革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2021.01.5

慶弔時にも使えるレディスバッグ「トラペゾイド」 29

 

存在感もあり、上品に演出できる

高品質の革があればこそ、

シンプルな形のバッグや財布に仕立てると

その姿は際立って見えます。

 

ほんものの革の存在感は

比べるもののない、特別なもの。

 

しかも、シンプルなデザインにすることで、

主役である「持ち主」を影から引き立て、

持つ人の内側からにじみ出る「品の良さ」に、

他人の目をクローズアップさせてくれます。

 

今回ご紹介しているのが、まさにそんなバッグ。

「トラペゾイド」という名前で

慶弔時にお使いの方も多い鞄です。

 

そのような「革が主役のバッグ」を

当店は作り続けていますが、

 

 

 

 

今日はその「当店独自の特別革」が

どのようにして出来上がるかを

お話しましょう。

 

当店の革は、便宜上「タシ」と呼んでいます

(正式な名前は「グローリー」)。

その理由は

上質の脂をたくさん含ませているからですが、

漢字では「多脂」と書きます。

 

これはじつは、

当店と栃木レザー㈱内の

当店専属製作チームだけに通じる言葉。

 

 

 

余談ですが、革製品の製作各社が

それぞれ使っている革の名称は、

たとえ同じものがあっても、

統一された、同じ品質のものを指すのではなく、

それぞれの名称、とだけご理解ください。

 

「カーフ」「キップ」

「カウハイド」「ステアハイド」

「ブルハイド」のように

牛の性別や身体の状況、

年齢で分けられた種類の名前のみが、

共通認識のある名前です。

 

*ちなみにこの種類の分け方は、

肉牛としてどのように扱われているか

から出ている言葉です。

牛革はあくまでも

肉牛の副産物として出たものですから。

 

ですから、「オイルレザー」などはおそらく

当店の「タシ」と同じ考え方の名前と思います。

 

 

 

さて、話をもとに戻しましょう。

当店が現在のタシを作り始めたのは、もう

36~37年くらい前のことです。

 

当時革は、複数の問屋から仕入れていました。

革がもっとずっと売れていた時代ですから、

問屋もたくさんあり、

当店のように、オーダーメイド製作で

少量の革しか扱えないところは

非常に冷遇されていましたから、

革の確保をするのに必要な仕入れ方でした。

ですから、同じ栃木レザー㈱で作ったものでも、

少しずつ違う品質のものでした。

 

当時革製品もたくさん売れていましたから、

問屋の中には在庫を残さず

大手に全部売ってしまい、

しばらく革を入手できないような時もありました。

 

そんな時、元の革の色の上に、

こちらが注文した色を載せて売るような問屋があり、

デザイナーはそれにものすごく怒りました。

 

そこで栃木レザー㈱に乗り込んで、

「こんな革をうちに売るのか~!」と

お見せしたのがきっかけで、

独自の革を作っていただくことになったのです。

*今は新規を受け付けてらっしゃいません。

 

栃木レザー㈱の名誉のために申しますが、

 

顔料で元の革の色を変えて売ることは、

当時の問屋がやったことでした…

*当時の問屋は、自分のところで

最終的な色調整をするような問屋も

少なくありませんでした。

 

それにも関わらず、

こんな小さなお店にひとチーム付けてくださり、

ずっと特別に作ってくださっていることに

心からの感謝を申し上げます。

 

 

さて、作ってくれる、と申しましても、

この種の革を

理想に向かって完成させるためには、

革の製造者だけの考えでは進められず、

その革を使って製品を作る人、

また、その製品を使う人との連携があって

初めて、完成への道を歩むことができます。

 

製品として使い始めて半年くらい経つと、

「今度のレシピでは

使っていくとこんな風になりますから、

もっとxxにして欲しいです。」という

やり取りが延々と続きます。

 

それを何十回も続けて、

今の品質基準に出来上がりました。

 

ところがそこへ、「エコ問題」が出て、

使える薬品の質が変わったりしますと、

どうやってそれをうまく使うかが問題になり、

品質は少し変わらざるを得ません。

 

というわけで、何十年経っても、

「目指す品質」に向けて

最大の努力をしてくださっているのが

栃木レザー㈱の当店チームです。

 

いつでも、なにか違和感を持ったら

相談に乗ってくれて、対応してくれます。

定番にしているからこそ、の日々の努力。

ありがとうございます。

 

そして当店の革を気に入ってくださり、

いくつ目かのご購入製品として

この「トラペゾイド」をお選びくださって、

ご自分に合うようカスタマイズくださった

今回の長いお付き合いのクライアントに、

感謝申し上げます。

 

今回の、肩からも下げられるタイプ、は

たしかに使い勝手が良いと思います。

ありがとうございました。

 

関連記事

  • 見本と比較2

    イタリア製クロコダイル型押し革のハンドバッグ

  • システム手帳&小物入れ

  • オーストレッグの長財布 711

同様のアイテムを見る: