二つ折り財布で

ご注文として珍しいのは、

札入れ部の高さにゆとりのあるタイプ。

 

 

 

「なるべく小さくしてください。」

というご希望が大勢を占める中で、

「中が見えないように

ゆとりのある高さにしてください。」

というご希望をいただきますと、

いろいろな方がいらっしゃるなと

感じます。

 

 

ご紹介する二つ折り財布は

札入れ部の高さがあるタイプですが、

今までお使いの財布に

合わせて、お作りしています。

 

使いやすいものを見つけ

長く使うことができたら、

ラッキーです。

 

 

数え切れないほどの中から

それを見つけられること自体が

すばらしいこと。

 

量産品は一回作り切ってしまったら

次回同じものが出ることはありませんから、

気に入ったものがある時に

ふたつ目をお求めになるのも

いい手かもしれません。

 

 

ただし残念なことに、

「もの」は使わなくても

劣化していきます。

 

ずっと使わなかったバッグが

久しぶりに箱から出したら

結局は使えなくなっていた、

という経験はありませんか?

 

大切に使おうという気持ちがあることで

長持ちの度合いはまったく違います。

もし今使っているものがだめになったら…

心配せず、その時は

ぜひお持ちください。


毎日お使いになるアイテムに

手触り良い革製品を充てると、

気持ちよく過ごすことができます。

 

いくつか当店のバッグをお持ちの

クライアントから

「バッグを持っていたら、

手帳カバーも欲しくなって…」

というご連絡をいただきました。

 

 

当店の革の手触りの良さと

軽さを気に入ってくださり、

毎日使うものも

この革で欲しくなりました、

とおっしゃっていただけるのは

最高に嬉しいことです。

 

 

毎日使うものこそ、良い品質を!

と申し上げておりますが、

デリケートな革の触り具合を

五感でご理解くださる方は、

自然と

他社の製品を

持たなくなってくださるようです。

ありがとうございます。

 

 

当店の手帳カバーは

B5サイズであろうと、A4サイズであろうと、

一枚革でお作りしています。

 

量産品ではありませんから、

一枚革がもっとも

手当たりを気持ちよく感じることから、

そのように製作しています。

 

 

気持ちよく毎日をお過ごしいただくために、

自然に触りたくなるような

それぞれのお品の作り方を考えています。

 

定番のお品でもそうしてますから、

そのあたりの気遣いを、

よろしければウェブショップでも

ご覧になってみてくださいね。


当店の定番では

意外なものの売れ行きが

良い気がします。

 

その一つがこれ、回数券入れ

SuicaやPasumoと

4種類の回数券を入れるケースです。

 

 

外側にSuicaを入れて

自動改札を通るのですが、

その時には二面を折りたたんで

使います。

 

内側は、今回の場合

2種類の回数券入れ+カードを

入れることに…

2枚下のお写真がその内側です。

 

 

よく「こんなに薄くて

最大10枚の回数券が入るのですか?」

との質問をいただきますが、

ちゃんと入ります。

デザイナーは実際に

3年ほどこれを使っていました。

 

ポケットの真ん中に穴が開いているので、

指でぱっと押して

回数券を取り出します。

 

男性の指で行っても大変でないように、

ある程度丸くて広めの穴にしています。

 

 

こういう実用物をお作りする時こそ、

レイアウトや使い方と

どうデザインすると美しいかを

両立させる方法が生きてきます。

 

日本で民芸と呼ばれている

ジャンルがありますが、

これがまさに用と美を考え併せた

日用品。

 

 

当店でお作りしたお品を

作品とは呼ばない理由が、

そこにあります。

 

使いやすいこと、

見た目に美しいこと、が

当店のお品を構成する重要な要素。


こちらも20年以上

お付き合いくださっているクライアント。

彼女ももう

どんな時のバッグも揃ったに

違いありません。

 

長いお付き合いのクライアントは

みなさま、毎日の生活を

大切にしている方が多い気がします。

 

 

 

それで、ご自分の生活が変わる時には

静観してご自身を観察し、

それが終わって

生活が決まってくると

必要なものをご注文くださいます。

 

このクライアントもまさにそういった方で、

やはり荷物量によって

バッグを分けてくださっています。

 

 

今回のバッグも、目的があって

ご注文いただきました。

仕事用のバッグであっても

少し楽しく過ごしたい、ということで

片面にはネコのシルエットを

お入れしています。

 

でも、裏面にしていただけば

真面目な黒のバッグに早変わりします。

 

 

このバッグの基になった形は

ウェブショップの「アリスバッグ」。

今回はチェシャ猫のような

丸顔の猫が住み着いています。

オリジナルはうち縫いですが、

こうして外縫いになりますと、

かなり雰囲気が変わります。

 

大変な仕事の最中でも、

ひと目これを見ていただけば

気分も変わることでしょう!

