革製品のオーダーメイド 銀座 オーソドキシー

Order example

2022.09.11

3年半プライベートタイムにお使いのクラッチバッグ

 

個性的なファッションでご来店くださる

クライアントは、3年半ほど前に

このイタリア製クロコの型押しクラッチバッグ

ご注文くださいました。

 

たまにご来店くださり

どんな風に変化していくかを

見せてくださいます。

ありがとうございます。

 

 

 

 

お写真のように、だんだんと型押しがはっきりして、

絶妙な色合いになりました。

*柄がよくわかるよう、画像は明るくしています。

「全体を撫でていますよ。」嬉しい言葉です。

 

イタリアのモノづくりはとても興味深くて、

使い込んで行った時の変化が、おおむね

アンティーク品のようになることが多い気がします。

 

私どもの以前のお店、代官山店は、

スペインの有名靴店が

部材も職人もイタリアから招いて作った

本格的イタリア式内装でした。

いまも居抜きで入った次の物件の方が使っています。

 

大理石をふんだんに使った床と置き棚で、

ベージュ形のコテの後が少しだけ見えるような

微妙な壁面をしていました。

 

 

 

 

ある時、建築をやっているという女性が訪れ、

内装を見せてください、と言います。

「あまりにステキなので

入ってきてしまいました。この壁は

32工程を踏んでやっと出来る壁なんですよ。」

毎日見ていて、

複雑であろうことはわかっていましたが、

ああ、やはりそれほどの壁だったのだな、

と納得しました。

 

帰り際に彼女が

「この壁は、拭かないでくださいね。

このタイプの壁はチリやホコリがついていって、

お掃除しなくても、いい感じになるんですよ。」

とひと言付け加えてくれました。

 

壁はいつもきれいに見えていましたので

拭き掃除は全くしていませんでしたが、

そういえば

手入れもしなくてアンティークのようになる

すばらしい壁だと、つねづね感じていました。

 

 

*ちょうど良いサイズで中身が入ったところ

 

 

当店がたまに入れるイタリア製牛革にも

それと同じ匂いがあります。

どうやって作っているのか想像できない

複雑な革加工をしていながら、

見た目のデザインはシンプルで

理想的な色目をしていて、

あくまでも加工で表現していますから

使っていくと劣化はしますが、

その劣化の仕方が何とも感じよく、

使った後の姿にも愛着を感じることが出来ます。

 

その感じは、当店特製牛革が古びていく時と

同じような雰囲気を持っています。

ハイブランドの革は「変わらない革」を目指し、

イタリアのワークショップはごく自然に

「変わっていくことを前提にした革」を

作っているイメージでしょうか。

 

使っている最中の革を見せていただくことから

学ぶことはたくさんあります。

このようにお見せいただくことは、

ありがたいことです。

 

関連記事

  • イタリア最新技術の革でお作りしたコンパクト二つ折り財布

  • お財布

  • トートバッグ

同様のアイテムを見る: