イタリアの最新革でお作りした

「アルルカン」という

レディスショルダーバッグの形を、

「ブラックで作ってシンプルに持ちたい」

というリクエストをいただきました。

 

じつはアルルカンは、

人気定番のギンコ

さらに変形させたイメージのバッグ。

 

 

大きさはほぼ同じですが、

入る荷物量がだいぶ増えます。

 

またバッグの口が

ファスナーで閉まりますので、

A4サイズを入れる時以外は

中が見えることがありません。

 

 

このバッグを

ご注文くださったクライアントは

小さいお子様がおいでなので、

これから必要になる

学校や父兄会への持ち物の準備を

始められた、ということです。

 

ブランド品ではなく、

上品で、しかも実際に容量のある

このコンパクトなアルルカンが

クライアントのお目に留まりました。

 

 

床においても

ぺったり地面につくことはなく、

持ち手も折れるので

少ないスペースにしまうこともできます。

 

あらゆる点で

このバッグの使い勝手の良さを

認めてくださったクライアント。

 

長いお付き合いの中で、

目的を持ってお買い物をすることを

きちんとしてくださいます。

 

 

持ち物はまず、TPOありき。

普段の生活は

どんどんカジュアル化していますが、

そんな中でも

きちんとしなくてはいけない場面が

あります。

 

ただ靴とバッグに関しては、

カジュアルな格好をしていても、

上質なものを履いたり持ったりすることで、

装いのグレードをアップさせることが

できる稀有なアイテム。

 

 

お子様のセレモニーに使わなくなっても、

カッコよく経年変化したバッグなら

ずっとずっと長く持てます。

 

それが軽いお品であれば、

なおさら長く使うことができます。

賢い選択をしてくださったクライアントには

脱帽ですし、感謝感謝です。

 

バッグが成長していくとともに

お子様の成長を

より感じていただけることでしょう。

お楽しみいただければ幸いです。

 

このお品は

10周年記念として、定番化いたします。


とても素敵なクライアントが

いらっしゃいます。

 

 

 

「このバッグもそうですが、

中身はほとんど

オーソドキシーさんの革製品で

いっぱいになりました。」

嬉しそうな

キラキラした笑顔を拝見できるのは、

長いお付き合いをくださっている

女性クライアント。

 

 

こうして中身をお出しいただきますと、

ほんとに当店のお品ばかり。

 

長いお付き合いの中で、

ご自分のものの使い方と

真剣に対峙してくださった

クライアントの存在を、

大きく感じます。

ありがたく存じます。

 

 

ひとつひとつの製作物に

あの時はこんなやり取りがありましたよね、

とか、いろいろ考えましたが

この形にしてよかったです、

と いったやり取りを

後からできることも、とても楽しいこと。

 

 

ご自分を観察して

どんなものを持ちたいのか、

きちんとお考え下さったもの達ですから、

それはそれは大事にしてくださいます。

 

それがひと目でわかるのが

「革のテリ」です。

 

 

リザード長財布はキラキラしておりますし、

内側のベージュの牛革は

しっとりと内側からの光沢を湛えています。

 

こんなにきれいなベージュにするには、

全体をよく、手でなでてあげることが

一番です。すばらしいテリです。

 

 

ナチュラルスネークのジーヴズもまた

すっかり鱗が落ち着いて、

ぴかぴかになっています。

 

スネークこそ

鱗を落ち着かせるために、

とにかく手でなでることを

必要とされます。

ここまできれいになると、

新品には

魅力を感じなくなってしまうかも

しれませんね。

 

 

革は、使っていくと

それぞれの味が出てきます。

 

それには

ここにアップしているような、

「タンニン鞣し&水染めの革である」

という条件が必要です。

 

どんな革でも

同じように経年変化するわけでは

ありません。

これは、基本中の基本。

 

年経るほど良くなる革が欲しい方は、

ぜひ一度、当店の牛革を

毎日お持ちになってみてください!