 

 

「これは思った通り、楽しいです。

裏を黒にしてくださったので、

真面目に持つこともできますね。

これなら仕事で持っても大丈夫。」

 

自分だけが知っている小さな秘密は、

生活に潤いを与えてくれます。

困っている野良猫を助けて、

治療して面倒見てあげる彼女は

とてもやさしい人。

 

このバッグを持って

ハードな仕事の局面を

乗り越えていただけたら、と思います。

ありがとうございました。


昨日は女性用の革をお見せしましたが、

今日はメンズ、行きます!

 

このかっこいいクロコの型押しは

イタリア製の牛革。

シブ鞣しで

さらっとしてるのにぬめっとしてて、

もう使っちゃったんじゃないの?

と言いたくなるほど こなれ感のある革。

 

 

1枚目の革の何がすごいって、

型押しの凹に

ブルーの色が入っています。

こんな革、見たことない。

うわ~と叫ぶほどカッコよく、

派手ではないけど、印象的、です。

 

 

これの基になっているのが

2枚目のブラック一色の革。

ブラックのはずなのに

カーキも入ってるし、墨黒にも見えるし…

 

ここまで微妙なお色は、

残念ながら日本では

実際に表現することができません。

こんなところが、

イタリア物の楽しいところ。

 

硬いタイプのデザインでも

柔らかいタイプのデザインでも、

どちらでも対応できる革質も

優れた革の証拠です。

 

 

メンズと言いながら

以前この型押しの色違いでお作りした

レディスをアップしてしまいますが、

この革でお作りすると、こんな感じ。

 

前回の2色も微妙な、

ブルー系にも見える

ベージュも入ってるようにも見えるグレーと

グレーの入っているベージュでした。

何だかよくわからない表現ですね!?

 

 

肚側の柄を中央に持ってくると、

上の2枚のようなイメージになります。

外に向かって斑柄が小さくなっていきます。

 

そして下のお写真は

脇の斑柄を中央にした、攻めてるデザイン。

 

どういうことかというと、これは

本物のクロコダイルでは

ありえない斑柄の取り方だからです、

マニアックですみません。

 

 

でもメンズでしたら、

やはり肚側の斑柄が中央に来ると

迫力あってカッコいいでしょうか…

 

もっと違う使い方をして

どんどん攻めていただくのは、

大歓迎です。

 

 

ちなみに、上のお写真のような

長財布を作っても素敵と思います。

 

カーキのような、

墨黒のような微妙なブラックは、

このお財布を手にしている人に

注目させてしまいそうです。

 

どちらも、とにかくテンション高くなる

すてきな革です。


本日は

イタリア製最新技術の革や

姫路の新作革をご紹介します。

これから夏に向けた

お色や柄は、

この季節に湧き上がる気持ちを

真摯に受け止めてくれます。

 

当店デザイナーは

少し変わった考え方をしています。

それは、

「今の季節に

今欲しいものを持ちたい」という考え。

そしてそれに基づいて

素材入荷を実行しています。

小さいお店だから可能なことです。

 

 

メーカーはたいてい、製作時間や

ハンドリングにかかる時間を考え逆算し、

素材もデザインも紹介しますから、

半期~一年ほど早い

展示会を行います。

 

それで彼らは、

次期季節のトレンドを作り出し

色や流行のラインを提案し、

販売に繋げていきます。

 

それでも、トレンドといわれる色が

その実際の年には

あまり流行らなかったりもします。

それは、季節の持つ魔性のせい、と

デザイナーは思っています。

 

 

結局はどんなデザインであっても、

普遍性の高いものであれば

いつ見てもすてきに感じられます。

 

そして、単に季節が変わることで

よりジャストと感じるか、

そんな気分じゃないわと感じるかの

違いが出てくるだけのこと。

 

要するに

2018年春夏とか秋冬とか言っても

良いものは良いのですし、

そういうものは

年を経ても陳腐化しません。

 

 

ということで、

当店ではストレートなその季節に、

その季節の革を少しだけ入れ、

みなさまにご紹介しています。

 

