりやすい革は

経年変化が楽しめます。

 

 

すべてのご希望を

叶えられる素材はありませんから、

 

どんな要素を一番に希望するか、で

その方にとっての「良い革」が

決まります。

 

ですから私どもは、

あなたが何を革に望んでいらっしゃるかで

お勧めする革を変えています。

 


「このバッグをよく使うんですが、

一瞬だけ手に下げたい場合が多くて…

 

この見本バッグと同じ仕様で

大きさを変えて、

持ち手を

一本だけ付けてもらえませんか?」

 

 

変わったご要望です。

中身はかなり入りますので、

一本だけの持ち手でいいのか

確認したところ、

 

「ほんとに一瞬

両手を使いたいことが多くて、

まあとにかくやってみましょう!

 

誰もやってないことでしょうから、

もしダメだったらダメとして

また考えましょう。」

との頼もしいお返事。

 

 

よくお頼みくださる

クライアントですが、

関西からおいでくださるので

この日はお時間がなく、

ざっとした採寸をした後

変更点をファックスでお送りしました。

その間たったの20分。

 

「いつも(相談時間が)

早くて助かります。」

いえいえ、ありがとうございます。

 

 

どこにもない

新しい試みをする時、

当店ではまず、

 

頭の中で 綿密な

シミュレーションをします。

 

それが問題なさそうだったら

お受けしますが、

その段階でアウトならば

その理由をお話して

諦めていただきます。

 

 

ただ、当店においでになる方の

リクエストはとても複雑で、

最近では

 

なかなかすぐに

できるかできないか、あるいは

問題ない使い勝手になるかどうかを

お返事できないことが増えてきました。

 

 

これは

当店の技術の幅がさらに広くなり、

相談技術も

さらに綿密になってきたために、

「なるべくご希望をかなえたい。」

という気持ちも手伝って、

 

驚くような内容も

表現できるようになった、ということが

大きくかかわっています。

 

 

絵を描く人が

技術を研鑽し、

自分だけの絵を追及しているうちに、

ある画風に到達した、

という表現をすれば

ご理解いただきやすいかと存じます。

 

 

そうした理由から、

作り上げたものは

絵と同じく作品のようなものですが、

当店では

革製品を作品とは呼びません。

 

それは

「鑑賞するだけのもの」

ではないからです。

 

好き嫌いや解釈するものではなく、

もっとずっと複雑な、

実際的な内容を孕んでいます。

 

中身が入り、重さがかかり、

長距離 持ち運ばれ、

 

TPOにも

合わせなくてはならないからです。

 

革製品のオーダーメイドを実践するには、

多少飛躍した想像力と構築力、

それから

実際的な論理的思考力も必要とされます。

 


オーダーくださるだけあって、

見本のお財布は

凝った形でした。

 

何度も申しますが、

昔はひとつのアイテムにつき、

ほんとにたくさんの種類が

出回っていました。

 

 

財布の大きさというのは、

何をどう入れるかで

必然的に決まってきます。

 

でもレイアウトは無限。

 

 

たくさんあるからこそ

その中から何を選ぶか考えるのは、

楽しいことだった気がします。

 

今は同じような形のものしか

見ることが出来なくなった気がします。

 

 

このたっぷりと入るお財布には

どんなものをお入れになるでしょう?

 

大切な人の写真や定期なども入りますし、

小銭入れの裏面にも

ある程度の量が入るポケットがあります。

 

全体に高さのあるサイズなので、

ゆとりを持って

中身を入れることが出来ます。

 

 

こういう「ゆとり」の取り方の好みは

人によって違っています。

 

オーダーする方の中には

「とにかくなるべく小さくしてください。」

という方も少なくないかと思えば、

 

これくらいのゆとりがあるほうが良い、

という方もおいでです。

 

 

出来上がったばかりの

新品の革製品は

ふわっとして、大きめに見えますが、

使っていくことで

どんどんぺちゃんこに

小さくなっていきます。

 

使っていくと徐々に小さくなりますから

(場合によっては

キャパ以上にモノを入れることで

タテxヨコ寸法が小さくなることも…)、

 

そうなってきた時に初めて、

ああ、自分の一部になったんだなと

実感します。

 

 

頼もしい自分の分身、

とでも言いましょうか、

 

必要な機能を持っている、

というだけでなく、

一緒にいると安心するモノづくりを

当店は目指しています。

 


「オーダー例に載っているのと同じ、

100万円入るお財布が欲しいです。」

若い女性からお電話をいただきました。

 

お話を伺いますと、

お父様のお誕生日記念に

プレゼントしたい、とのこと。

節目のお誕生日です。

 

 

お教えいただいたページを見ますと、

別々のクライアントから

何度かご注文をいただいたことのある

二つ折り財布。

 