違いがはっきり分かります。

 

あ、肝心のバッグのお写真を

アップで取り損ねてしまいました…

次回、ぜひお願い申し上げます。

いつもありがとうございます。

 


スマホを

腰につけて持ち運びたい方も

少なくありません。

 

本日ご紹介するのは、

そうしたタイプの中で

一番シンプルなスマホケース。

 

 

持ち物を腰につけることが

このクライアントの

もっとも安心できる持ち運び方法です。

 

ですから

なるべくかさばらず、

汎用性のあるケースをお望みでした。

 

 

これから愛用なさるおつもりの

ハワイでお求めになった

5センチ近い幅のベルトに合うよう、

ベルトループをお作りしています。

 

このように

「これをこのように持ちたい」と

お話しいただくことで、

それが現実になるのが

当店のフルオーダーメイド。

 

 

これこれこういうサイズの持ち物を

このように入れるから、

何センチx何センチのサイズにして

作って欲しい、というような

ご面倒な指定は必要ありません。

 

あくまでシンプルに、

このサイズのものを入れるので

それに見合ったサイズにしてください、とか

こんな形がおぼろに浮かんでいるのですが、

とかでも、全く構いません。

 

当店のプロフェッショナル達を、

うまく使ってください。

 

 

 

 

 

 


お世話になった方へのプレゼントとして、

こんな気持ちのこもったものを

お贈りする方もいらっしゃいます。

 

ご自分で革を仕入れにお出かけになり、

その方に合うような革を選んで

お持ち込みなさいました。

 

こんな素敵なご依頼をありがとうございます。

 

 

おそらくあまりメジャーではない革と

思いますが、

さて、この革は何の革でしょう?

 

答えはオーストリッチの革、です。

しかしよく見かける粒々ののものでは

ありません。

 

長い脚の部分の革です、

オーストレッグ、と呼ばれています。

 

お持ち込みいただいた革は小さめで、

ぎりぎり長財布が取れるかどうか。

ひじょうに微妙です。

 

 

 

「これで長財布は作れるでしょうか?」

「ちょっとお待ちください…」

ということで、その場ですぐに検討しました。

 

アトリエが隣接されていると、

こうした作業もすぐにできて

すぐにお返事することができます。

 

メイド・イン・銀座には

そんな意味も込められています。

 

さて、ここまでぎりぎりサイズですと

なかなかの難物です。

なるべく気にならないところで

革を継ぎたいのではありますが。

 

 

ほんとにぎりぎりで

製作することができることがわかり、

ご依頼をいただけば、

あとは実際に作るばかり。

 

ちなみに、このオーストレッグという革、

凸凹の大きなものが、革として良いと

言われています。

何かを見る時、

そんなことに注目してみてください。

 

 

内側はきれいに軽く、

しかも丈夫な、当店牛革を使っています。

 

当店特製牛革は、使っていっても

最高に馴染みの良い、

手触りの良い革ですが、

軽く、しっかりしている、

という特長もあります。

 

何よりすばらしいのは、

「加工しやすい魔法のような革」ということ。

 

この37年間に様々な革を使っていますが、

これほどデリケートな加工ができる牛革には

他に、お目にかかったことはありません。

 

この素材があって、

当店のデリケートな製作方法が

フルに生かされます。

すばらしい革に乾杯!

㈱栃木レザーさん、ありがとうございます。

 


お気に入りの見本バッグを

お持ちくださったクライアント。

 

いろいろ聞き取りをしてみると、

特にご不満はないご様子です。

それでは…と

ほぼ見本通りにお作りした

メンズバッグをご紹介します。

 

 

持ち手の長さや太さ、

外ポケットの深さに至るまで

ほぼ元の形を踏襲しています。

 

日頃「使いやすい」と思っているものを

上質な革でお作りすると、

やはり今お持ちの市販品とは

まったく違った趣が出ます。

 

 

お時間が経ってきますと、

新品の今よりも

ずっとずっと革の輝きが増し、

美しい照りが出てきますから、

ますます手放せないものに

なることでしょう。

 

 

当店の革は

㈱栃木レザーさんで作ってもらっている

特別品質の素材です。

 

すっぴんのお肌のまま

水染めをするという製法だからからこそ、

手でなでたりすることでどんどん馴染み、

ほどよく柔らかくなって

革の内側から出る光沢が増していきます。

 

 

㈱栃木レザーの当店の革を使っていると、

市販品の革を見るだけで

「あれ、なんだか違う?」と

お感じになる方は多いようです。

 

以前、デパートで開催されていた

栃木レザーフェアーにおいでになった方が

帰りに当店にお立ち寄りくださいました。

そして、

「あのう…こちらで使ってらっしゃるのは

栃木レザーの革でしたよね?」

と確認なさるのです。

 

 

このお客さまは、

当店で作ったお財布をお持ちなのですが、

オーダーでなければ

もう少し安価に入手できるのではないかと、

フェアにお出かけになったそうです。

 

でも、何か自分の持っている革と違う。

それで、またお訪ねくださったのです。

 

当店の素材は、「特製牛革」と

つねづね申し上げているのですが、

それを実感していただくためには

毎日お使いいただくことしかありません。

 

そうしたことをデリケートに

感じ取ってくださるクライアントの

再訪を、ありがたく思いました。


とても良く出来上がった

オーストリッチ製の長財布をご紹介します。

 

「粒のはっきりした良い革を使って

作ってください。」とのご依頼で、

しばらく革をお探ししました。

 

けれど残念なことに、

このお品はあまり喜んでいただくことが

できませんでした。

 

それには理由があります。

 

 

仕様も使い勝手も完ぺきにできたと

自負しておりますが、

それがクライアントには

まったく伝わらなかったのです。

 

こうしたことはかなり珍しいので、

なぜ伝わらなかったかをお書きすることで、

このクライアントと

同じ傾向のある方には

当店でのオーダーメイドは

おやめいただく方が良いことを、

お伝えしたいと思います。

 

 

こちらのクライアントからのご希望は、

とにかく革が良いこと、でした。

オーストリッチですので、

はっきりした斑柄にしてください、と。

 

オーストリッチに関しては、

良い革=高価=斑柄の大きいもの

ということではありません。

 

素材である革を売る方からしてみると

何をもって良い革とするかと言いますと、

ズバリそれは、

一枚の革の中に

傷や擦れや瑕疵が少ない革、を指しています。

 

つまり、一枚の革から

どれだけたくさんの製品ができるか、

という歩留まりの良いものが高価、

ということになるわけです。

それがお値段の目安になります。

 

それは、もし量産品を作る会社であれば、

仕入れして使う側からしても

ありがたいことではあります。

 

でも当店は、

高価だろうが安価だろうが、

必要なパーツが

もっとも良い感じで採れる革を選んで来ます。

それは、

その1枚から一点しか作らないから、です。

ですから、

製作するお品のサイズに見合っている

斑柄の大きさや散らばり方が、

もっとも重要な要素になります。

 

 

そして、加工のしやすさ

使い勝手の良さや保ちを考え、

内側に使う革は

ほとんど牛革にしています。

 

それは事前にクライアントにお話しし、

今回もその内容でご注文いただいたのですが、

お引き取り時に

「ネットを見ていたら、

他社製品で、内側もすべて

オーストリッチを使っているのを

見つけました。

そういう品に比べると

こちらのお値段は高いのではありませんか?」

と、出来上がったお品をご覧になる前に

こんなことを言われました。

 

 

事前にお話した内容に沿っていますし、

出来上がり品は

外からではわからないのですが、

クライアントからのご希望であった

難しい細工の部分もうまく処理したので、

とても自然に納めることができました。

 

お写真からは、

どこが製作に苦心した場所かは

まったくわからないと思います。

 

しかも出来上がり品の仕様を

確かめていただく前に言われたので、

驚いてしまいました。

 

 

最初の段階でご了解いただいたことに対し

このように言われるのであれば、

どんな決め事をしても

それに意味はありません。

 

この方は、革に興味あっても、

作ることに対しては

まったく興味がないご様子。

 

誰がどうやっても

こういう風に作れることが

当たり前だから、

革が一番高価で大切、と

思ってらっしゃるようです。

 

このように

ご自分の考えるオーダー基準があって

(たとえそれが後付けの知識からであっても)、

それが当店の考え方と違う方には、

当然ですが、それに合っていない

オーダーメイド店でのオーダーは不向きと思います。

 

それともうひとつ

ぜんぜん別の話になりますが、

どうしてもこの色の革でなくては!

というご希望をいただく場合には、

その課題をクリアできる可能性は

かなり少ないとお思いください。

 

 

私どもでは ご要望を伺った時点で、

できないことはできない、ないものはない、

とご説明しますし、

可能な選択肢が

クライアントの意にそぐわないのであれば、

ご注文することを

再度お考えいただくこともお勧めしています。

 

お互いの時間を大切にするために

そういう内容ははっきり申し上げます。

 

 

とは言いつつ、このお品

ご希望通りで使いやすいので

きっと今頃使ってくださっていると思います。

オーダーメイドだから使いやすいのは当然、と

思っていらっしゃるかもしれません。

 

でももしかすると

ずっと同じ考えが変わらず、

こんなもの、と思っているかもしれません。

 

思い込みの色眼鏡で見ず、

自分にとって使いやすくできたかどうか、

軽いかどうかをご判断していただけると

嬉しいのですが…

初めてのことで

ちょっと驚いてしまった出来事を

お話しました。


ご職業も変わってらっしゃいますが、

いつも斬新なアイデアを

お持ちくださるクライアントが

いらっしゃいます。

 

その人の発想の方向を作るのに

職業は大きく関係するのではないかと、

いろいろな方にお目にかかると

感じます。

 

 