そうすることで

革に施されている

最新技術について知ることができ、

昔の革の良さも再確認できます。

トレンドという意味ではありません。

 

2~4枚目のお写真はすべて、

イタリアの最新技術版。

 

 

2~3枚目のパルマヴァイオレットと

コバルトグリーンの革には、

刺繍が施されています。

この分野は、デザインのための

デザインを追求するものとして、

急速に技術が発達しました。

いろいろなブランドも出していますが、

革全面に色糸で刺繍のあるものは、

とても珍しいと思います。

 

ほとんど売れなかったとのことで、

日本に入れたコバルトグリーンは

これ一枚だけだったようです。

なるほど加工も難しいですものね…

イタリアらしい、透明感のある

きれいなグリーンです。

 

さて、4枚目は

完全レーザープリンターの染色。

クリアな色がきれいに重なって

キラキラしています。

 

堅牢度も高く、すごい技術。

この革はもうこれだけしかなかったので

小物くらいしかお作りできませんが、

こんな小物を持ったら

気分は間違いなく高揚します☆彡

 

 

最後の2枚は、姫路の革。

最近では技術が段違いにアップして、

すてきな革を作ってくれています。

 

リザードの型押しなのですが、

リザードそのままの柄ではなく

少し抽象的にしているため

ファッショナブルな印象。

リアルな型押しも悪くないですが、

今回の抽象化は大成功です。

 

 

淡いアイルトーンブルーと

ペールサーモンの2色で、

上品で涼しげな印象です。

 

半シブ半クロム鞣しの革なので、

雨に対してそれほど

神経質になる必要もありません。

 

今回入手したものはそれぞれ、

バッグがひとつと

クラッチバッグや長財布を

お作りできるくらいの量です。

 

気になる方は、ご連絡ください。

 

女性陣にだけでなく、

プレゼントとして

世界中で一点だけのものをお探しの

男性諸氏にとっても、

すばらしいニュースと思います。

 


日差しの強い季節がやってきました。

久しぶりに

素敵な帽子を幾点か見つけたので、

お入れしました。

すべて一点ずつの扱いです。

 

日差しをよける目的であっても、

美しい方がいい。

派手過ぎず

でも印象的な、人の心に残るデザインを

集めました。

 

ゴルフ用のおしゃれなサンバイザーや

ちょっと近くをハイキングする

という時用のものもあります。

 

知り合いの帽子作家が作った

ガーデニング用の帽子は

柄も素敵ですが、

なんとうまく考えられた機能でしょうか…

世界中で一点だけのお品です。

 

 

お色はベーシックで

適度に上品なお品ばかりですから、

カジュアルな服装を

グレードアップしてくれます。

 

今年は帽子をかぶってみようかな、

という方、ぜひご覧ください。

探す手間が省けます。

 

1998年からこれまでずっと

一年中帽子を愛用している

当店デザイナーは、

帽子のことを熟知しています。


ご夫妻でおいでくださる

長いお付き合いのクライアント。

お二人一緒に

ご相談を楽しんでくださるので

いつも笑いの絶えない時間になります。

 

ご主人様は

たいていいつも、

欲しいもののご自分の使い方を

じっくりと観察してから、

ご相談くださいます。

オーダーに慣れてらっしゃいますね。

 

 

今回はお二人それぞれ

ご注文くださったのですが、

ブルーのオーストリッチの方は

ご主人様ご注文の小銭入れで、

お持ちになるお財布としては三つ目。

 

どうして三つお持ちかというと、

最初のものは二つ折り財布で

小銭入れもついていましたが、

二つ目は小銭入れのない長財布だったので

一緒に持ち歩く小銭入れが

気になってきたようです。

 

 

二つ折り財布と

長財布&小銭入れセットとは、

もちろん

持ち歩く時のTPO が違います。

 

多くの方が

ひとつのお財布やひとつのバッグだけを

毎日毎日お使いくださる中で、

こうした楽しみ方をしてくださいますと、

楽しいだけでなく、

一点一点お作りしたお品の

長持ちの度合いも変わってきます。

 

もちろん複数を使いまわしていただくと

それだけ長くお使いいただけます。

 

 

ご来店のたび

いろいろな革をお見せして

エキゾチックレザーは

こんなところで品質がわかりますよ、

といったお話をしていましたが、

そんな話をしているうち

ご自分でも試してみたい

というお気持ちになってくださったようです。

 

 

牛革もエキゾチックレザーも

使っていくと変化していきますが、

どちらも大切になでてあげることで

どんどん育っていきます。

 