ここで初めて、

「二つ折り財布に

100万円を入れる人は

世の中に少なくない」ことに

あらためて注目し、

すばらしいことだと思いました。

うらやましいことです。

 

 

しかも今回は、

風水的に(かどうかはお尋ねしてません)

縁起の良い黄色。

 

新札100枚を入れて、

折り癖を付ける時の

ああ~、という感覚に

初めて想像が至り、

 

ご注文品として製作する時の

クールな感じとは

まったく違う、リアル感を感じました。

 

 

デザイナーは普段、

「コンサルティングする時、

私のはイタコ式」と言っています。

 

それは、自分が注文者になって、

注文品を使う時を

リアルに思い描くのだそうです。

 

使い勝手だけではなく、

ご注文者のある程度の好みや性格を

反映させているとのこと。

 

どおりで、

一件のコンサルティングが終わった後、

顔が疲れているわけです(笑)。

 

 

この表情を見ると、

人からの注文に

ここまで真剣になってくれる人は

なかなかいないだろうな、

といつも思います。

 

何年後、あるいは十何年後

(20年後のこともあります)

においでになるお客様とも、

だからいつも旧知の友人のように

会うことが出来るのだと思います。

 


プレゼント品としての

ご注文をするために、

差しあげる相手の方も

お連れくださったクライアント。

 

こういったことは

たまにあります。

「オーダーだったら

直接話してもらうのが良いと思って。」

はい、それがベストです。

ありがとうございます!

 

 

ただ、相手の方が遠方においでとか、

なかなかご都合がつかない、

あるいは「ナイショ」という場合には

ご相談方法をお教えしますから、

そういう場合にも

お声かけしてみてください。

 

 

そういうわけでお作りしたのが、

この変わったサイズのファスナー財布。

真ん中の仕切りには小銭を入れますが、

特に留めが無くても大丈夫とのことで、

何もお付けしておりません。

 

こういう情報があるのは、

見本を拝見しながら

聞き取りをすることが出来たからです。

とても助かります。

 

 

 

上の2枚のお写真のように、

サイズがきれいに収まるかどうか、

当店では必ず確認してから

本製作に入ります。

だからちゃんと使うことが出来る。

 

紙に書くことが出来ても、

見本を見てサイズを確認していても、

 

同じ素材のお品でなければ

中身が入らない、等の

恐ろしい結末を

避けられない場合がままありますから、

これをやることで

納期も品質も守れます。

 

 

またぜんぜん別の観点で、

クライアントの方々には

プレゼントする相手の方を

安心してお連れいただくことが出来ます。

 

それは、

相手の方にお値段がわからないよう

お知らせすること。

 

事前にその旨お伝えくださらなくとも、

必要があればお尋ねしますから、

安心してご一緒ください。

でもご一報いただけるのは、

とても助かります。

 

 

そんなこんなで

出来上がるものは、

相手の方が欲しいと思っている

そのままのもの。

 

メールのやり取りでも

うるさいなあ、と思われるほど

細かな点までお尋ねします。

 

もし何かご相談があったら

いつでもどうぞ。

 


当店でご注文くださる方の中で

こだわりのある部分は、

大きく分けると

・仕様とデザイン

・革の色と糸の色

の2種となります。

 

 

圧倒的に先の

仕様とデザインにこだわる方が多いのですが、

色にこだわりのある方は

つねに一定数いらっしゃいます。

 

どうしても

こんな色の革で欲しい!

 

本日のシステム手帳は、まさにそれ!

「黄色でお願いしたいんです。」

 

ただ助かったのは、

「こういう黄色がいい」というように

絶対この色でなければ、という

そこまでの厳しいこだわりではなかったこと。

 

もしそういう狭い範囲での色選びであれば

なかなか見つけることができない、

というのが正確なお返事となります。

 

 

革に対してきれいなお色で染めるのには、

必ず顔料で染めることになります。

そして、きれいな色を出すために、

下地を

きれいな白色に整える必要があります。

 

そうして初めてクリアな

はっきりしたお色が出るわけです。

 

良いとか悪いということでなく、

そうしないと

クリアできれいなお色は染められない、

ということ。

 

 

したがって

下地を整える場面があるとどうしても、

革の毛穴はふさぐことになります。

 

それはどういうことかと言うと、

革に含ませた脂が表面には出ない

→革のツヤが変わらない、

ということです。

 

この一点が

経年変化のある革と

経年変化しない革との分かれ目です。

 

 

どんな色を望むかで

革の経年変化は変わっていきます。

 

そして、どうしても

褪色しやすい色、というのがあって、

それは

どんなにお金を出しても

どんなに探しても

変えられない場合が多いと

思っていただく方がよろしいかもしれません。

 

そんなことも考えたうえで

ご自分がどんな革を選ぶのか、

ご注文段階でお話いただければ

よろしいかと思います。