お写真は

何の変哲もないファスナーケースですが、

名刺入れです。

 

どういう意図でご注文いただいたかというと、

とにかくたくさんの名刺をお渡しし、

お受け取りになる方なので、

1.文字通りたくさん入ること

2.中でごちゃごちゃにならないこと

3.お手持ちの小物のサイズと一緒になること

4.ご自分の美意識にあっていること

というご希望です。

 

 

このクライアントとは長いお付き合いを

させていただいておりますが、

建築を勉強なさったことから

ほんの少しのラインの狂いも

ぱっと見極められる方なので、

丸いラインに

直線で対応しなければならない場所など

特に気を付けてお作りしています。

 

 

「世の中にないものを作るんだから、

使ってみないとどう出るか

わからないところがあるのは

仕方ないよね。

 

もしダメだったら

修正掛ければいいんだから!

ちゃんと相談が済んだら

とにかくあとは作ってもらって、

楽しみにしています。」

 

ありがとうございます。


最近たまにあるご注文です。

スマホのシェルカバーの裏に

ピッと張り付けて、

Suicaなどのカードを使いたい

というご依頼。

 

 

「貼り付ける作業」は、

もともとあるバッグのワンジャンルです。

そして、私どもでは

このジャンルの仕事は請け負っておりませんが、

こうした一面のシンプルなものであれば

縫いと混ぜて

製作することができます。

 

 

さまざまなジャンルのお仕事を

いただきますが、

貼るだけの仕事であれば、

こんなタイプのご依頼は

お受けできます。


愛らしいワンポイントをお付けした

長財布とシステム手帳のセットを

ご紹介します。

 

アップルグリーンのクローバーは

目にも鮮やかです。

 

 

小物のこうしたセットは

オーダーであつらえた感が

一層して、楽しいものです。

 

システム手帳のご相談をいただき、

その後、定番長財布を

ご注文いただきましたので、

同時期にお作りしました。

 

 

このように同じモチーフの飾りや

名前入れが揃うと、

特別感は増します。

 

今回のクローバー模様には

抜き型を使いましたが、

そういった手助けがあっても、

同じようにお作りするには

同時に進めることが最良です。

 

 

模様入れは、アイテムの大きさによって

少し違う感じにもなるほど、

出来上がりのお品に見合った大きさを

目指します。

 

揃いの場合には

両方に適した中庸を取るため、

なるべくなら一緒にお作りしたいところです。

 

 

さて、今回の長財布は「マイプレジャー」。

小銭入れががばと開き、

カードもある程度たくさん入る長財布です。

 

柔らかいルバルでお作りしておりますので、

すぐに手になじみ、

小銭入れが開きやすいと評判のお財布。

 

こんなワンポイントをお付けすると、

華やかになりますね。

 

 

このクローバー模様の発想は、

もともとこのシステム手帳が始まりです。

 

消してしまっていますが、

じつは同じ面の右側には

この方のお名前が、

ゴールドの文字で入っています。

 

それもとてもきれいでした。

お見せできないのが残念ですが、

ぜひご想像してください。

 

 

お財布もシステム手帳も、

ぱっと開くと

キャメルカラーが一面 目に入ります。

 

ワンポイントや内外の色を変えるご注文は

あまりたくさんありませんが、

たいていどんなご希望もかなえられますから、

ぜひ、いろいろな方向から

オーダーメイドをお考えください。

 


すばらしく美しいご注文を

いただきました。

 

お会いしたことのない

遠方のクライアントからのご依頼です。

 

いままでに

こんなに贅沢なバインダーは

お作りしたことがありません。

 

 

表はコードバンの一枚取り、

内側は、金具を入れ込む作業があるので

左右にパーツを分けましたが、

コードバンのナチュラルカラーという

美しい革をたっぷりと使った

潔い、気持ちの良い逸品です。

 

 

当時コードバンは入手しづらく、

特にナチュラルカラーは

粗が目立つことで

なかなか大きな版が見つからない頃でした。

 

革はどれも生き物です。

一枚一枚出来上がりが違います。

染めのロットによって

色が違えば、

一匹一匹の個体差によって

ムラの具合も変わってきますし、

色のノリも多少変わってきます。

 

こうした表面の革は

傷つきやすいので、

多少の擦れ跡があることは普通です。

 

 

そんなことをご了承いただいて

はじめて、ナチュラルな革を使った

オーダー品をお作りすることができます。

 

このクライアントは、

こうした自然素材のことを

良くご理解くださり、

出来上がり品を高く評価くださいました。

 

革だけを使った手触りなので

気持よさは抜群です。

しかも、美しいお品になりました。

ありがとうございました。