すでに製作の終わった

今年の大作をご紹介します。

 

「大作」という言葉の中には、

いろいろな意味が含まれています。

 

まず、クライアントに

ご相談時間があまりないこと(笑)。

 

 

冗談はさておき、

・製作方法に、新しいアイデアが必要なこと。

・直感的には製作可能だが、

具体的な道のりが見えないこと。

・製作中に多くのダミーを必要とするもの。

・無理やり作る部分のある、

製作困難なもの。

というところでしょうか。

 

 

当店では、日々

そういう製作に取り組んでいるのですが、

今回のものは桁違いの大変さでした。

 

こういう時、最後は

「気合い」で乗り切ることになります。

こんな作り方は初めて、

という、おそらく一生に一回しかしない

変則的な作り方をします。

 

そんな時は、正直「気合一発」です。

 

 

このバッグ、こうしてお写真で見ますと、

真ん中は中の見えない

トートバッグになっていて、

そのトートバッグ部分を

両側からファスナーで閉める

書類入れにしています。

 

見せたくないものは見せずに済み、

真ん中のスペースには

ぱっと取り出せるものを入れますから、

かなり使いやすいと思います。

 

 

 

これ、じつは市販品の見本バッグを

お持ちいただきました。

それで、不満なところを解消した

オーダー品です。

 

見本バッグとしてお持ちいただく

市販品を拝見してわかることは、

みんな頑張ってるなあ…ということ。

 

よく練れていますし、

間違いなく

理路整然と製作していますので、

破綻のない形になっています。

 

商品として、良くまとまった

ひとつの世界になっている、

ということです。

 

 

つまり、ほんとうは

その形が一番製作には無理がなく、

収まりが良い、ということです。

 

ですから

当店がお受けするリクエストというのは、

その完成したひとつの世界を

なんとか別の世界に変えていく、

という作業に他なりません。

 

それで難易度が高くなるのです。

そんな時には「気合一発」(笑)。

この作り方でできるぞ、やるぞ、

という気持ちで全力で取り組んでいます。


「お世話になった方に

プレゼントしたいんです。」と

いただいたご依頼が、

インスリン注射のセットを入れるケース。

 

「とてもおしゃれな方なので、

市販のものはあまりに違っていて…」

と、お話を伺いました。

 

 

さまざまなご注文を承りますが、

当店オーダーメイドの特長は

かっこよく、使いやすい、ですから

まず最初に インスリン注射とは

どんなサイズでどんな使い方をするか、

から聞き取りが始まります。

 

お尋ねしたところ

「それがあんまりよく知らないのです。」

そうですよね…

けっこう複雑で微妙そうです。

 

ネットでお調べすると

何種類かの注射器が出てきますが、

ペンのようにしか見えず

サイズもまったくはっきりしません。

 

ところが驚いたことに、

革で同様のケースを製作している人が

いらっしゃいます!

当店もニッチ度は高いですが、

まさかここまでニッチとは…

 

 

たまたまSNSで、どなたか

インスリン注射のことを

ご存知の方がおいででないかと

お尋ねしたところ、

ご親切な方がわざわざご来店なさって

丁寧な説明をしてくださった上、

各アイテムの詳細な採寸まで

させていただくことができました。

 

その方には、心からの感謝を申し上げます。

 

なぜ2種類の注射器が必要なのか、

注射器の使い方と替え針について、

また血糖値を測る道具についても

お教えいただきました。

もう、完璧です!

 

使う上で便利なものをお作りするには、

そこまでの事前調査が必要です。

 

おかげさまで

自分たちは使うことができなくても、

原理のわかるアイテムが

たくさんあります。

 

 

今回お持ち歩きになるものは、

注射器2本と替え針、それから

小さい紙袋に入ったアルコール綿、という

シンプルなもの。

 

年代とおしゃれ度を伺うことで、

どんな革が良いか、

使う上での内側の素材はどうするか、

などのイメージが容易に浮かびます。

 

それにあたっては、

ご注文者の雰囲気やイメージも重なります。

ご注文者もかなりおしゃれで上品な方。

 

 

お薦めしたのは、

新作イタリアのクロコダイルの型押し。

 

微妙なブラックのお色は墨色系で、

型押しの溝の部分に

印象的なブラックブルーの色が入っています。

 

このイタリアの型押しは凝っていて、

2枚の版を作って、上と下から型を押すことで、

見たこともないすばらしい質感になります。

さすがイタリア製、という面目躍如の

一目見て違いが判る品質です。

 

 

表と裏で柄の取り方を少し変え、

動きと遊びのあるお品にしました。

 

おしゃれをし尽くした方でしたら、

アヴァンギャルドで上品なものに対しても

ご理解がおありと思います。

 

内側には真っ赤な撥水ナイロン。

替え針が飛び出さないように

革のフタをお付けしました。

 

ほとんどすべてをお任せいただきましたが、

ご依頼者には

とても気に入っていただけました。

 

お贈りした方に

喜んでお使いいただけていることを、

心より願っています。

ありがとうございました。


さてさて、今日は間違い探しです。

二枚のお写真には

二か所の小さな違いがあります。

 

・・・答えは

半円ケースのヨコにあるポケットの

フタのあるなし、

それから

(これはもうわからなくて当然ですが)

一番右側のスマホケースの厚み、

の二点です。

 

 

クライアントの

持ち物の持ち方が変わったことで

(スマホは

シェルケースを付けるようにしただけですが)、

今回の修正になりました。

 

微細な変更ですから、

きっとすごく簡単に

修正したように見えると思います。

 

しかし…実際には

ファスナーを外してこの面をばらし、

絶妙な寸法での作業を行っています。

 

めったにこういうことはないですが、

バッグの出来栄えがあまりに良く、

うちでは何でもできる

と思ってくださったクライアントからの

ご依頼です。

こういうお気持ちは嬉しいですね、

意気に感じます。

 

 

そのようなご期待には

できる限りお応えしますが、

革製品の難しいところは、本来、

出来上がってからの修正はほぼ不可能!

というところです。

 

持ち物そのものや、

持ち方が変わる可能性があるのであれば、

それについてお尋ねした時

「決められないんです。」

というお答えをいただいても構いません。

 

なぜなら

もし内ポケットを大きめに修正するとしたら、

余白がなければ

お直しすることができません。

 

ですから

出来上がってからの修正はほぼ不可能、

と思ってお返事いただくことが、

フルオーダーメイドではかなり重要です。

 

好例となるお題をいただき、

こうして皆様にご紹介できますことに

感謝いたします。

いつもありがとうございます。


何十回でも書いてしまいますが、

「人の数だけ

ものの使い方があり、

いろいろな工夫をして

ものを使う方がなんと多いことか!」

を日々、感じます。

 

 

本日ご紹介するのは「札ばさみ」。

外から見たら

いわゆる定番の、シンプルないでたちです。

 

ですがこれから、

どこが普通でないのかをご紹介しましょう。

 

 

開いてみますと外側とは全然違うので

とにかく驚きます。

 

キーの入るポケットがあり、

穴の開いている部分もあります。

それから、金具が何だか違うようです。

これはすべてご依頼者のご要望。

 

 

デザイン的にもきれいで

おしゃれなこだわりが

嫌味でなく、良い感じで感じられます。

 

当店でのオーダーメイドでは

外側と内側の革の色、糸の色を

ご指定いただくことができます。

 

それでこのように、

ご希望のお合わせのお品に

お作りすることができます。

一色で出来上がっているものとは

まったく違う雰囲気ですね。

 

 

先ほど少しお話に出した金具は、

革でくるんであります。

 

実は、お客様がお持ちになった見本から

金具を外してそのまま再利用したもの。

お気に入りなのでなんとか使えないか、

というご要望にお応えしました。

 

 

 

当店の革は少々硬めですから

最初は開き気味だったり

手へのなじみが今ひとつだったりしますが、

お使いいただき

手で撫でていただくことで、

どんどん中身になじみ

手にも馴染んで行きます。

 

それが徐々に進んでいくので

お使いの方も気づかないくらいです。

 

でも店頭にお出でになり

新品をご覧になると、

「最初はこんなだったんですね!」と

驚くくらい。

 

 

革以外の素材で

こんな風な経年変化するものは

他にありません。

 

ずっと水に強かったり

もっと軽かったり、と

革よりも

便利な素材はたくさんありますが、

 

革という素材が

いまだに憧れの対象であるのは、

やさしい手触りや良い香り、

五感すべてで感じられる質感、

 

そして

そういう物質的なことだけでなく、

良いものを持っているとすぐにわかる

ステイタスに見合った持ち物だ、

ということも大きな理由と思います。

 

 

普段お使いの札ばさみを、

「こう使っているからこう変えたい。」

と思ってのご依頼です。

 

ご相談いただくことで、

あなたの理想の革製品が生まれます。

 


メールでのご依頼をいただきました。

「スマホをふたつ持ち歩きたいのですが、

オーダー例にあったように

ベルトに付けて、さっと取り出したいです。」

 

かといって、二つのスマホケースを

取り付けたいわけではないとのご希望。

それはそうですよね、

なるべくコンパクトな方が

腰回りがすっきりしますものね。

 

 

毎回、ご依頼者のご要望を伺いますと、

頭の中に

ちょっとしたひらめきが浮かびます。

今回もメールを書きながら

「あ」という思い付きがありました。

 

しかし、それを具体的にするためには、

そのひらめきが可能かどうかを

検証するための実験が必要です。

 

すべてをお任せいただく案件では、

お見積もりを出す前に

どうしても実験しなければならない場合が、

少なくありません。

 

お見積もりには、それを

トップレベルの職人が製作するにあたって

どれくらい時間がかかるかが反映されます。

 

当店オーダーメイドは

ひとつのお品をひとりの職人が

継続製作しますから、

ご依頼者は、一定期間

ひとりの職人を雇っていただくことになります。

 

 

今回のお題である

2台のスマホをひとつのベルトポケットに、

というご依頼のポイントは、

どうやってそれぞれを取り出しやすくするか?

