2018.03.22

姫路のクロコ型押しでお作りしたシステム手帳 7101

「前にひとつ

作っていただいたのですが、

併せて使っているもう一つがあって…

それも良いものに変えたくなって。

毎日御社のオーダー品を撫でていると、

市販品の手触りが嫌になってしまいます。

 

今度のは定番金具で大丈夫なので、

やはり気に入ったものを

持ちたいと思っています。

前のシステム手帳とは

違う感じで気分を変えたいです。」

 

 

ということでお選びいただいたのは、

姫路で製作されたクロコダイルの型押し。

 

「栃木レザー」は

革を作る会社の名前ですが、

「姫路」というのは地名で、特定の

どこかの会社を指しているのでは

ありません。

姫路は昔から

革製作が盛んな場所として有名です。

 

 

姫路の革の製作量は多く、

昔はクロムレザー(化学薬品鞣しの革)が

主流だったのですが、今は

タンニンとクロムの使用量を調節することで

独特の風合いの革を作っています。

 

お選びいただいた革は

その特徴をよくあらわした革で、

多少水がかかっても

すぐに拭けばシミにもなりません。

 

 

何より、タンニン鞣し水染めと比べて

カラフルなお色を出すことが出来ます。

この革のお色もブラウンがかったグレー。

 

このくらいのシックなお色なら

水染めでも出ますが、

製作工程も仕上げも違うことで、

経年変化のが違ってきます。

おもしろいですね。

 

 

ずっとこの仕事をして

国産の革を眺めてきますと、

革の作り方が

随分進歩したと思います。

 

とかく海外の革が取り上げられますが、

高価なものがすべて

いいものとは限りませんし、

みなさまひとりひとりが

どんな革を欲しいと思っているかで

「良い革」が変わることもあり…

 

とにかく奥が深いのが

革の世界と思います。

 

当店システム手帳の

二冊遣いをしてくださって、

ほんとにありがとうございます。