全般的にどの革も

黒っぽくなっていくのですが、

その変わり方には

革によって、それから個体差もありなので、

それぞれの違いを存分に楽しめます。

 

 

「愉しむこと」は知的な行為です。

自分が好きなものを知り、

日々使うことで、さらなる発見をする。

 

時には、思ってもいなかった自分を

発見することにもつながります。

 

持ち物は個性の発現の場です。

好むと好まざるに関わらず、

人の目から見たら

それがあなた自身を象徴しています。

 

そんなことを感じていくことで、

日々を愉しく

新たな目で

見ていただけることでしょう。


秘書とはなんと

忙しく立ち働く職種でしょう!

 

このご注文をくださった女性は秘書で、

スケジュール管理をするのに

手帳とスマホを駆使してらっしゃいます。

 

手帳&スマホ用ショルダーバッグ

 

付いている方のスケジュールは

ほぼ分刻みのご様子で、

変更もたくさんあるとのこと。

 

「そんな仕事なので、

手帳とスマホを一緒に持って、

ポシェットのように

身体にかけながら、

その場でパッと対応する必要が

日に何度もあります。」

 

ワインカラーのショルダーバッグ

 

「また、小銭入れも欲しいです。

ちょっとした買い物をする時があるので

小銭を使うこともあって…」

ということで、

ここは開きやすいタイプに。

これなら片手でも扱うことができます。

 

外ポケット

 

自然なレイアウトに

見えると思いますが、

すべての内容を

細かく確認したうえで、

このクライアント専用に

お作りしています。

 

もちろんストラップの長さも

無駄に長くお作りしていません。

軽さも追及しています。

 

バッグ内部

 

最近ではマグネットが発達していて、

このスマホケースは、

ケースを付けたまま

取り外して使うことができます。

 

シート状のマグネットなるものがあり、

それを本体とケースにつけることで

簡単に脱着できます。

 

この情報も、この秘書の方から

頂きました。

それで、実際にお持ちのケースを

ばらして、この部分は

再製作しています。

 

素晴らしい情報をお持ちの

優秀な秘書のお役に立てるのは、

とても嬉しいこと。

ありがとうございました。


フランクリン手帳用の

システム手帳も、

たまにお作りします。

 

フランクリン手帳は、リング径が大きく

用紙の幅も広いため、

横幅の大きいシステム手帳になりますから

ぱっと見で それとわかります。

 

 

しかし最近では

この手帳を使っていても、

持ち歩くものは少なめにしている方も

いらっしゃいます。

 

ずっと定番になっているお品ですと、

それぞれのお客様が、

ご自分の使いやすいように

使い方を

どんどん変化させていきます。

 

そういうことも

この仕事をしていると

どんどん見えてきます。

 

本日のクライアントは

ジョッターを同時使いする方。

 

 

話は戻りますが、

長くオーダーメイドをやっておりますと、

そういう定番物の変遷も、よくわかります。

ですから、人が不便を感じた時、

どんな態度や行動をとるのかも

よく存じています。

 

私たちは、それまでの膨大な記憶と

想像力を使うことで、

あらかじめ

起こるかもしれない不便を、

予想することすら しています。

 

 

ご相談者はたいてい、

ご自分が使っている使い方や

持っているものを、

「普通」と捉えてらっしゃいます。

 

それでオーダーメイドの場でも、

「普通のバッグでいいんです。」

「普通のお財布でいいんです。」

等の言葉が多く聞かれます。

 

でもそのあとに必ず

「それなのに、ないんですよね、

いくら探しても…」と続きます。

 

 

使い勝手を求めて…

その追求がここまで熟成した国は

なかなかないかもしれません。

それがガラパゴス的なものを

産む土壌なのかもしれません。

 

そんなことを考えながら、

銀座へ移ってから

初めての海外顧客とお話しした内容を

思い出します。

 

 

「珍しくて良いものがあれば、

ブランド関係なしで欲しいね。

でも、欲しいものについて

自分で考えるのは大変だなあ…」

そうおっしゃって

一点物のジーヴズをお求めくださいました。

「これは素晴らしいね!」

 

ブランド名関係なしで

ご自分の判断ができることは

素晴らしいことと思います。

 

その方は、靴、リュック、ジャケット

すべて良い素材の革製品を

お持ちでした。

 

良いものを日常使いすることが、

良いものを見分ける早道だと、

あらためて感じた出来事です。