に他なりません。

 

そのアイデアが当店の真骨頂です。

ご依頼者の御希望を

良い形でかなえて差し上げたいと、

常に思っています。

 

 

今回使った方法は

この薄いケースの中を二つに仕切って、

片方のスマホを

さっと取り出せるようなベルトを

入れ込みました。

 

この方法は、

お送りしたご依頼者に

喜んでいただけて、とても嬉しく思います。

 

 

ベルトにお付けすると、

こんなイメージになります。

 

ベルトへの着脱は、ホック式。

しっかり付けられるように2個にしています。

 

どうやってベルトに取り付けるかは

毎回悩むことですが、

今回のご依頼者のように

ご自分の好みをはっきりお持ちいただいてますと、

さっくりと決まります、

ありがとうございます。

 

 

それから、ベルトループの取り付け位置にも

当店では気を使います。

 

クライアントには

大体のサイズをお知らせして、

その大きさの紙を腰に付けていただく、という

シミュレーションをしていただきました。

 

離れていても

こうして細かいご相談ができますので、

安心してご依頼ください。

 


当店にお出でくださるクライアントは、

ほとんどがネットで見ていて

事前にご予約くださる方。

 

銀座の2階の店舗ですと、

「なかなか入りづらいですね。」

と言われることが少なくありません。

ですから普段

ほとんど不意の来客はありません。

 

本日ご紹介するご依頼者は、

1階の看板をご覧になり

入ってきてくださった貴重なお客様。

ありがたいことです。

 

 

「リュックが欲しいのですがね、

PCとお財布、他に少しの小物くらいしか

入れないので、

市販のものは大きすぎるんですよ。」

 

当店にお入りくださったのは、

まさに僥倖です。

 

 

こうして出来上がり品の

ヨコ姿を拝見しますと、

ほんとに薄いリュックをご希望だったのだと、

あらためて感じます。

 

こんなに薄くても、

PCを護るためのクッションが入っていて

機能的にもきちんとしています。

 

 

フタを開けると

前ポケットがあるくらいの

かなりシンプルな仕様です。

 

持ち物が決まっている

大人の方だからこその、

すばらしいアプローチです。

 

肩ひもは広めで、

当店では

セーターなどに着用していただいても

毛糸が引っかからないような

帯紐の作り方をしています。

 

 

手持ち用のループもございますから、

かなり使いやすいと存じます。

 

この方のように

はっきりした「欲しいものの姿」

あるいは「はっきりしたご要望」を

お持ちでしたら、

日本中、世界中、ネット中探すより

ご相談いただくことで

たくさんの時間を節約できます。

 

 

たまたま外を歩いている最中に

当店を見つけてくださったら、

ぜひ2階への階段をお昇りください。

 

お時間が空いておりましたら、

ご相談を承ることができます。

 

しかし、もしネットでご存知でしたら、

ご予約をお薦めします。

 

この仕事は、最少人数で行いませんと

齟齬の出てくる、

ものすごくデリケートな仕事です。

ですから、もし相談中であれば

お待ちいただくことになってしまいます。

 

みなさまのお時間も、

製作しているお品の出来上がりの良さも、

大切にしたいと思います。


プレゼントとして

変わった形の小銭入れを

お作りしました。

 

こういう形のものをお持ちの方に、

同じものを

プレゼントしたいということで

最初お話を伺って

ごくごく簡単なスケッチ画をお描きして

確認をしました。

 

 

それでも正直

こんな小銭入れを見たことがなかったので、

これでいいのかしら?と

疑問に思いつつ、お作りしました。

 

スケッチ画の段階で

「そうそう、そういう形なんです!」

とおっしゃるので大丈夫とは思いましたが、

なんとも心もとないところがありました。

 

こんな風に感じるご注文は

ごくごくまれです。

 

 

これがもし

普通の馬蹄形で、

かぱっと開くタイプであれば

戸惑わなかったのですが、

 

いやはや、ほんとうにこの仕事は

何十年やっても

まだまだ見たことのないお品が

わんさかと出てきます。

 

 

とてもおもしろいアプローチの

小銭入れとなりました。

 

こうして日々 クライアントと

興味深いものをお作りするのは、

まことに楽しく

幸せなことと思います。

 

ありがとうございました。


定番もこんな風に変えると

全く違うものに見える、

という好例をご紹介しましょう。

 

この長財布は、

外側の革から

ぐるりと内側に巻いた作りなので、

こんな色移行の表現ができます。

 

 

外側はベージュですが、

内側を開けますと、真ん中あたりの

一部分だけがネイビーカラーになっています。

 

ナチュラルな色の移行にしましたから、

上品でインパクトのあるデザインです。

糸の色もそれに一役買っています。

 

 

いつも丁寧に

オーダー品のことをお考えくださる

クライアントならではの、

定番をうまく使ったアプローチです。

ありがとうございます。

 

この長財布、

コンパクトで薄いのですが、

お札は片側に20枚ほど入ります。

こんなに小さくて

どうしてそんなに入るのかは、秘密(笑)。

 

嘘だと思う方は、

店頭でお試しくださいね。

 

 

色の分け方には、

そのアイテムの作り方に見合った

分け方があります。

 

それから、色の配分量というのが

ぱっと見た時の

落ち着きというか、印象を決定します。

 

それにはセオリーがあるのですが、

それは当店のデザイナーに

お任せください。

それぞれのみなさまにお似合いになる、

あるいはお好みのものを

ご提案いたします。


「今持っている

ナイロンのバッグインバッグが

サイズ的にちょうどいいんです。

この通りのサイズにして、

少し変更したいところがあるんですよ。」

 

決まったバッグの中へ

お入れになるとのことで、

またもや絶妙サイズをリクエストされました。

 

 

割と多いリクエスト内容が、

あんまり空間が余らないように、

でも入れるものがすっと入るような

サイズで作って!というもの。

 

それがどれだけ難しいことか、

ご想像つきますでしょうか?

 

しかも今回、見本を拝見しても

使えるスペースがギリギリなのに、

さらにペンホルダーを足す、という、

大変さに思わず笑いが出てしまうほどの

超ハイスペックなご依頼内容です。

 

 

こういうサイズのご依頼がある場合、

ぴったり中身を入れるだけのものを

製作するのでも、

外側を作る革の厚みや

内側のナイロン素材の厚みや

柔らかさを鑑みて

サイズ決定を行います。

 

ご希望が

タイトであればあるほど、難しいです。

 

以前もお書きしましたが、

素材と素材の厚みが変わると、

同じ容量の入れ物を作ることは

驚くほど難易度が上がります。

 

おまけにそれが

今回は外側までに及び、

納めるバッグの内のりに

ちゃんと収まるようにするのです。

 

当店は、みなさまが想像する以上に

絶妙な仕事をしています。

 

 

しかも、中身の実物を

お預かりすることができない…

 

なんか罰ゲームのような条件ですが(笑)

なんとこれは、ご注文いただく中でも

少なくないご要望です。

 

こういう、サイズにこだわりのある

ご注文が、一番高価になります。

製作に手間と準備が

さらにかかりますから。

 

 

市販品が何でも大きめなのは、

中身が入らないとまずいので

大きめに作るからです。

 

絶妙なサイズにして、

いまいち入らない、ということが

起きでもしたら

たちまち返品の嵐。

 

せっかく工夫して

安価で提供しているのに、

そんなことになってしまったら大変です。

 

 

というわけで

ここまで絶妙なサイズですと、

ピックアップ時に

クライアントが

ひとつひとつのものを

バッグのポケットに入れる作業を

しらふで見るのは、ドキドキします、

 

いろいろな面で十分な検討をしてますし

職人の腕も信頼してますから、

ほとんど大丈夫だと思ってはいますが(笑)

 

これは、超大作でした。

 

でも出来上がったものを見ると、

その大変さはみじんも見えません。

 

これが、精度を要求される製作物の

大成功版です!


エレガントでかわいい

たばこケースのご注文を

いただきました。

大切なお友達のための

オーダー品です。

 

 

四つ葉のクローバー模様を

カッティングでお入れしています。

 

こんなにかわいくて

幸運を運ぶプレゼントを思いつくなんて、

すてきなですね。

 

ご注文の中には、

・イラストを入れたい

・指定の文字でネームを入れたい

・メッセージを入れたい

など、さまざまなご依頼がありますが、

できる限りの努力をしています。

 

 

このクライアントは、差しあげる方が

どんな風にお使いになるかを

ご存じなので、ご自分で

作りたい形を説明くださいました。

 

サイズは

一般的なサイズのたばこと

ライターが入るサイズ。

 

 

持ち手の片側を

取り外せるようにしてますから、

バッグなどから下げることもできます。

 

どこにもないものだから

オーダーで作ってプレゼントする。

すばらしいお友達がいればこそ!

ありがとうございました。